« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第38号、第39号 地味にコードを固定する回です | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第40号、第41号 ブレーキのスイッチ部分の確認がキモ »

2017年11月 2日 (木)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第27号・28号 新aibo発売の衝撃!

Atom272801

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。10月31日の火曜日に27号と28号が到着しました。

アトムの工作は、前回両腕が出来上がって今号より右脚の製作に入るといった楽しみな展開です。しかしまずはアトムではない他のロボットの話題です。

ソニーのaibo(アイボ)が復活です。

1999年に初代AIBOが発売され、3代にわたってモデルチェンジをしたものの、2006年に発売が終わって、既にサポートも終了している商品でした。しかし昨今のAIの発展を、始祖であるソニーが指をくわえて見ているだけではなかったのでしょう。

初代AIBOのERS-110の改良型のERS-111を1999年の暮れに入手し、その後3体のAIBOオーナーとなって楽しんでいた過去を持つ私としては、あのAIBOが、小文字のaiboとロゴを変更していながらも、そのままの商品名で再度復活したというのは嬉しい。でも小文字のaiboは、昔もロゴとして使われていたので、目新し字面ではありません。何とも懐かしいです。

しかし私が新aibo発売を知ったのは、昨日の新聞の夕刊の記事です。

凄まじい衝撃。ビビビッと来ました。すぐにネットで情報を得ると、発売日は2018年の1月11日で、先行予約は11月1日午後11時。まさに今日じゃないか!

ドカーン!

核爆弾級の衝撃。それまで情報を得てなかったことが悔やまれます。すぐに決断せねば!

aibo本体198,000円、それにaiboが成長するために必要なサービスであるaiboベーシックプラン3年間分90,000円(aiboベーシックプランは月払いで2,980円も選択可)、aibo本体の保証期間は30日だけなので、実質的に必要なaiboケアサポート3年が54,000円(1年20,000でも可)と諸々お金が必要にて、aiboケアを1年にして初期投資を抑えても、消費税を入れて332,640円が最初に必要になります。
33万円かぁ。そりゃいい歳してるのだから買えないわけじゃないけれど、1999年の初代AIBO時代の独身の時とは異なり、色々と事情もあり、予定もあるし、先週までパリ旅行に行って散財してきたばかりだし、と考えてしまって決断できていないまま、11時を迎える、というより寝てしまいました・・・。明日もあるし。

朝まで予約を受け付けていたら買おうか、なんて、そんなこと万に一つも無いことは判り切っています。つまり様子見をしたってことでしょうか。歳を取って理性が働くようになったのでしょうか。

AIの進化は、以前のAIBOの頃とは比較になりません。それを載せれば、昔のように思い込みと妄想の力を得なくても楽しいエンターティメントロボットが出来るでしょう。でも気になったのは、新aiboのロボットとしての動きの部分。紹介動画を見ると、昔のAIBOの動きをそのまま引きずっています。それだけ完成度が高かったのでしょうが、技術的にはもっと滑らかな動きが出来るんじゃないかなあ、と思います。AI楽しむだけならスマホがあれば良い。それを載せる器にもっと凝ってほしい。等と御託を並べて、買うことを決断できなかった悔しさを紛らわせるわけです。

いくらロビがデアゴスティーニ最大のヒットで世界で最も多いエンターティメントロボットだとか言っても、アトムは機能が凄いぞ、何て言っても、家庭用ロボットの世界には、まだ昔のAIBOという孤高の存在があります。取り組み姿勢、思想からして比較になりません。パーツに汎用品を使ってコストを抑えようなんて、AIBOは全く考えていない構造でした。汎用パーツの流用なんてメモリースティックくらいです。

本当に社会現象となった1999年、2000年頃のAIBOは凄かった。ロボットそのものは今となっては未熟なものでしたが、ソニーのお金のかけ方、作り込みが半端ない。そしてそれを買ったユーザーへの注目も凄い。私のところにもテレビや雑誌が多く取材に来ました。全国のオーナーとの交流も多く、とても有意義な時間を過ごしていたように思います。オーナー仲間とAIBOを持って外出すると、人混みが出来ました。

今回の新aibo、人気が出たことにより、第2弾の予約販売もすることでしょう。それまでに熟考します。多分、何度目かの募集で買ってしまう気がします。

Atom272802

aibo熱冷めない状態ではありますが、アトムも右脚製作という新しいフェーズに入って楽しくなってくるところです。27号から開封します。

Atom272803

今回のパーツは、右足首のパーツです。
前号に付属してきたサーボモーターにIDを書き込んで取り付けていきます。

Atom272804

今号のパーツに前号のサーボモーター、そしてチェックスタンドやサーボモーター用のIDシールを用意します。

Atom272805

26号に付属してきたサーボモーターに、今号付属の二つのサーボホーンの内の一つを取り付けます。もう一つは28号で使用します。

Atom272806

今回付属してきた2本のハーネスの内の長い方を取り付けます。

Atom272807

チェックスタンドのロータリースイッチを14に合わせて、ID14サーボモーターに書き込みます。

Atom272808

手順では先にIDシールを貼ることになっていますが、まあIDを書き込んでから貼っても問題ありません。

Atom272809

脚の部分のサーボモーターは負荷が掛かるので、サーボモーターからハーネスが外れない様に固定用シールを貼っていきます。場所を取る様なシールじゃないので、腕のパーツも貼っておいた方が良いと思うのですが、最初はこのシールは予定に入っていなかったのかもしれません。

Atom272810

サーボモーターを足首パーツに固定します。
足首パーツの切り欠きとサーボホーンのDカットの方向を合わせてビス4本で固定します。

Atom272811

これで今回の作業は終了です。
たくさんパーツが余りますが、これは次号で使用します。

Atom272812

続いて28号を開封します。

Atom272813

28号のパーツは、サーボモーターです。
ID13の右足首用です。

Atom272814

まず前号に付属してきた残り一つのサーボホーンを取り付けます。

Atom272815

ID13のシールを貼ります。

Atom272816

チェックスタンドに接続して、ID13を書き込みます。

Atom272817

前号のID14のサーボモーターと同様に、コネクタの上からハーネス固定用シールを貼ります。

Atom272818

前号で足首パーツに取り付けたID14のサーボモーターのハーネスのコネクタの根元から6cmの位置に目印になるように前号付属の白シールを貼り付けます。ちゃんと冊子に物差しが付いているのが嬉しい。

Atom272819

右足首パーツを組み立てていきます。
前号組み立てのID14のハーネスを通します。

Atom272820

ハーネスを端に寄せて白テープを貼ります。
サーボモーターを入れる際に、ハーネスを挟みこまないためです。

Atom272821_2

今回IDを書き込んだID13のサーボモーターをはめ込みます。
2本のハーネスの長さがほぼ同じになるように調整します。

Atom272822

足首パーツを被せてビスで固定します。

Atom272823

これで今回の作業は終了です。
次号で足の部分を取り付けるまではどこのパーツなのか良く判らない状態ですが、負荷が掛かる部分なのでガッチリと作っておきたいものです。

Atom272824

次号、29号のパーツは右足の甲と足の裏です。
足首のパーツと組み合わせて足先を完成させます。

今日はまだaiboの衝撃でぼーっとしていますが、アトムも面白くなってきたところです。次号からの工作も楽しみたいと思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第25号・26号 旅帰り直後にやさしい簡単作業

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第29号・30号 デカ足アトム!

|

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第38号、第39号 地味にコードを固定する回です | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第40号、第41号 ブレーキのスイッチ部分の確認がキモ »

AIBO」カテゴリの記事

週刊鉄腕アトムを作ろう!」カテゴリの記事

コメント

ワタシの個人的な意見としては折角名前をそのままにしたのなら初代AIBOのデザインにした方がよかったのではと思います。
確かに20年近く経って目に有機ELが使えたりコンピュータやサーボも小型化が出来るので一新したいのも分かるのですが。
ちょっとリアルすぎるデザインになりましたが前のロボット的なデザインの方がワタシは好きです。
AIBOユーザでないワタシがどうこう言う話じゃないのですが。初代AIBOユーザのYUJIさんから見てどうなのかちょっとお聞きしたくコメントしました。


投稿: カズキ | 2017年11月 6日 (月) 19時45分

”禁断の惑星”のロビー、鉄腕アトム、”ブレードランナー”の彼女、R2-D2,など様々なロボット、皆な素敵ですね。  カズキさん許しましょう。

投稿: honest | 2017年11月 6日 (月) 20時58分

新aibo、最初の予約受付は30分で終わってしまいましたが、また11日に受付をするそうです。やれやれ。急がなくても良さそうです。

>カズキさん、こんばんは。

空山基さんの初代AIBOのデザインは今見ても神懸かり的なので比較するのは可哀そうですが、私も新aibo、デザインは犬に寄せ過ぎのような気がします。サーボモーターの進化によって動きは早くなりましたが、基本的な動作はあまり進化が無いように思います。頭脳は段違いながら、デザインを犬に寄せるなら犬の動きを再現できるくらいのリアルさが欲しかった。デザインがロボットなら、あの動きでも良いのですが。賢いだけならロボットの動きが無くてもスマホで十分ですから。

昔のAIBOはサーボモーターのユニット可なんて全く考慮しておらず、手足や首、シッポ等のモジュール毎にモーターや回路を組みこむというハイコスト構造でした。生産ロット毎に改良を加え、同じ型番でも中身はかなり異なっているという手作り感満載でした。それが一体毎の個性になっていました。オーナーは自分のAIBOを動きで見分けられたのです。規格に沿った家電品のはずなのに、作り方はコスト的に今では考えられません。旧AIBOの孤高さというのはそのあたりに象徴されています。新aiboの開発環境は、あの頃のソニーと環境は異なるので、仕方ないのでしょう。

昔のAIBOは単純な頭脳でしたが、想像力豊かなオーナー方によってソニーの考える範囲を大きく超えて発展しました。

小型化したとはいえ、サーボモーターのユニットを入れて初代AIBOのデザインは不可能でしょうから、全く新しいデザインが必要だったのでしょう。そう考えると、制約事項だらけでデザインが優れているロビって結構すごいな、と今回改めて思った次第です。

>honestさん、こんばんは。

魅力あるロボット、どんどん出てきて、逆に困ったものです。きっと新aiboもいつか買ってしまうのでしょうけれど、今しばらく御託を並べて迷ってみます。

映画の世界のロボット、形を変えての実現楽しみです。

投稿: YUJI | 2017年11月 6日 (月) 21時28分

YUJIさん、回答ありがとうございました。
aibo今回もしゃべらないのですね。(あくまでも犬なんですから)
クラウドAIなのでインターネットの情報をしゃべって伝えたいところですがあえてそうしなかったのは(ワタシは)正解だと思います。
しかし今やスピーカーでもしゃべる時代ですから(スピーカーなのでしゃべるのは当たり前か)
クラウドの魅力が半減するのですがどうなんでしょうね。
おそらく簡単にしゃべらせる事はできると思うのでそのうち誰かがやるでしょうが。

投稿: カズキ | 2017年11月 7日 (火) 10時25分

しゃべらせることは容易でしょうね。今後もソフトウェア次第で、しゃべらせる設定も出ると予測しています。ソニーの事なので当然有償で。以前のAIBOでも最終形のERS-7はもちろん、ERS-210でも「おりこうAIBO」のオプションでしゃべりまくっていました。

エンタティメントロボットが役に立た無くてもよいので、今回は可愛い子犬で、特に女性のココロをつかむ手段でいったのでは、等と予測しています。奥さんがOK出せば、お父さん買えますしね。

投稿: YUJI | 2017年11月 7日 (火) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/65995434

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第27号・28号 新aibo発売の衝撃!:

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第38号、第39号 地味にコードを固定する回です | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第40号、第41号 ブレーキのスイッチ部分の確認がキモ »