« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第36号、第37号 合間の時間で工作できる手軽さが良い | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第38号、第39号 地味にコードを固定する回です »

2017年10月28日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第25号・26号 旅帰り直後にやさしい簡単作業

Atom252601

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。10月17日の火曜日に25号と26号が到着していたのですが、未開封のまま、放置となっていました。

Atom252618

早朝のセーヌ川のセーヌ川のオーシャンジュ橋から望むエッフェル塔

先週から久しぶりにパリ旅行に出ていて、その準備も含めてしばらくの間、なかなか工作にかかれませんでした。短い休暇でも、その前には多忙になるものです。旅行中には日本には台風がやってきていて、被害もあったようなのに、パリは例年になく暖かく穏やかな日々が続き、申し訳ない限りです。

Windowsのタブレットを持っていきましたが、結局使用していないのでブログに旅の記事がアップできませんでした。模型や工作関連のものは見ていないので、あまりネタにならなかったということもあります。iPhoneで気軽に更新できる仕組みが出来ればよいのですが、今のところココログの管理画面は、スマホでは使い勝手が良くありません。

今回は、かつて妻が4年ほど暮らしていた地域をブラブラして、住んでいたアパートや学校を訪れたりしておりました。歩き疲れたらカフェや公園で佇んで、のんびりした時間が過ごせました。面倒でストレスの多い日々の心の疲れをどこかに持っていってくれるパリの街は、やっぱり私たちには隙あらば訪れたいところです。

Atom252617

今回は、パリの郊外の市内から80km北方の、ジヴェルニーに行けたのが良い思い出です。睡蓮の池の絵で有名な印象派の画家、クロード・モネが晩年を過ごした家と広大な庭園がある人口500人くらいの小さな村です。睡蓮の池の周囲には紅葉が色づき、日本好きであったモネのこだわりの庭の雰囲気がそのまま維持されています。博物館となっている邸宅には、膨大な浮世絵コレクション。睡蓮の咲いている時期に、再度訪れたいものです。

Atom252602

帰国直後で時差ボケ気味なのか、疲れてはいますが夜になると元気なので、25号から開封していきます。今回も2号とも工作内容は少なく、短時間で終わります。

Atom252603

今回のパーツは、左上腕のカバー等です。
これまで組み立ててきた左腕の動作確認を行い、上腕カバーを取り付けていきます。

Atom252604

右腕の組み立ての際に行った作業ばかりなので、手順の目新しさはありません。チェックスタンドとテスト基板用延長ハーネス、そして前号まで組み立ててきた左腕を用意します。

Atom252605

左肩のサーボモーターの動作確認を行います。
ID7のサーボモーターのハーネスを、延長ケーブルの3連ハブ基板に接続します。

Atom252606

テスト基板のロータリースイッチを7にしてから動作確認ボタンを押してサーボモーターの動作を確認します。

Atom252607

今回付属のは3連ハブ基板を使用して、ヒジの部分のケーブルを接続します。

Atom252608

中継ハーネス経由の動作確認を行います。
9番のサーボモーターから動作確認を行います。

動作確認ボタンを押すと、肘が90度程度曲がってから戻ります。9番は問題なし。

Atom252609_2

続いて8番のサーボモータの動作確認です。
こちらも問題なく動作します。組み立てガイドが懇切丁寧なので、きちんと読んで組み立てれば大抵上手くいくと思います。デアゴスティーニのロビに比べると、工作難易度はかなり低いと感じています。ロボット自体が大柄で、設計に余裕があるというのも簡単な理由の一つでしょう。

Atom252610

左上腕のカバーを取り付けて左腕を完成させていきます。

Atom252611

3連ハブ基板を上腕カバーの中に収めます。ケーブルを挟まないように気を付ける必要がありますが、こんなに適当な突っ込み方でも動作に問題が無いというのは、工作初心者でも安心だと思います。

Atom252612

上腕カバー二つをビス止めします。
これで今回の作業は終了です。

Atom252613

左右の腕が揃いました。
右腕、左腕を続けて組み立てたので、工作の効率は良かったと思います。

Atom252614

続いて26号を開封します。
お馴染みとなってきたサーボモーターの付属する号です。

Atom252615

今回の組み立て作業はありません。
一応、サーボモーターに問題が無いか、保護用の袋から出して確認を行います。

今号から右足を組み立てていきます。組み立てのスケジュールが紹介してあるだけで、今回は工作はありません。右足は37号で完成する予定との事です。

Atom252616

次号、27号は右足の足首部分などを組み立てていきます。新しいフェーズに入り、心機一転工作を楽しめそうです。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第23号・24号 左腕の動作チェックを確実に

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第27号・28号 新aibo発売の衝撃!

|

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第36号、第37号 合間の時間で工作できる手軽さが良い | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第38号、第39号 地味にコードを固定する回です »

週刊鉄腕アトムを作ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/65973116

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第25号・26号 旅帰り直後にやさしい簡単作業:

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第36号、第37号 合間の時間で工作できる手軽さが良い | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第38号、第39号 地味にコードを固定する回です »