« 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第15号・16号 組み立てガイドの手順満載だが臆する必要ナシ | トップページ | 横着ズームレンズの買い替えニコンレンズAF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR »

2017年8月 6日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第26号、第27号 フレームにエンジン搭載!

Bttf02602701

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。8月6日の午後に26号と27号が到着しました。

今回、長らく組み立ててきたエンジンのパーツをフレームに搭載します。全130号の長いシリーズでは、まだ序盤ともいえる段階ですが、モデルカーらしくなってきました。

Bttf02602702

26、27号共に薄く軽いのですが、商品紹介のパンフレットが2部入っていました。
まず、8月29日創刊の「ザ・ビートルズ・LPレコードコレクション」です。創刊号は特別価格なのに1,990円。やたらと高価だと思ったら、CDではなくLPレコードが付属するシリーズでした。ビートルズの音楽を楽しむだけでなく、LPレコードという存在感のあるモノを手にするという喜びを感じることが出来る様です。

既にレコードプレーヤーなんてとっくに処分してるよ、という方の為に、シリーズ中で特別モデルのオプション販売もあります。

Bttf02602703

もう一つ入っていたパンフレットは、デアゴスティーニの通販カタログです。いきなれい1/350スケールの巨大なエッフェル塔の模型が紹介されています。

Bttf02602704

私がかつて組み立てていたカウンタックLP500Sのアウトレット販売もあります。98,000円(税別)とかなりお得価格です。冊子は全て揃っていないそうですが、組み立てガイドは当然全部あるので、模型を組み立てるのならこれは良いと思います。

デアゴスティーニのモデルカーのシリーズはどんどん品質が上がっており、このカウンタックは精度が高くて組み立てやすい模型でした。

但し、私が今から全てのパーツが届く状態で組み立てるかというと疑問です。毎回作業を少しずつ進めていくから完成できたのかと思います。

Bttf02602705

以前のカウンタックより、今回のデロリアンの方が、現時点では更に精度が上がって組み立てやすくなっています。26号から開封します。今回のパーツはマフラーのパーツ等です。エンジン後部にマフラーを取り付けてエンジンを完成させ、フレームに搭載します。

Bttf02602706

付属パーツは樹脂の軽いものばかり少量ですが、作業はちょっと手応えがある内容です。時間がある時にのんびり行いたいものです。

Bttf02602707

今回、組み立て中のエンジンと共に、久しぶりにフレームを用意します。

Bttf02602708

まずマフラー部分を組み立てます。
マフラー後部のパーツに、2本のテイルパイプを取り付けます。このパーツは左右の区別はありません。マフラーの取り付け部の切り欠きに合わせて内側からビス止めします。

Bttf02602709

APネジで内側からビス止めします。

Bttf02602710

テイルパイプを左右ともに取り付けました。

Bttf02602711

マフラー後部にマフラー前部のパーツを合わせてビス止めします。

Bttf02602712

エンジン後部にマフラーを取り付けます。
エンジンのエキゾーストパイプをマフラーのサイドの穴に差し込んで位置を合わせます。

Bttf02602713

左後部のネジ穴からビスを入れて固定します。

Bttf02602714

右側もビス穴を合わせて固定します。

Bttf02602715

マフラー上部右側に、マフラーサポートを取り付けます。しかし差し込んだだけでは外れそうです。

Bttf02602716

マフラーサポートの取り付け部には、接着剤を使用しました。私はアクアリンカーを使用しましたが、ゼリー状瞬間接着剤の方がしっかりと固定できると思います。

Bttf02602717

フレーム後部にエンジンを載せます。

Bttf02602718

トランスミッション部分を前に差し込むように、フレームにエンジンをはめ込んでいきます。

Bttf02602719

そのままフレームをひっくり返し、3か所のビス穴にDMビスを使用してエンジンを固定します。ここはしっかりと固定しないとエンジンがガタつきます。でもネジ切りタップを使用するほどの事はありませんでした。

Bttf02602720

ドライブシャフトを取り付けます。
12号と14号で組み立て、ずっと保管してきたドライブシャフトを取り出します。

Bttf02602721

ドライブシャフトに、今回付属のラバーブーツを通します。既にラバーブールは一つ通してありますが、今回のものはエンジン側に寄せておくためのものです。

Bttf02602722

ドライブシャフトの一端をタイヤの内側にはめ込み、もう一方のネジ穴をエンジン側に合わせ、EPビスで固定します。
この部分はネジ切りタップか予備のネジを使用して予めネジ穴を切っておくと楽に固定できます。

Bttf02602723_2

もう一方のドライブシャフトも固定します。

Bttf02602724

ラバーブーツをエンジン側とタイヤ側にそれぞれ寄せて、ドライブシャフトの取り付け完了です。

Bttf02602725

マフラーの後部にライトボックスブラケットを取り付けます。

Bttf02602726

左右ともにライトボックスブラケットを取り付けます。このパーツはライトボックスを取り付ける際に微調整を行うので、この時点ではいっぱいまでねじ込まない様にしておきました。

Bttf02602727

フレーム後部にエンジンが搭載されました。後部のみズッシリと重くなっています。

Bttf02602728

これで26号の作業は終了です。

Bttf02602729

続いて27号を開封します。

Bttf02602730

前回にてエンジンの組み立てが終了し、新しいフェーズに入ります。今回はホーンの取り付けやラジエターパーツの組み立てなどを行います。

Bttf02602731

まずフレームの前部左側に取り付けるホーンを組み立てます。
ホーンにホーンブラケットをビス止めします。

Bttf02602732

ホーンブラケットをフレーム前部左側の穴にはめ込んで位置を決め、ビス止めして固定します。

Bttf02602733_2

ラジエーターブラケットを取り付けます。
まず左側から。

Bttf02602734_2

右側も固定します。

Bttf02602735

ラジエーターファンカウリングに二つのファンを取り付けます。

Bttf02602736

ラジエーターファンが回るように、軸部分にシリコンスプレーを塗布しました。息を吹きかけると風車の様に回りますが、実際のラジエーターファンは動力で回転するものなので、無駄な作業だったかもしれません・・・。

Bttf02602737

これで今回の作業は終了です。

次号、28号ではラジエーターを組み立ててフレームに取り付けます。29号ではアンダーパネルをフレーム下部に取り付けます。このシリーズはあちこちの部位の仕掛品が溜まることなく、順次車体への取り付けを行っていくので、組み立てる際にストレスが少ないと思います。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第24号、第25号 読者プレゼントのナンバープレート&バインダーも到着

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第28号、第29号 ずっしり金属製アンダープレートの取り付け

|

« 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第15号・16号 組み立てガイドの手順満載だが臆する必要ナシ | トップページ | 横着ズームレンズの買い替えニコンレンズAF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰していますが、楽しく拝見しています。 Youg man(C62以来の友人)まだ元気です。

投稿: honest | 2017年8月 7日 (月) 05時45分

honestさん、こんばんは。
C62の開始時期からはや10年ですね。私にとってはhonestさん方と楽しませて頂いた、最も思い出深い模型です。デアゴスティーニのパートワークも組み立てやすくなりました。のんびり続けてまいります。

投稿: YUJI | 2017年8月 7日 (月) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/65628179

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第26号、第27号 フレームにエンジン搭載!:

« 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第15号・16号 組み立てガイドの手順満載だが臆する必要ナシ | トップページ | 横着ズームレンズの買い替えニコンレンズAF-S DX 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR »