« 「マイ3Dプリンター」ロビのバックカバー作成 | トップページ | 「マイ3Dプリンター」64~65号 ヒートベッドのオプション販売予告あり »

2016年3月21日 (月)

「マイ3Dプリンター」60~63号 モデリングソフト「Meshmixer」は使えるぞ!

3d616101

デアゴスティーニのパーツ付き組み立てマガジン「マイ3Dプリンター」の話題です。

3Dプリンター完成後のプリント実践編では、毎号付属する40gのお試し版フィラメントを使って3Dプリンターのテクニックを習得する課題をこなしていくという構成になっています。しかし真面目に課題を進める気が無く、3Dプリンターは一応動かせるようになっていると、ついつい溜め込んでしまうものです。

年明けからずっと、公私ともに非常に多忙にてなかなか3Dプリンターで遊ぶ時間を設けられませんでした。僅かなものを出力するにも時間を要すので、時間を確保して取り組まなければならないからです。

3d626301

先々週は私の母方の祖父が亡くなり、葬儀等で3Dプリンターどころではありませんでした。94歳という高齢にて大往生ともいえますが、身内からすればついこの間までピンピンと元気で、全くボケることも無く、最後まで相変わらずの頑固な口うるさい糞爺だったわけなので、突然という気持ちでした。インフルエンザに感染し、4日間入院してあっけなく逝ってしまいました。戦時中は陸軍兵士として大陸に渡り、通信や戦車搭乗等して艱難辛苦乗り越えてきた祖父なのに、インフルエンザで亡くなるとは、あまりに呆気ない最期でした。今風の家族葬では無く、昔ながらの田舎の葬儀で多くの方に見送られました。今頃は靖国に眠る戦友の方々と久闊を序していることでしょう。

ようやく3連休の最終日に落ち着けました。今日は4号もまとめての開封。特に工作も無いと、どんどんたまっていきます。結局、60号から63号まではまとめて確認することになりました。

3d626302

今回の付属品を含め、未使用の少量のフィラメントがどんどん溜まります。
プリント実践編では、毎号小出しに3Dプリンターのテクニックを紹介していますが、それをわざわざ出力して試す時間はありません。内容を参考にして、自分の出力したいものを出しています。

最初に実験的に小さなロビを出力しました。しかしロビの形状は3Dプリンターで出力するにはかなりのテクニックを要します。その過程で、少しながらノウハウが入手出来たように思えます。

プリント実践編で紹介されている「Meshmixer」というモデリングソフトが結構優秀です。本編で紹介されている「123D Design」、「Blemder」ほどには細かい造形は出来ませんが、自動的にサポート材を造形してくれるという機能は非常に便利です。

63号に、ロビのフィギュアを倒立状態で出力すればサポート材がきれいに取れる状態になるという記事がありました。でも、idbox!の出力ソフトの「Repetier」を使用すると、かなりごついサポート材が付いてしまいます。しかも造形テーブルに貼りつく部分が細かすぎてうまく出力できないこともしばしばです。そこで「Meshmixer」を使用してサポート材を自動作成させてみます。

Meshmixer101

倒立状態で出力するなんて、全くの想定外でした。ロビの背面にサポート材が作成されるよう、200度回転させた状態にします。「Meshmixer」で自動作成されるサポート材は、線状のものを垂直状態では無く斜めに作成してくれることです。オリジナルのサイズでは3Dプリンターで出力できないので、「Meshmixer」の機能を使用して0.55倍に縮小してからサポート材を作成しています。自動計算して作成されたサポート材は、造形物の形状を損ねずに最小限の大きさになります。

サポート材を付けた状態のデータを使用して「Repetier」でGコードを作成する際には、サポート材は「なし」の状態にします。ラフト、スカートは「あり」です。今回は積層0.2mm、密度20%で出力します。

Meshmixer102

倒立状態にて、頭に血が上るんじゃないか、と心配になるようなかわいそうな状態ですが、まっすぐ立っている状態よりもサポート材が少なくなるという利点があります。ただ、底面のラフトの部分の面積が狭いので、積層を重ねていくにつれ、ブレてしまいます。

Meshmixer104

「Repetier」で作成すると底面から垂直にサポート材が延びていくので無駄が多い上に取り外しに苦労します。しかし今回はラーメン状の最小限のサポート材で出力出来ました。

Meshmixer105

正面のサポート材を最小限にする角度にしているため、背面はややゴチャゴチャと貼りついています。

Meshmixer106

ラフトとサポート材をニッパーで取り外し、軽く研磨しました。粗削りではありますが、シルエットはロビと判ります。積層を0.1mmにして丁寧に出力すれば、もっときれいに出せるでしょう。

Meshmixer107

背面はサポート材が多かったので荒れています。それでも自分でサポート材のデータをモデリングするよりはずっと効率的です。

Meshmixer108

さらに表面を研磨して仕上げれば、ロビのフィギュアが出来上がるでしょう。

Meshmixer109

実際のロビはこんなポーズをしませんが、どうもこれは創刊号に付属してきたミニロビを参考にしているように思えます。腕の角度が若干異なります。

Meshmixer110

オリジナルデータを0.55倍に縮小しているので、最初に26分割に手出力したロビとの比較はこんな感じ。今見ると再度作り直したい出来の分割ロビです。せめて異物が入って染みがある頭部だけでも作り直すことにします。

Meshmixer111

正面を上面にして「Meshmixer」でサポート材を取り付けて、積層0.2mmで出力します。

Meshmixer112

造形テーブル部分だけでなく、オーバーハングになっている部分にもサポート材が出来ています。

Meshmixer113

造形テーブル側にはかなりガッチリとしたサポート材が出来てしまいました。

Meshmixer114

正面は割ときれいに出力されました。積層が粗いのが目立ちますが、研磨すれば大丈夫です。

Meshmixer115

サポート材を取り外すと、どうしても表面が荒れてしまいます。3Dプリンターは造形方向を考えることに知恵を絞ることになります。ロビの頭部の場合は、本物のロビの様にパーツごとにデータを分解した方が良いでしょう。

Meshmixer116

軽くサンドペーパーで研磨します。

Meshmixer117

後ろ側はまだサポート材の跡が目立ちますが、まあ正面優先にしているので仕方ありません。

Meshmixer118

写真では判り難いですが、最初に横倒しにして出力したパーツに比べるとかなりきれいになりました。残念ながら、全身をやり直す根性はありません。

「Meshmixer」は操作が簡単で、サポート材取り付けだけでなく、かなり便利な機能があります。idbox!の公式ソフトの一つにして欲しいと思います。

前回はこちら
「マイ3Dプリンター」ロビのバックカバー作成

次回はこちら
「マイ3Dプリンター」64~65号 ヒートベッドのオプション販売予告あり

|

« 「マイ3Dプリンター」ロビのバックカバー作成 | トップページ | 「マイ3Dプリンター」64~65号 ヒートベッドのオプション販売予告あり »

週刊マイ3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

YUJIさん実践編で実践をつまれてかなり上達されているようですね。
Meshmixerの情報ありがとうございます。今度使ってみます。

ワタシはロビの改造パーツを3Dプリンターで作ってみました。(URL)
結構データ作りが大変でした。
もともと3Dプリンターはロボットや鉄道模型のパーツを作るために始めたので今回がその一作目です。
ネジが切れるか不安でしたがちゃんとネジ留めできるようです。

投稿: カズキ | 2016年3月28日 (月) 20時39分

カズキさん、おはようございます。

バンザイできるロビ、表現の幅が拡がっていますね。すごい!
オリジナルパーツのモデリングお疲れ様です。ピッタリですね。未塗装でもあまり違和感ありませんね。PLAはネジもちゃんと閉まる様子ですね。

実践編は毎々のノウハウが小出し過ぎて毎回もどかしく感じます。全て1冊の小冊子にまとめて本編のシリーズ中最後に付属しても良さそうな内容かと思います。中で紹介している鉄道模型ストラクチャーのデータは、デアゴのサイトにアップされていますので、私も機会があったら出力してみようと思います。

投稿: YUJI | 2016年3月29日 (火) 05時53分

Meshmixer使ってみました。サポート材も細かく指定でき結構いろんな機能があるみたいですね。

ワタシも一体型のロビを印刷してみました(URL)
最初データをそのまま25%にして印刷したのですが間接部分に空間ができ簡単に折れてしまいました。またサイズが小さいのでサポート材の撤去でマフラーなど本体を折ってしまいました。

そこでで円柱を追加して空間を埋め印刷時に倒立させてサポート材を極力なくしました。
ただ頭とマフラーはサポート材がないとちゃんと印刷できないようなので1mm程度の厚さの板をデータとして追加してサポート材代わりにしています。

投稿: カズキ | 2016年3月31日 (木) 15時33分

いまさら、齢を感じます。 はるかのかなたの出来事だったはずの事が実現していますね。

投稿: honest | 2016年3月31日 (木) 21時25分

>カズキさん、こんばんは。

オリジナルデータの25%サイズの小さなロビ、よく出力できましたね。サポート材の自作以外にも、かなりのテクニックが必要だと思います。

私の55%にしたロビ、リューターで削るとかなりサマになってきました。積層0.1mmで再度挑戦しようかと思います。


>honestさん、こんばんは。

まだ思い通りのものが出力できるものではありませんし、毎回のように調整が必要と言う手が掛かる道具ですが、それだけに工夫する楽しみがあります。これからの発展が楽しみですよ。

投稿: YUJI | 2016年4月 1日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/63375631

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ3Dプリンター」60~63号 モデリングソフト「Meshmixer」は使えるぞ!:

« 「マイ3Dプリンター」ロビのバックカバー作成 | トップページ | 「マイ3Dプリンター」64~65号 ヒートベッドのオプション販売予告あり »