« 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成! | トップページ | パーク&ライドを利用して日帰り南禅寺湯豆腐紀行 »

2015年10月 9日 (金)

「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」3号で完成する東京駅は約1000分の1スケール

0301

デアゴスティーニのZゲージ鉄道模型パートワークの「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」の3号を買ってきました。今週の火曜日に発売になっていたのですが、なかなか買いに行けずに、結局週末に掛けての開封確認となりました。

創刊号はたくさん積まれていたのですが、3号になるとだんだん書店に置かれる数が減っています。その内予約しないと買えなくなるでしょう。私は東京駅の模型がとりあえず完成するこの号まで買うことにしていたので問題ありません。

数年前までは、通勤途中に立ち寄れる書店が何店もあり、パートワークも予約して、大した時間ロスも無く受け取って帰っていました。しかしだんだん書店が減ってきて、帰宅途中に立ち寄るには電車を1~2本遅らせて寄り道しないと行けなくなりました。現在では、パートワークは通販以外での入手が面倒になっています。読者プレゼントの応募券の心配をしなくて良い直販の通販は便利です。

0302

さて、3号も書店の店頭でパーツを確認することが出来ます。東京駅だけでなく、小学校の校舎も付属するという豪華版です。100号の長丁場なので、これからだんだんショボい内容になっていくでしょう。心配?ありません。

0303

ポリストーン製の重量感のある東京駅の右側パーツと、田舎の小学校が今回のパーツです。カーブレールも1本付属しています。今回でいよいよ創刊号から組み立ててきた東京駅が完成します。このシリーズで製作するジオラマのハイライトの一つとなるストラクチャーです。

0304

これまでに組み立ててきた東京駅のパーツを全て使用します。また、今回のパーツと合わせて接着剤で固定していきます。

0305

まず東京駅を仮組します。ロクに組み立てガイドを読まずとも、簡単に組みあがります。しかし重いので、持ち上げるとすぐに分解してしまいます。

0306

瞬間接着剤を使用するとのことです。液状のものでも良いですが、私は使い勝手の良いゼリー状のものを愛用しています。
しかし、ポリストーンの接着には、あまり瞬間接着剤は好ましくありません。パーツの重量に負けてポロリと取れる心配があります。しっかりと接着したかったら、2液混合のエポキシ系接着剤を使用した方が良いでしょう。
私は戯れに組み立てているだけなので、瞬着で横着に進めます。

0307

はみ出さないように、点状に瞬間接着剤を塗布します。

0308

土台部分はまだ接着していませんが、東京駅が完成しました。塗装がきれいなので、なかなか存在感のあるストラクチャーです。

それに対し、田舎の小学校の方は素朴な造形です。東京駅ほどではありませんが、Zゲージにしても小さすぎの校舎です。
校舎の前には国旗を掲げる旗竿を取り付けます。

0309

旗竿の先に、日の丸の国旗を貼ります。

0310

国旗部分は紙製です。周囲をトンボを目安に4辺を裁断してから貼り合わせます。

0311

組み立てガイドには接着剤は木工用ボンドを使用するとの記載ですが、紙工作用の速乾アクリアを使用すると更に簡単です。とはいっても、あまり持っている方はいないでしょうか。

0312

旗を半分に折り、内部に接着剤を塗ってから旗竿の先端をはさんで貼り付けます。

0313

校舎の前に旗竿を接着して完成です。

0314

東京駅の横幅は約32.5cm。おおよそ1000分の1スケールです。正確に220分の1スケールにすると、1.5mを超える巨大模型となってしまいます。ジオラマの半分を東京駅が占めてしまうでしょう。

新幹線と並べると東京駅のコンパクトさがわかります。単体で見ているとなかなかよく出来ています。重量は479.5g。これで殴られたら大けがをしてしまいそうです。

0315

次号、4号のパーツは、田舎の駅とカーブレールです。今回の小学校と同様の、素朴な造形のストラクチャーです。

私の昭和日本鉄道ジオラマは、これで一旦終わってしまいますが、これからも公式サイトでパーツを確認しながら、楽しそうな号のみつまみ食いするかもしれません。

前回はこちら
「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成!

次回はこちら
「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」結局買ってる4号、5号

|

« 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成! | トップページ | パーク&ライドを利用して日帰り南禅寺湯豆腐紀行 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

> あまり瞬間接着剤は好ましくありません。
そうですよね。私もそう思ってまだ接着していません。
また毎週を使うので瞬間接着剤だと固まってしまう恐れがあります。
毎回2液をコネコネの方が無駄がないですよね。

> これで一旦終わってしまいますが
残念ですがワタシはデアゴの鉄道模型どんなものか続けてみます。
途中経過を時々HPにアップするかも知れませんので期待せずに待っていてください。
まさかデアゴの方が途中でリタイアという事はないとは思いますが・・・

投稿: カズキ | 2015年10月10日 (土) 08時59分

カズキさん、こんにちは。

デアゴスティーニは全国発売になったシリーズの打ち切りは無くても、多彩なオプションに悩みますね。今回は改良したい箇所も多そうですし。
私は週刊SLを残り10号分片づけてしまえば心置きなく新しい鉄道模型シリーズに進めるのですが、なかなか一旦中断したものを再開するのは難しいです・・・。

書店を除いて店頭分がある内は買ってみるかもしれません。

投稿: YUJI | 2015年10月10日 (土) 09時37分

懐かしの東京駅、私もほしくなりました。想い出の大阪駅、新宿駅、阪急豊中駅、いずれも、今は面影もありません。由一、小田急代々木八幡駅だけは健在のようです。半世紀以上前のまぼろしです。

投稿: honest | 2015年10月10日 (土) 22時53分

PS net で1~3号申し込みしました。

投稿: honest | 2015年10月10日 (土) 23時08分

honestさん、おはようございます。
懐かしの、というか馴染みの東京駅、なかなか良いですよ。昭和の東京駅と新幹線0系、序盤で堪能させてもらえます。

投稿: YUJI | 2015年10月11日 (日) 04時40分

YUJIさん、honestさん、東京駅と新幹線だけでもミニジオラマになりそうですね。
Zゲージの直線レールを買い足す必要がありますが。

またモーターを搭載して制御系を追加すれば以前YUJIさんが紹介されたボン中央駅のジオラマのように動かす事ができるのではないでしょうか。

投稿: カズキ | 2015年10月11日 (日) 09時14分

カズキさん、こんばんは。ボン駅の時計、覚えていてくださっていてありがとうございます。まだプリンタの横に鎮座して稼働中ですが、レールと車両のメンテをしていないので動きが悪いです。カズキさんの盆ラマも懐かしいですね。

今日は未明に出発して、日帰りで京都に行き、久々に南禅寺門前で湯豆腐を賞味してきました。まだ紅葉には1ケ月ほど早いですが、早朝の銀閣の静けさ、南禅寺の方丈の枯山水、そして祇園の喧騒など楽しんできました。ごく小さい頃に京都に住んでいましたが、訪れるたびに変化が大きくて記憶と結びつかなくなってきています。子供の頃は湯豆腐なんてちっとも美味しいと思っていませんでしたが、今は京都へ行く楽しみとなっています。

投稿: YUJI | 2015年10月11日 (日) 22時18分

YUJIさんも幼い頃京都に住んでらっしゃったんですか。
以前もコメントしたと思いますが私も梅小路の近くに住んでいました。
小さかったので当時の記憶はないのですが何か潜在意識の中に鉄道があるのかもしれません、

投稿: カズキ | 2015年10月11日 (日) 23時24分

私は山科の踏切を通り抜ける北陸特急と長大な貨物列車が鉄道の原体験でした。京阪と市電が十字に交差するダイヤモンドクロスも記憶にありますが、調べると私が5歳の頃に廃止されていました。大事なことはすっかり忘れているくせに、そんなことはよく覚えているものだと思います。

投稿: YUJI | 2015年10月12日 (月) 14時27分

完全に忘れていましたが「東京駅開業100周年記念Suica」の振込み用紙が届きました。
あの騒ぎから一年近く経って熱が完全冷めていますが一応購入してみます。

投稿: カズキ | 2015年10月26日 (月) 15時15分

カズキさん、こんばんは。そういえば予想以上の人気にJRがバタバタししたのを思い出しました。500万枚の申し込みがあったとかでしたね。昭和の東京駅と並べたいですね。

投稿: YUJI | 2015年10月26日 (月) 21時24分

11月に同窓会があって、東京への機会があり、迷っていますが、考えたら、いずれにしても、東京駅着ではなく、あじけない羽田着でしょうね。空弁、席ではたべられません。

投稿: honest | 2015年10月26日 (月) 21時50分

反省します、今は、駅弁はデパートで買って、家庭の夕食にするのが当たり前ですね。 まして空弁。

投稿: honest | 2015年10月26日 (月) 22時11分

honestさん、こんばんは。はやぶさでの、のんびり夜行列車は無くなってしまいましたが、空の旅も楽しみですね!空弁、隣で匂うものは気を遣う時代になってしまいました。みんなが同じもの食べてる国際便なら問題ないのですけれど。

投稿: YUJI | 2015年10月27日 (火) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/62443330

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」3号で完成する東京駅は約1000分の1スケール:

« 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第2号にて新幹線先頭車両完成! | トップページ | パーク&ライドを利用して日帰り南禅寺湯豆腐紀行 »