« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

「マイ3Dプリンター」46,47号 まさかの20号延長のお知らせ!

3d464701

デアゴスティーニのパーツ付き組み立てマガジン「マイ3Dプリンター」の話題です。

全55号にていよいよ終盤に入ってきたと思っていたこのシリーズ、今回20号のプリント実践編が発表されました。55号で3Dプリンター自体は完成するので、延長は任意となります。

3d464702

私は2週間に1回、淡々とハードとしての3Dプリンターを組み立てています。冊子の組み立てガイドの指示通りに惰性で続けている感じかもしれません。

本体組み立ての仕上げの段階のため、付属パーツは僅かでも作業は大掛かりです。楽しい工作です。難しいことは全くありません。完成後にきちんと動作するかどうかは不明ですけれど・・・。

3d464703

のんびりと30分程度で今回の作業は終了。
本体内部にテーブルが取り付けられました。まだエレベーター機能は組んでいないので、保護用のコピー用紙を挟みこんでいます。

3d464704

今回も難しいことは無かったのですが、唯一気を付けるのは、テーブルの右奥のドグが、本体内部のリミットスイッチの間を通過出来る様にすることだと思われます。

この位置がずれている場合、46号で取り付けたZ軸固定天板が裏表逆に取り付けてしまっています。私は逆にしてしまい、やり直しました。きちんと46号の組み立てガイドを読んでいれば間違うことはありません。

3d464705

今回の封入チラシに、マイ3Dプリンターのプリント実践編発売決定の案内が掛かれていました。55号終了後の56号から75号までの20号に亘って発売されます。1号1,499円(8%税込)です。

プリンター本体完成後に、様々な種類のフィラメントを使用して実際に3Dプリンターを楽しんだり、上手なプリントテクニックを紹介するとの事。毎号フィラメントが付属してきます。

全体の85%まで到達してから、さらに20号延長との知らせですが、現在は他にパートワークを購読していませんし、フィラメント入手のために続けてみようかと思います。

前回はこちら
「マイ3Dプリンター」44,45号 残り10号時点となりました

次回はこちら
「マイ3Dプリンター」48,49号 パーツより作業者の指を気遣って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

風邪の治り際のボージョレ・ヌーボーで献杯

先週は珍しく風邪を引いてしまってヘロヘロ過ごしておりました。バカでも不摂生で風邪引くのです。

高熱は出ず、せいぜい37度5分までの微熱だったので仕事を休むわけにもいきません。朝は怠くても、職場に行くと多少なりとも緊張感があるのか乗り切ってしまうものです。無理するからますます調子が悪くなります。毎日帰宅後はグッタリ。

このところ、忙しくて毎日夜遅くまで帰れない日が続いた上に、健康診断の人間ドッグに入ったりして生活ペースが乱れていました。先週末は勤め先の社員旅行にて日本海の若狭でズワイガニ食い放題の宴会!でしたが、これまた酷いカニで小さいうえに身入りが悪い。妙に疲れた状態で先週が始まり、すっかり風邪ウィルスにやられてしまったわけです。人間ドッグは風邪の症状が出る前に受けていましたが、困憊時だったために多分結果に影響を及ぼしているでしょう。

元々鼻炎アレルギー持ちにて、風邪を引くとモロに鼻に来ます。マスクとティシュペーパーが手放せませんし、夜は鼻詰まりで熟睡出来ず、呼吸困難で目覚め、脹脛が攣ります。散々です。

社員旅行での食べ放題のカニが酷かったので、この3連休には美味い越前ガニでも食べに行こうか!と息巻いていましたが、到底無理となりました。何とか連休になだれ込んで、後は寝るだけ・・・。

何にもしないでゴロゴロ過ごすなんて久しぶりですが、おかげで回復しました。元気になると飲みたくなるものです。

2015bn01

先週の木曜日の11月19日は、2015年のボージョレ・ヌーボーの解禁日でした。これは歳時記の様に解禁日に購入して楽しんでいます。毎年2~3本、長年飲んでいますが、ワインとしては決して美味しいものではありませんので、習慣のようなものです。

今年は円安の影響があるのか、松坂屋と高島屋から来ていた今年のボージョレ・ヌーボーの案内を見ると結構高価。昨年までは2000円以下のものも多かったのに、今年は3000円台中心。仕入れ値も少し上がっている様子です。

風邪を引いて怠い癖に、帰宅前にワインを買いに寄り道する体力はあるのだから不思議なものです。名古屋駅のJRタカシマヤの店頭でも結構な価格のボージョレ・ヌーボーが並んでいました。「今年は史上最高の味に仕上がっています」という売り文句。毎年どんどん美味しくなっていくのでしょうねぇ。美味しいワインが飲みたかったら、同じ価格の他の赤ワインを選んだ方がずっと幸せになれるのでしょうが、それとこれとは別なのでしょう。

長年毎年色んなボージョレ・ヌーボーを飲んできて、安いのも結構高いのも若干の風合いの違いはあれど、結局は本格ワインとは程遠い促成醸造の薄っぺらい飲み口だと判っています。家で楽しむのなら安いので十分。

JRタカシマヤを出て、名古屋駅西のビックカメラの地下に行くと、安いの売っていました。ペットのフルボトルで税込980円。こんなので十分です。それにパウチ容器のボージョレ・ヌーボーも見つけて買ってきました。

2015bn03

小さなパウチ容器の日本酒はコンビニでも売っていますが、ワイン、それもボージョレ・ヌーボーでもあるとは驚きです。1.8l程度の大型パウチ容器は以前からあったものの、小振りなものは初めて見ました。

2015bn04

僅か187mlにてグラス2杯分位。
でもこれならコッソリカバンに入れて、電車の中などで飲んでもワインってバレないよなあ。

2015bn05

19日の解禁日に買ってきたものの、風邪気味の時はあまり冷やしたワインは飲みたくありませんでした。熱燗の方が欲しくなります。結局開けたのは体力回復した昨夜です。

毎年同じ様な爽やかな秋の味。ワインとしては深みもコクも無くてナンだけど、クイクイいけるので飲み物としては好きです。ちゃんと酔えますし。ワイングラスよりも、コップで飲む方が向いている気がします。

ペットボトル入りのとパウチ容器のとは醸造元が違いましたが、味は似た様なものでした。開栓して直後より、飲みかけを冷蔵庫に入れて一晩経った方が飲みやすくなります。普通の赤ワインはそんなに冷やしませんが、これは冷蔵庫で冷やした方が爽やかさが引き立ちます。

美味しく飲めるのは元気な証拠。休みをグウタラ過ごすのはもったいないものながら、体調が悪い時はゴロゴロするのも苦痛なのです。

「怠けるのも体力が要る」との内田百閒先生のお言葉を思い出します。滋養と解釈しつつ、今夜もグラスを傾けます。

初めてワインの味を覚えたのは、20歳の時のパリ。ボージョレ・ヌーボーは1本15フラン程度(300円位)でした。それ以上に安いワインでも十分に美味しくて、夕方まで立ち上がれない酷い二日酔いも初体験しました。以来、幾度も訪れましたが、相変わらず恋してやまないパリ。勝手な片恋慕。此度の悲しい事件に巻き込まれた方々に祈りを捧げます。献杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

「マイ3Dプリンター」44,45号 残り10号時点となりました

3d444501

デアゴスティーニのパーツ付き組み立てマガジン「マイ3Dプリンター」の話題です。

2週間に1回、2号ずつ組み立てているこのシリーズ、今回で残り10号となりました。3Dモデリングを学ぶことが中心となっているのですが、私は学習を諦めて、ハードとしての3Dプリンターを組み立てているだけです。毎回の作業は難しくありません。でも完成するまではきちんと動作するかどうかは判りません。

3Dプリンターを組み立てているだけなら、冊子の組み立てガイドに沿って作業をしていくだけなので、毎回特筆すべきことはありませんでした。しかし今回は、読者プレゼントが付属してきました。フィラメント2つと専用シートです。

3d444502

3Dプリンターを出力する素材であるフィラメントは、プリンタカバーと共にオプション販売の案内がなされていましたが、とりあえずはこの2本で動作確認が出来るかと思います。既にオプション販売の期間は終わっています。でもシリーズ終了間際か終了後にに再度販売があるものと思っています。想像していた通り3Dプリンターが動作することを確認してから追加したいものです。

3d4301

前回の43号にて電源部分が底部に固定され、相当に重量感が増しました。また配線の大部分を接続してまとめたので、毎号の冊子の表紙の完成形にかなり近づいてきました。

3d444503

大きくて重い電源部分が付属してきた前回とは打って変わって、今回の2号は小さなパーツです。読者プレゼントが無ければ寂しい思いをする号でしょう。

3d444504

今回は、久しぶりにテーブルベースの組み立てです。11号で組み立ててからずっと放置してあったテーブルベースにブッシュを取り付けます。

3d444505

テーブルベースの他、43号に付属してきたブラケット二つを本体内側に取り付けます。最後の仕上げ部分に入っている様子です。

3d444506

まずブラケットの取り付けです。
アクリル板のパーツにナットをはめ込むのも、すっかり手馴れてきました。

3d444507

ワッシャーを通したネジでブラケットを固定します。

3d444508

左右ともにブラケットを固定。
上下方向の強度が心配になりますが、そんなに負荷が掛からないのでしょう。

3d444509

テーブルベースにリニアブッシュを取り付けます。
テーブルベースの穴にリニアブッシュの丸い部分を差し込み、4隅の穴にキャップボルトを差し込みます。手で支えて裏返し、ワッシャーを通してナットを回し入れます。

3d444510

今回付属の六角レンチで締めます。
次号でも同じ作業を行うので、本格的な締め付けはまとめて行うことにします。

3d444511

45号では、もう一つのリニアブッシュを固定します。

3d444512

キャップボルトの締め付け時に反対側のナットが回ってしまってうまくいかないので、ボックスレンチを使用しました。こんな道具が無くても作業はできますが、あれば締め付けがずっと楽になります。

3d444513

次回はZ軸固定天板の仮取り付け、テーブルの固定等を行う様子です。シリーズ残りはのんびり作業が続くでしょう。3Dモデリングの勉強していない私は。完成後はダウンロードしたデータを出力して楽しむことになりそうです。

前回はこちら
「マイ3Dプリンター」32,33号 新シリーズ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」案内チラシ入り!

次回はこちら
「マイ3Dプリンター」46,47号 まさかの20号延長のお知らせ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »