« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月21日 (日)

「マイ3Dプリンター」57、58号 付属フィラメントはオプション買ってもらうための体験版

3d585901

デアゴスティーニのパーツ付き組み立てマガジン「マイ3Dプリンター」の話題です。3Dプリンターが完成してからのプリント実践編の3号と4号目である57号、58号が本日到着しました。

3d585902

今回も3Dプリンター使用についてのテクニックやメンテナンスについての記事が小出しに掲載されています。フィラメントの詰まり対応方法、出力時の専用ソフトの調整方法等、まあ役に立つ記事がありますが、既にこれまでに苦労して体感してきたことが多いような気がします。そんなの本編の方で書いておいて欲しかったものです。

3Dモデリングについては、3Dプリンターの特性を理解した上で行うことが必要です。実際に出力しながら調整していくことが多いからです。

毎号、40gだけのフィラメントが付属してきます。本当にちょびっとだけにて大きなものを製作したい時には使用できないお試しサイズです。これを使用して冊子の中の課題を製作するというのが目的なので、多くは必要ないという事は理解できます。

3d585903

3Dモデリングガイドには、Nゲージジオラマのストラクチャーの製作についての解説があります。ジオラマの形状に合わせた好きなストラクチャーを3Dプリンターで出力できれば、模型の作り方の幅が拡がるでしょう。

3d585904

次号ではNゲージ用車両の出力方法についての解説がありそうです。データ自体は既にデアゴスティーニのサポートサイトに掲載されています。出力しただけの状態では、到底Nゲージ模型として使用できるレベルではありませんが、ある程度研磨によって品質を高めることが出来るでしょう。自分で出力した車両がレール上を走るという事を想像すると楽しくなります。

3d585905

最近は出力時に3Dプリンターを、カーペットを敷いた床の上においています。作業台の上だと微妙に動いて造形の層がずれることがあったからです。カーペット上だと本体がずれることはありませんし、適度に振動を吸収してくれるので都合が良いのです。但しその部分は掃除機を掛けられないので、妻には不評です。かといって出力中に掃除機のヘッドでガシガシやられたら、確実にアウトです・・・。

3d585906

これまでの4号分のプリント実践編に付属してきたフィラメント、ユニチカのPLA素材のテラマックというものですが、非常に高品質です。今回は59号にブルーのフィラメントが付属してきたので、これで早速ロビのマフラー部分を出力してみることにします。

3d585907

このテラマックというフィラメント、造形テーブルにきれいに貼りつきます。他のPLAフィラメントでは途切れがちなスカート部分もぴったり貼りついてくれます。しかも剥がしやすい。完成品には研磨前からツヤがあります。推奨造形温度は他のPLA素材よりも高温の210~250℃とされています。

今回は積層を0.3mmにして出力しました。積層が厚いと大雑把になるのでは、と思ったのですが、造形物の形状にもよるでしょうが、今回はそんなことはありませんでした。0.1mmの場合と大きな違いはありません。出力時間は1時間強。出力ピッチの変更にて大幅な時間短縮が図れました。

3d585908

ラフトとサポート材を取り外しただけの状態です。このまま使用できそうです。もちろん研磨すればもっと良い状態に出来そうですが、表面の透明感が損なわれそうです。

3d585909

デアゴスティーニから発売されている3Dプリンターのオプションカタログの中にも、このユニチカのテラマックは掲載されています。但し250g巻き5色セットで9,250円(税抜)と結構高価です。amazon等の通販でも買えますが、他のPLA素材のフィラメントに比べて倍以上の価格です。品質を取るか安さを取るか、難しいところです。

プリント実践編は、付属の体験用の少量フィラメントを配布して、オプションを買ってもらう目的も担っているようです。

3d585910

青いマフラーに交換したロビ、未塗装ながら良いアクセントになりました。但し今後黒いフィラメントが配布されても、手足を作り直す気はありません。

3d585911

0.3mmという粗いピッチの積層で出力しましたが、ノズルの直径自体が0.4mmなので、細かい積層の場合と比べてあまり大きな違いは出ないように思います。今後の号で造形する作品や目的に合わせた積層ピッチの選び方もレクチャーしてもらえるので、参考にしたいものです。

3d585912

下半身の関節が柔らかいので、気を付けて立たせないと糸の切れたマリオネットのようにへたり込んでしまいます。バランス良く足った状態にてロビ親分と記念撮影です。

前回はこちら
「マイ3Dプリンター」小さなロビ作るのは大変だ!

次回はこちら
「マイ3Dプリンター」ロビのバックカバー作成

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

「マイ3Dプリンター」小さなロビ作るのは大変だ!

3d0101

デアゴスティーニのパーツ付き組み立てマガジン「マイ3Dプリンター」の話題です。

このシリーズで組み立てた3Dプリンター「idbox!」で出力したパーツで小さなロビを組み立てています。デアゴスティーニのサポートのサイトにあるデータを出力して組みあげただけではありますが、相当に時間と労力を要する作業です。とりあえず全パーツを仮組みしましたが、満足な仕上がりにはまだ遠いでしょう。

デアゴスティーニで紹介されているロビの3Dデータは、読者にモデリングのプロセスを解説しながらのものなので、作製には苦労したことでしょう。パーツのバランスは、ほぼ本物のロビに近いものになっています。しかし、画面の中で組みあげるのは問題ないものの、出力データの組み付けは上手くいきません。パーツの形状が、組み立てに対応していないからです。造形したパーツを相当に削って加工しないと組み合わせることは出来ません。

ロビの色合いが変なのは、手持ちのフィラメントを使用したからです。本来なら手足の黄色いパーツは黒いフィラメントで、マフラーはスカイブルーで出力すべきでしょう。

3d0102

でもまあ、何とかロビに見えるものになってきました。全身で大小26個ものパーツから成っています。造形テーブルに接している部分は表面が荒れているので、もっと研磨した方が良いでしょう。

3d0103

後ろ姿です。

3d0104

各関節は一応動かせるので、ロビにポーズをとらせることが出来ます。しかしヘッドパーツ、マフラーはそれぞれ一体成型なので、首は左右に振ることしか出来ません。

3d0105

右から本物のロビ、3Dプリンターロビ、ガチャロビ、創刊号の付属ロビです。
3Dプリンターロビの身長は17cm程度。本物のロビの約2分の1のサイズです。私は持っていませんが、プラモデルのロビと同じくらいのサイズでしょう。でも小さなロビが欲しいのならば、たとえ3Dプリンターを持っていても、プラモデルのロビを購入した方が良いことは明白です。3Dプリンターロビじは時間と労力がとてつもなく掛かります。他の手段で入手できないものを3Dプリンターで作成するほうが建設的です。

3d0106

手足の関節部分の可動範囲は本物のロビより広いので、ありえないポーズをとらせて遊ぶことも出来ます。でも胴体と腕部分は差し込まれているだけなので、気を付けないとすぐに抜けます。

3d0107

このガラクタは、全て出力ミスしたものです。それぞれ失敗の原因を追究し、考えることによって克服していかなくてはいけません。

私のスキル不足から、かなり粗い出来となっています。でも、3Dプリンターの使用方法や特性をマスターするのに非常に役立ちました。

56号からのプリント実践編には3Dプリンター使用においてのテクニックが書かれています。しかし毎号非常に小出しなので、実際の出力時にマスターする方が速いかもしれません。

だんだん造形がまともに出来る様になっていくために、今のところ気付いたのは以下の項目です。本編やプリント実践編に書かれていることとかなりダブってはいます。

・一度に複数パーツを出力しようと欲張らず、一つずつ出力する。
・動作中に水平で、3Dプリンター本体が滑って動かない場所に設置する。
・各所のパーツのゆるみを確認して、ネジを増し締めする。特にベルトが緩んでいると造形がずれるので、ピンと張った状態にする。
・造形テーブルとノズルとのクリアランスは、バカにせずにちゃんと調整する。
・読者プレゼントのフィラメント等のPLA素材の場合は、ヘッドのファン部分に差し込まれている風ストップを外しておく。
・造形テーブルにはフィラメント出力部分にマスキングテープを貼り、ヘアスプレーを吹き付ける。乾燥する直前に印刷開始する、
・ホットエンドの温度は、造形テーブルにフィラメントが貼りつくまでは230℃、それから徐々に200~190℃まで下げていく。
・ヘッド部分は常にきれいにしておく。隙間から溶けたフィラメントが漏れないよう、ノズルは熱した状態で必ず増し締めしておく。

3d0108

各部の研磨は面倒臭いのでこれでやめちゃうかもしれませんが、この頭部は作り直したいものです。これは最初期に積層0.2mmにしてパーツを横倒しにして試し出力したものをそのまま使用しています。ヘッド温度は230℃固定のために表面が荒れていますし、ヘッドの汚れからくるタレや汚れ、ベルトの緩みからくる積層のずれが見られます。温度の調整くらい、ソフトウェア上で自動でやって欲しいものですが、3Dプリンターというデバイス自体、まだその段階まで到達していないのかと思います。

ただ、この一体成型のヘッド部分は、このままでは3Dプリンターで出力するのは困難です。正対した状態では底部のラフトがうまく貼りつきません。元データの加工など、テクニックが要ると思われます。今回はこれで一旦キリを付けますが、時間をおいて再挑戦となります。

前回はこちら
「マイ3Dプリンター」56、57号 プリント実践編のフィラメントはちょびっとサイズ

次回はこちら
「マイ3Dプリンター」57、58号 付属フィラメントはオプション買ってもらうための体験版

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

隔週刊「第二次世界大戦傑作機コレクション」創刊号の紫電改はズッシリ模型だ

Ww201

先週デアゴスティーニから新創刊となった隔週刊「第二次世界大戦傑作機コレクション」の創刊号を買ってきました。創刊号は特別価格にて999円です。この手のオマケ付き雑誌の場合、創刊号は破格な場合が多いのですが、今回はあまり安くはありません。付属する模型にはそれなりにコストが掛かっている様子ですし、私の様な創刊号だけ買っていく人が多いシリーズと見込んで少々お高めにしたのかもしれません。

Ww202

書店にて確認できる付属模型は、結構な存在感があります。ダイキャスト模型の為に、パッケージ自体ズッシリと重く、厚みがあります。書店泣かせの創刊号かもしれません。

Ww203

シリーズは全80号予定です。2号以降は1,998円(8%税込)です。毎号、第二次大戦で活躍した各国の軍用機の模型が付属します。創刊号は日本海軍の「川西紫電改」です。

創刊号の付属模型に日本の大戦期の軍用機で最も有名で人気がある零戦ではなく、紫電改という微妙なチョイスをしたところに、デアゴスティーニの戦略の巧さを感じます。通常価格となる2号に零戦五二型を持ってきているので、創刊号のクオリティを見て2号以降も買ってくれる読者がいるということです。

Ww204

付属模型は殆ど完成品ではあるものの、多少のパーツを取り付ける楽しみはあるようです。プロペラや主脚等の後付けパーツが一緒にパッケージングされています。

Ww205

このシリーズは日本軍に留まらず、世界各国の第二次世界大戦期の軍用機を対象としているので、全80号でもネタは尽きないことでしょう。付属模型のスケールは72分の1。シリーズガイドの2~3ページの写真を見ると、小型の紫電改や零戦も、大型のP38ライトニングも72分の1スケールの様子。並べて比較することが出来るのは大きなポイントです。

これまでの同じ様な軍用機模型シリーズでは、機体毎にスケールが異なっていることが通例でした。

Ww206

付属の紫電改の模型を取り出します。
機体部分はダイキャスト製にて持ち重りがします。取り付けパーツは樹脂製です。

Ww207

主脚、尾輪、アンテナ、プロペラ、増槽の各パーツの組み立ては差し込むだけですが、主脚は接着しないと抜けそうです。主脚カバーも付属しており、駐機状態と飛行状態を選んで表現することが出来ます。まずは駐機状態から確認します。

Ww208

モデルとなっているのは第三四三海軍航空隊、戦闘第301飛行隊(新選組)菅野直大尉機です。機体後部の2本の黄色いラインが鮮やかです。
金属製の機体が重く、主脚をしっかりと取り付けないと重みで曲がってしまいます。

Ww209

付属のスタンドに取り付けてみます。スタンドを使用する際は、増槽を取り外さなければなりません。
スタンドを使用する場合、主脚を取り付けたままだと、なんだか着陸態勢のようで、いまいち緊迫感がありません。

Ww210

主脚を取り外し、主脚カバーに交換します。
主脚カバーは押し込むだけで固定できました。増槽を取り付けた状態でスタンドが使用出来ないのは残念。戦闘状態という事にて納得することにします。

Ww211

飛行状態です。スタンドは軽い樹脂製ながら、ちゃんと安定します。塗装はポッテリと厚みがあるものの、丁寧に塗り分けられていて、かなりのクオリティです。

Ww212

2009年頃に発売された、アシェットの「日本陸海軍機大百科」創刊号付属の零戦二一型と比較してみます。アシェットの零戦は87分の1スケールのため、一回り小さく見えます。実機は同じくらいの大きさの為に、単純比較は出来ませんが、大きさによる迫力は今回のシリーズの方が上でしょう。
但しアシェットのシリーズの零戦模型は細部まで筋彫りがやり過ぎと思うくらい良く作り込んであるので、それぞれの良さはあります。

Ww213

2月23日発売の第2号は零戦五二型、その後世界各国の傑作機が続きます。日本軍の夜間戦闘機月光とか、一式陸攻もあるでしょうか。72分の1スケールなら結構な迫力があるでしょう。日本人には苦い思いがあるものの、第二次世界大戦ならば米軍の爆撃機B29だって外せないでしょう。同じ72分の1スケールで出すならば、特別価格になってしまうかもしれません。

今回のシリーズは、やや使い古されたようなネタではありますが、付属模型が同一スケールという特徴があります。特定の機体の号だけ選んで買いたいものですが、序盤を過ぎたら書店には並ばなくなってしまうのが残念です。人気の号だけつまみ食いされたら出版元としては困ったものでしょうから仕方ありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

「マイ3Dプリンター」56、57号 プリント実践編のフィラメントはちょびっとサイズ

3d565701

デアゴスティーニのパーツ付き組み立てマガジン「マイ3Dプリンター」の話題です。

今週の日曜日の2月7日にプリント実践編の1号と2号、シリーズ通算56号、57号が届きました。3Dプリンターは完成してからが活用の本番となります。私を含む購読者は、1年以上掛けてアクリルキューブのメカメカしいオブジェを作っていたのではありません。道具としての3Dプリンターの活用を望んでいます。それに応じてデアゴスティーニから活用方法をレクチャーする20号分が延長になったわけです。

マイ3Dプリンターのシリーズの読者だけ、それも一部しか購読しないので、そんなに発行部数は望めないでしょう。でも、1冊辺り1500円の情報価値は期待してしまいます。今回の2号分については、私にとっては微妙なところでした。

3d565702

まず56号から開封します。
56号は、新シリーズの序盤の様に、外装の状態で冊子や付属品が確認できるようになっています。書店に並べるようなものではありませんので、意図は不明です。57号は簡素なシュリンクパックになっていて、開封しないと中身が確認できません。

3d565703

56号にはフィラメント用スプールとイエローのフィラメントが付属しています。プリント実践編では、毎号様々なフィラメントが付属してきます。今回は読者プレゼントと同様のPLA素材ですが、イエローの風合いが異なります。

3d565704

最初からスプールにセットされているように見えますが、ただはめ込んであるだけで、一旦スプールの蓋を外してセットしないといけません。

3d565705

57号も開封します。
57号に付属するフィラメントは、PLA素材のクリアタイプです。プリント実践編の付属フィラメント、やけにちょびっとです。

3d565706

57号のクリアーのフィラメントには要目が書かれていました。重量はたった40g。読者プレゼントのホワイトとイエローのフィラメントがそれぞれ80Gだったので、その半分だけです。こんなのすぐに使い切るでしょうし、途中でフィラメントが無くなる心配ばかりしなければなりません。ケチンボ。
毎号の課題をこなす分だけあれば良いという事なのでしょうか。

56号ではアヒルのスマホスタンドをコピーしてイエローのフィラメントで二つ一緒に出力、57号では雪だるまをクリアーのフィラメントで出力する内容です。3Dプリンターの特性やテクニックを学ぶにはそのまま実行すれば良いのでしょうが、出力には時間が掛かるので、私は2号分の課題をこなすことは遠慮しておきます。

造形物に合った温度、速度の設定等の出力ソフトの使用方法やテクニック、造形テーブルとヘッドのクリアランスの調整方法等、ちょっと役に立つ情報はありましたが、20号に分割せねばならないので、情報を小出しにしている感じです。

3d565707

付属のスプールにフィラメントをセットするのは、そんなに簡単にはいきませんでした。簡単にセットできる説明は書かれていましたが、一旦ほぐして巻き直しました。フィラメントのカラーを替える度に巻き直す必要がありそうです。

3d565708

56号のイエローのフィラメント、クリアがかっています。読者プレゼントのイエローのフィラメントとは大きく風合いが異なります。すぐ使い果たしてしまうような量なので、何に使用するかは考えなければなりません。

3d565709

58号にはPLAのレッドのフィラメントが付属するようです。
やっぱり40gだけなのでしょう。大量にスプールに巻くのは面倒で、弾力に乏しい素材のために途中で切れたりするので、このくらいがせいぜいではあります。

3d565710

ロビの各所のパーツを読者プレゼントのフィラメントで出力していると、造形テーブルに貼ったビルドタックというシートが傷んできました。造形テーブルとヘッドとのクリアランスの調整が上手くいっていないまま出力をしてしまったので、表面が傷んだのでしょう。

このビルドタックやオプションの保護シートは別途購入できますが、届くまでに時間が掛かりますし、結構高価です。

3d565711

それで、しばらくマスキングテープでしのぐことにします。
フィラメントの定着をよくするために、ヘアースプレーも買ってきました。ヘアースプレーなんて買ったのは、10代の頃以来でしょう。でも今回は本来の用途とは異なる使い方をします。

3d565712

マスキングテープを造形テーブルの上のビルドタックの上に貼り、その上からヘアースプレー吹きかけます。3Dプリンターにヘアースプレーを使用するなんてどなたが発見されたのでしょうか。素晴らしいアイデアです。フィラメントがガッチリ食いつきます。

3d565713

ロビの胴体を出力。ラフトを出力したこともあり、非常に強固に貼りつきました。

3d565714

しかもすんなりと剥がせます。ビルドタックを追加しなくても、このマスキングテープをヘアースプレーで十分だとも思えました。しかしこの方法で、どんな造形でも上手くいくとは限りません。

3d565715

ロビのパーツやクリアランス調整等の出力テストを繰り返して、読者プレゼントのホワイトのフィラメントが殆ど無くなってしまったので、スプール付きのフィラメントをamazonで注文しました。PLAで1kgです。結構な重みがあります。

3d565716

3Dプリンター完成直後は安いフィラメントがたくさん見つかりましたが、3000円以下のものは売り切れが多くなってきました。私が購入したものも3000円を超えています。きっとデアゴスティーニのシリーズが影響しているのかと思います。急に大量の3Dプリンターが世に放たれたわけで、既存のユーザーに迷惑を掛けていることでしょう。

3d565717

1kgのフィラメントはかなりの量があります。本体背面にスプールをセットします。

3d565718

フィラメントの送り出しは自動で行われるので、読者プレゼントの時の様に、常に気にしている必要は無くなりました。購入したばかりで殆ど使用していませんが、読者プレゼントのものよりも素材が柔らかくて造形も上手くいくような気がします。

しかし、今日は突然造形中にずれたりして、満足なものがなかなか出来ません。ずれはモーター部分のベルトが緩んでいたためと判明し、モーターを固定する部分を調整してネジを締め直したら元に戻ったようです。自分で組み立てた3Dプリンター、まだまだ完成品と言えません。

プリント実践編のシリーズでは、ハードウェアのメンテナンスについても少しずつ紹介されていくことでしょう。次号ではフィラメント詰まりも対処方法の紹介があります。必ず直面する問題でしょうから、期待したいと思います。

前回はこちら
「マイ3Dプリンター」完成後の初出力は苦労の連続!

次回はこちら
「マイ3Dプリンター」小さなロビ作るのは大変だ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »