« パーク&ライドを利用して日帰り南禅寺湯豆腐紀行 | トップページ | 「マイ3Dプリンター」44,45号 残り10号時点となりました »

2015年10月20日 (火)

「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」結局買ってる4号、5号

0401

デアゴスティーニのZゲージ鉄道模型パートワークの「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」、前回の3号にて昭和時代の東京駅が完成したのでもうおしまい、と思っていたのですが、今日書店に寄って4号と5号が並んでいるのを見て、何となく手に取ってしまいました。似たようなパートワークである講談社の「週刊SL鉄道模型」が作業途中でストップしてしまっているので、鉄道模型新シリーズを続けるわけにはいかないのが残念。コッソリ買い続けても、だんだんパーツが増えていってバレてしまうでしょう。家族の理解が得られなければ、工作自体続けることは困難です。

大型の書店では、創刊号から揃えて並べられています。しかし、もうすぐ店頭には並ばず、予約しないと手に入らなくなるでしょう。

0402

4号から、書店の店頭で冊子の立ち読みやパーツの確認が出来ないシュリンクパックに変更になっています。開封すると、大量のダンボールの梱包材にパーツが守られていました。

0403

4号のパーツは、田舎の駅とカーブレールです。
直線レールが付属すれば、駅のホームと並べて楽しめるのですが、続けて購入させるべくパーツ配布順に工夫が凝らされています。直線レールがあっても、上に載せられる車両は0系新幹線だけなので、田舎の駅とは全くマッチしませんけれど・・・。

0404

このシリーズのストラクチャーは、全て重みのあるポリストーン製です。駅のホームに駅舎などをはめ込んで組み立てます。

0405

3つの建物をホーム部分にはめ込む作業15秒。
ちゃんと固定するには接着が必要です。今回は水性クリアボンドのアクアリンカーを使用しましたが、しっかり接着できているかは乾燥するまで判りません。

0406

車両の着くプラットホーム部分です。単行のキハ52が似合う田舎の駅の佇まいです。

0407

きれいすぎるので、今後ウェザリングの方法が紹介されるでしょう。特に、ホームの上はコンクリート打った直後の様に一様に白くなっています。

0409

これまでのカーブレールを連結します。講談社のシリーズで使用してきた線路幅9mmNゲージのC140レールを比較の為に並べます。線路幅6.5mmのZゲージとはいえ、このレールはそんなにカーブ半径が小さいわけではありませんでした。道床が小さくなる分、線路の占有スペースは狭くなりそうです。

0501

続いて5号です。

0502

5号の付属パーツは、田舎の神社とポイントレールです。

0503

ストラクチャーだけでなく、ポイントレールまで付属するとは、5号は大バーゲンだなあ、と思ってしまいます。鉄道模型のポイントレールはゲージを問わず、かなり高価なイメージがあるからです。

0504

田舎の神社を組み立てます。
冊子の組み立て手順では、先に神社の本体を取り付けていましたが、これが邪魔になって灯篭がはめ込みにくくなります。灯篭を先にした方が良さそうです。

0505

接着剤を使用しても30秒程度で組みあがります。神社の建物本体が立派な割には、拝殿と本殿が一体になっているという、いかにも模型用のインチキ神社ではありますが、なかなか良い雰囲気は持っています。赤い幟をたくさん立てて、お稲荷さんに仕立てるのも楽しそうです。
この後、付属の緑色のパウダーを木工用ボンドボンド水溶液で石垣部分と地面に貼っていくのですが、ボンド水溶液を作るのが面倒なので、今回はスルーします。

0506

ポイントを確認します。
Zゲージのポイント、思った以上に小さい。直線部分の長さは僅か55mmです。
ロクハンの市販のR022電動/手動ポイントレール55mm R127-26左分岐と同等品かと思ったのですが、分岐部の外側のレールにジョイントが付いていません。つまり今後配布されるであろう特殊なレールを使用して接続するのかと予測します。

市販のポイントは、専用の直線レールが付いて定価2,592円(税込)もします。割引店で買っても2,000円位するでしょう。但し、ジョイント追加等の改造をしない限り他のレールとの接続が出来そうにないので、市販のポイントを買う代わりに5号を買うのはやめておいた方が良さそうです。つくづく、デアゴスティーニさんのパーツ配布の巧妙さには感心します。

0507

裏返すと、R127-26の表記が見えます。分岐側のジョイント部分を除けば、市販のものと同等品なのでしょう。

0508

付属のワイヤー2本と幟は今後組み立てるとの事。
かなり細かい、難易度の高い作業になりそうです。

0509

ワイヤーをカットして接着してから旗の部分を取り付ける様です。小さいので、接着剤の扱いが難しいでしょう。幟の骨組みくらい、一体成型で提供できなかったのでしょうか。

0510

そのままでは役に立たないポイントと、パウダーを貼り付けずに中途半端な状態の田舎の神社となりました。ストラクチャーは220分の1スケールよりも小さめの様に思います。

0511

1号から5号までのパーツを並べます。
今のところ、全く統一感がありません。ポイントレールの分岐側には、付属のカーブレールは取り付けられません。道床に切り込みを入れてジョイントをはめ込んだ、この場所の専用のレールがあるのでしょう。

0512

次号のパーツは、古民家とカーブレールです。
レール1本とストラクチャーというパターンが続きそうです。そろそろ小さな書店には並ばなくなってくるかと思われます。書店で予約してまで買うつもりはありませんが、本当に続けて買うならデアゴスティーニのサイトで予約した方が確実でしょう。序盤の5号までながら、色々と揃ってきて楽しくなってきましたが、この期に及んで、まだ続けるかどうかを迷っています。

前回はこちら
「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」3号で完成する東京駅は約1000分の1スケール

|

« パーク&ライドを利用して日帰り南禅寺湯豆腐紀行 | トップページ | 「マイ3Dプリンター」44,45号 残り10号時点となりました »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

5号は今日取に行ったのですがこの記事を見るまでポイントが配布されている事を知りませんでした。
早速開封して現物を確認しました。
DVDではちょっとゴツイ感じがしていたのですが現物はコンパクトでそれなりのスケール感があります。
TOMIXのポイントに比べて可動部がしっかりしていて私には好印象です。
TOMIXのポイントは繊細な作りになっている代わりにすぐに壊れるイメージがあります(現に何台か壊しています)
まだちょっと電源をかけて可動チェックをする勇気はありません。

投稿: カズキ | 2015年10月20日 (火) 23時27分

今までの分を全部接着しました。2液性のエポキシ系を使いました。
これでカッチリ固定されると思います。
東京駅は全部つなげるとなかなかのものですね。
ワタシ的にはTOMIXのストラクチャーよりこちらの方が気に入っています。ただ完成した時の総重量を考えるとちょっと恐ろしくなってきます。
私もパウダー蒔きはやっていません。今まできれいにできたためしがないので今回は全くなしでやってみようかとも思っています。

投稿: カズキ | 2015年10月21日 (水) 14時55分

カズキさん、こんばんは。

私は東京駅もその他の建物もアクアリンカーで接着してしまいました。ポロリと取れてしまうかもしれません。瞬着よりはマシでしょうけれど。零銭の工作の時に、組み立てガイド通り瞬着で貼り付けた重いパーツがポロポロ落ちて収拾がつかなくなり、全てエポキシ系でやり直したことを思い出します。

DVD見ると、ストラクチャーは全て置いただけのようですね。ひょっとするとレールも。きっちりと情景を作るシリーズではなさそうなので、建物もきれいな状態で模型らしく、っていうのも良さそうですね。

ポイント小さいけれど、Nゲージとほぼ同じ価格。うかつに分解できません。

投稿: YUJI | 2015年10月21日 (水) 20時57分

>東京駅は全部つなげるとなかなかのものですね
私も、エポキシで綺麗な5000円の東京メモリーができました。
東北の人は上野駅は? でしょうね。

投稿: honest | 2015年10月21日 (水) 21時20分

honestさん、こんばんは。

上野駅、駅前の広場が狭くて駅舎をちゃんと見た覚えがありません。頭端式のホームの雰囲気はよく覚えているのですが。
啄木の歌を思い出しますね。

投稿: YUJI | 2015年10月21日 (水) 21時41分

今知りましたが、上野駅、めずらしく昔のままのたたずまいですね。

投稿: honest | 2015年10月22日 (木) 08時54分

東京駅の様に注目されませんが、昭和の佇まいを残しているのは上野駅の方かもしれませんね。

投稿: YUJI | 2015年10月22日 (木) 20時50分

またまたうるさく、民放の世論、ガード”新橋駅”SL前の我々一杯後の正論、さまざまですね。 

投稿: honest | 2015年10月23日 (金) 00時02分

C11バックにテレビクルーによるサラリーマンのインタビュー光景、Nゲージサイズなら出来そうですし、作ってみたいですね。ZゲージでもロクハンのC11ありました。ちょっと欲しくなりました。

投稿: YUJI | 2015年10月23日 (金) 22時17分

 こんにちは。間が空きましたが、フェアレディZは12月半ばで終了です。(LP500Sのように、点灯がテストないので、不安ですが。)
 昨年は、3DプリンタとC57で悩んでいましたが、結局やらず、今回はZが終了するのでやる予定です。未確定ですが、イーグルモスが1/8の(バックトゥザフューチャー)デロリアン、デアゴがミレニアムファルコン(1/5)、サンダーバード2号(?)。

 ファルコンか、デロリアンか、迷いますが、デロリアンかな。(いやまだ、別物登場か。)

投稿: K2E | 2015年10月25日 (日) 19時58分

K2Eさん、こんばんは。240Z完成が近づきましたね!
イーグルモスからデロリアンですか!創刊号はまず買ってみたいものです。ステンレスのボディのクオリティがポイントとなりそうですね。
SWといい、SF映画の模型、楽しいですね。もしナイト2000だったら迷わず購読しちゃうところでした。

投稿: YUJI | 2015年10月25日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/62515555

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」結局買ってる4号、5号:

« パーク&ライドを利用して日帰り南禅寺湯豆腐紀行 | トップページ | 「マイ3Dプリンター」44,45号 残り10号時点となりました »