« アシェット「ラ フェラーリをつくる」巨大創刊号299円! | トップページ | 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成! »

2015年9月15日 (火)

「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」創刊号を確認しました

0101

本日、9月15日発売の、デアゴスティーニのZゲージ鉄道模型パートワークの「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」創刊号を買ってきました。創刊号は特別価格の899円です。2号以降は1,890円(8%税込)です。

ポピュラーな150分の1スケールのNゲージ鉄道模型のパートワークは以前、講談社から3シリーズが発売されていましたし、アシェットからも「日本の貨物列車」というシリーズが継続中です。しかし、よりコンパクトな220分の1スケールを用いたシリーズは今回のデアゴスティーニが初めてとの事です。ただ、デアゴスティーニの以前のシリーズの「マイディズニーランド」にて、Zゲージのディズニーランド鉄道を走らせていたので、全く初めて扱うといったわけではありません。

昭和の情景を再現する鉄道模型ジオラマは、既にかなり手垢の付いた素材です。安価に調達できるNゲージのパーツを組み合わせるだけでは、余程凝った内容にしないと人真似に思えてしまいます。

今回のシリーズでは、Zゲージを用いて2層のレイアウトという点に新鮮味を感じます。新幹線とローカル線を同時に走らせられるというのは、Zゲージのコンパクトさがあってこそでしょう。東京タワー、東京駅といったシンボル的なストラクチャーを、スケールを無視して配置するという割り切りも良いと思います。

0102

創刊号には、新幹線0系車両と東京駅の、いずれも一部のみ付属します。

0103

開封します。
冊子、パーツと共に、シリーズガイドDVDが付属しています。デアゴスティーニの模型のシリーズで、創刊号にDVDが付属してきたのは久しぶりかと思います。15分程度の短い映像ですが、このDVDを見るのは楽しいものです。ジオラマづくりの概要が、このDVDでほぼ理解できます。

0104

シリーズ通して、かなり簡単な工作に割り切っているようです。ストラクチャーや高架柱はベースに固定されていない様子にて、ポンポンと置いていくだけの様です。地面にはパウダーを撒いたり、トンネル山にスポンジを接着したりといったジオラマ作成の基本的なことは行うようです。

約40個のLEDをバランス良く配置して、夜景を楽しむとのことですが、各ストラクチャーは一体成型の樹脂のムクのため、窓から漏れる灯りを表現することは出来ません。外から照らすだけです。

ジオラマの電飾を楽しみたい私としては、このシリーズのストラクチャーでは面白くありません。

0105

創刊号付属のパーツです。
新幹線0系先頭車の上部と、東京駅の左側部分です。R145のカーブレールも付属しています。

パートワークの創刊号には魅力あるシンボル的なパーツを付属するものです。新幹線と東京駅と言う黄金の組み合わせですが、どちらも一部分だけなので、これだけでは役に立ちません。デアゴスティーニのパーツ配布の絶妙さが際立つシリーズです。

0106

今回の組み立ては、東京駅左側の仮組です。

0107

3つのパーツを組み合わせて庇をはめ込んで終了。5分の作業です。
パーツの組み合わせ部分は緩いので、後の作業で接着しなければなりません。

0108

0系新幹線先頭車は次の2号、東京駅は3号まで買わないと完成しません。せめてこの二つくらいは組み立てようかという気にさせます。さすがパートワークの雄、デアゴスティーニ、上手い商売です。

0109

0系新幹線上部です。指に乗るくらいの小ささですが、なかなかよく出来ています。塗装の塗り分けが美しい。

0110

連結部分の表現もあります。
ライトは点灯しないようです。ボディの素材が薄いので、ライト点灯改造は困難です。無理にLEDを組みこんでも、車両の前部が透けて光ってしまいそうです。

DVDを見ると、この0系の室内灯が光っているようですが、どうなっているのかわかりません。キハ52の方はヘッドライトがちゃんと光るようです。

0111

アシェットの国産鉄道コレクションの創刊号のNゲージスケールの0系と比較してみると、その小ささが判ります。こんなに小さいと、安定して走行させるには高い技術が必要でしょう。

素材を製作しているロクハンでは、現在Zゲージスケールの0系新幹線は発売されていないので、貴重な存在かもしれません。

0112

レイアウト下層に使用するR145のカーブレールに、手持ちの天賞堂ZゲージのC62 2号機を載せてみます。かなりギリギリのカーブ半径。

0113

2号は2週間後の9月29日の発売です。とりあえず0系だけでも完成させておきたいので買うことになるでしょう。スケール無視の東京駅は、もうちょっと考えます。

ライトアップではなく、建物の内部からの電飾が可能なストラクチャーならば食指が動いたでしょうが、建物全取り換えしてまで続けるシリーズでは無いので、私は創刊号プラスつまみ食い程度に終わりそうです。

しかし、電飾に拘らなければ、適度に緩く楽しい斬新な鉄道模型パートワークだと思います。なかなか普及が進まないZゲージの世界が大きく拡がっていくきっかけになるかもしれません。

前回はこちら
デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」9/15創刊!

次回はこちら
「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成!

|

« アシェット「ラ フェラーリをつくる」巨大創刊号299円! | トップページ | 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

ワタシも今日買ってきました。
DVDで気になったポイント(点でなく)を見てみましたが、TOMIXなどのNゲージ用と比べてリアル作りではありませんがかえってその方が確実に動いていいのかなと思いました。

テーマがバラバラだったりストラクチャーの数の多さ(東京タワーなんかは何号に分けての配布でしょう)があまり気に入りませんし。
デアゴの戦略にまんまと載せられるのもシャクですが、Zゲージという未体験ワールドもちょっと味わってみたくしばらく付き合っみようと思います。
ストラクチャーなしでレイアウトだけ同じものを作ろうかとも思いましたが考えたらそれも面倒なので。
あぁまた3シリーズ同時進行になってしまった。

投稿: カズキ | 2015年9月15日 (火) 22時47分

カズキさん、おはようございます。
2層建てのレイアウトの自動運転(上層は駅なしエンドレスですが)ご挑戦でしょうか。

私は放置中の週刊SL鉄道模型がある限り、新しいジオラマシリーズは難しいです。作業再開すれば良いのですけれど、2年間中断していたのを始めるのはなかなか大変です。

最初の数号を買って様子見します。

投稿: YUJI | 2015年9月16日 (水) 06時05分

> 2層建てのレイアウト
現在と過去のパラレルワールドみたいですね。
こうなると自由に行き来させてみたいですね。入り口はトンネルの中?

投稿: カズキ | 2015年9月16日 (水) 08時14分

東京駅、持ってみてびっくりしました。ダイキャスト?
コストがかかるのに何か意味があるのでしょうか。
創刊号だけ?全部この素材なら総重量は相当のものになりますね。
東京タワーもこの素材なら立派な置物になりますね。

投稿: カズキ | 2015年9月16日 (水) 12時28分

見事に復旧した美しい東京駅、私にとっては、18歳の時降り立ったインスタント東京駅がクラシックに思えるという矛盾した感覚です。

投稿: honest | 2015年9月16日 (水) 16時32分

またまた、22歳、東京を去る時、東京タワー完成間近でした。

投稿: honest | 2015年9月16日 (水) 17時29分

>カズキさん、こんばんは。

改良の構想が膨らんでいますね!
組み立てガイド通り作るのに加え、どんな自分らしさを加えるかもパートワークの楽しみですね。

建物の素材がムクなのはコストがかかるのですか。私は電飾出来ないことばかり気になっていましたが、確かに東京駅、完成させたくなってきました。3号までの限定にて。


>honestさん、こんばんは。

私も、東京駅と言えばこの仮復旧の姿が思い浮かびます。今のきれいな東京駅、なんだかテーマパークの建物のように思えてしまいます。

初めて東京駅に降り立ったのは、中学の修学旅行でした。それから汽車旅をするようになって、度々立ち寄ることになるのですが、丸の内側に出て駅舎を眺めるのが楽しみでした。東京タワーも見えて、田舎者に見えない様に振る舞うのを意識しましたね。

投稿: YUJI | 2015年9月16日 (水) 21時11分

創刊号の東京駅180gあります。重さから素材がアルミダイキャスト製だと判断したのですが私の勘違い?
まさか私のにプロトタイプで作ったのが紛れ込んでたとか・・・

投稿: カズキ | 2015年9月16日 (水) 21時59分

うちのはレジンのような素材の一体成型です。それでも結構重いです。
アルミだったら羨ましい!2号、3号パーツはレジンでしょうから、ハイブリッド素材のストラクチャーになりますね。

投稿: YUJI | 2015年9月17日 (木) 06時01分

>レジンのような素材
塗装を剥いで確認した訳ではないので多分そうだと思います。
あまりこういったムクの一体成型のものを手にした事がないので私の勘違いだと思います。
お騒がせしました。

テレビCM、やりはじめましたね。カミさんもいっしょに見ていたので話をはぐらかしました。

投稿: カズキ | 2015年9月17日 (木) 07時42分

東京タワーやビルなど、多くのストラクチャーが東京駅と同じ素材なら、ジオラマ全体はかなりの重量になりますね。DVDで紹介されているように組み立て式の台座だと、パウダー固着にボンド水を使用すると耐えられないかもしれません。へこんだり反ってしまう気がします。講談社の第1作、昭和の鉄道模型をつくるを思い出します。DVDの様にストラクチャーを固定していないと、キハ52との激突事故の恐れも・・・。

投稿: YUJI | 2015年9月17日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/62288149

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」創刊号を確認しました:

« アシェット「ラ フェラーリをつくる」巨大創刊号299円! | トップページ | 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成! »