« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着 | トップページ | 鉄たび展で原信太郎さんの珠玉の模型「或る列車」と出会う »

2017年7月30日 (日)

2017年のアメックスバースデーギフトは魔法のペン!

先日7月28日に50歳になりました。

アンケートの年齢選択の欄が変わって、内容によっては最も高齢の括りにされているものさえあります。

昔なら中老の域に達したわけで、世の中を知ったような顔をしていなければならないのですが、現実は相変わらずの体たらくです。孔子曰く「五十にして天命を知る」との事です。自分自身は、天から授かった使命を知るには余りに未熟であることを感じます。年相応に、様々な衰えを自覚せねばならなくはなっていますが。

2017amex01

毎年誕生日はやってくると、長年使っているクレジットカードのアメックスからバースデーギフトが送られてきます。殆どは役に立たないガラクタながら、不必要に高品質なものばかりで、ササヤカな楽しみとなっています。

昨年は引っ越し準備など環境変化が激しくて、アメックスのバースデーギフトのレポートを書いている余裕がありませんでした。今回2年分の記録を取ります。

一昨年までの報告です。

2015年7月29日 (水)
2015アメックスのバースデーギフトは昨年に引続きソメスサドルのステーショナリー
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2015/07/2015-7272.html

2014年7月29日 (火)
アメックスのバースデーギフトはガラクタから実用品にシフト?2014年はソメスサドルのペン
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2014/07/2014-85d6.html
2013年7月27日 (土)
恒例のアメックスのバースデーギフト!今年は二番煎じの靴べらながらちょっと実用的?
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2013/07/post-4842.html
2012年7月28日 (土)
今年はネーム入りのガラクタだ!アメックスのバースデーギフト
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2012/07/post-a983.html
2011年7月29日 (金)
無駄の極地!カードと共に役立たずのアメックスのバースデーギフト見ながらビールで乾杯!
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2011/07/post-106f.html
2010年7月30日 (金)
ガラクタが増えたよ!2010年アメックスバースデーギフト
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2010/07/2010-4e34.html
2009年7月30日 (木)
今年もアメックスのバースデーギフトはキラキラのガラクタ?
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2009/07/post-c198.html
2008年7月30日 (水)
役立たずのガラクタながら楽しい、アメックスのバースデーギフト
http://yuji.moe-nifty.com/blog/2008/07/post_648c.html

2016amex01

まず昨年のギフト。
忙しく過ごしながら、幸い画像だけは残していました。革製品です。一昨年まではソメスサドルの革製品が続いていましたのでその続きかと思っていたら、異なる会社が作ったものでした。昨年はネタにするにはちょっと「弱い」ので、多忙にかまけて放置してあったのでしょうか。

2016amex02

取り出すと、二つ折りの財布の様です。クロム鞣しで軽くしなやかに仕上げてあります。

2016amex03

拡げてみると財布ではありません。カードケースでした。
端の部分の切れ込みは、カードを出しやすくするためのものです。

2016amex04

定期入れ等に使えないことはありません。軽量ですし、触った時の感触が良い。

2016amex05

財布なら使えたのですが、このカードケースは微妙。素材が高品質なだけに、惜しいガラクタです。捨てずに机の引き出しの肥やしとして、引っ越し後もしまい込んだままです。多分一生使うことは無く、その内散逸してしまうのでしょう。

2017amex02

今年のギフトは細長い箱に入っていました。小さいですが、去年よりも重みがあります。開けてみると金属製のペンのようなものが出てきました。

2017amex03

なんだまたボールペンか、と思って取り出します。でもこれボールペンじゃありませんでした。形状は鉛筆の様ですが、軸がアルミ合金製で、ペン先にはインクの出る穴がありません。

2017amex04

長さ165mm、太さ8mm。インクレスメタルペンというものでした。
インクの要らないペン?

2017amex05

ペン先は特殊合金製とのことです。インクを使わなくても、このまま紙に字が書けるとの事。私は文具は結構好きな方なのですが、この金属製のインクレスペンというものは存在自体知りませんでした。

特殊合金って何だろうと思います。詳しい記載はありませんが、鉛を主体とする合金とのことです。鉛筆を使う時に先を舐める癖がある方は危険なので使えませんね。お子様に持たせてはいけません。

2017amex06

ペン軸は無垢のアルミ合金製なので重みがあります。測ってみると25g。鉛筆並みの細さでこの重さは使い易くはありません。でも格好は良い。

2017amex07

バースデーカードに書かれた能書きを読むと、金属をペン先に用いたペンは、古くは中世からデッサンペンとして使われていた筆記具で、ルネッサンス期には芸術家達に愛用されていたとの事。ペン先があまり尖っていないので、細かい字を書くことは困難です。

ペン先に特殊合金を使用しているので、半永久的に使えると書かれています。金属を紙に擦り付けて、金属部分が削れて書くわけなので、どんどんすり減ってしまいそうなものですが・・・。

2017amex08

紙に書いてみると、確かにちゃんと書ける!でも金属を擦り付けている感触なので、かなりの筆圧が必要です。気軽にメモを取るような調子では書けません。

それに色が薄い。4H等の鉛筆くらいの薄さです。よく見ると銀色に見えます。

押し付けて書くような感触なので、ササッと書くようには使用できません。これを使っていると目立つと思います。いちいちインクレスペンを説明するための話題作りとしては面白い道具でしょう。

本当に半永久的に使用出来るのでしょうか。ハードに使いたくなるような筆記具では無いので、確かに長く性能を維持するのでしょう。

2017amex09

書いた文字は消しゴムでは消すことが出来ません。ちょっと薄くなっただけでした。鉛筆の様に黒い粒が紙の表面に付くだけではなく、色が紙の奥まで入り込んでいるようです。

消せないとはますます使い道が限定されますが、ずっと使えて長い間減らないペンなんて魔法の道具の様です。

手にして感触が良い。大した実用にもならないけど素材が高品質。こういった明らかに「ムダ」の典型のギフト。今年も選ぶ人のセンスが秀逸だと感心させて頂きました。

この数年、私は周囲の面倒なことに巻き込まれて惑わされることが多かったのですが、ようやく落ち着いてきたように思います。新しい区切りを経て、天命を知る域に少しは近づきたいものと思います。

|

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着 | トップページ | 鉄たび展で原信太郎さんの珠玉の模型「或る列車」と出会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/65599364

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のアメックスバースデーギフトは魔法のペン!:

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着 | トップページ | 鉄たび展で原信太郎さんの珠玉の模型「或る列車」と出会う »