« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第46号、第47号 センターコンソールとダッシュボードの合体 | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第48号、第49号 結構時間を要する飾りコードの取り付け »

2017年12月31日 (日)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第35号・36号 今年最後の工作にてアトム折り返し点通過

Atom353601

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。12月26日の火曜日に35号と36号が到着しましたが、年末の忙しい時期の為に平日に開封することが出来ず、年末年始休暇まで作業持ち越しとなりました。

このシリーズは全70号なので、今回到着分にて折り返し点を過ぎたことになります。まだチェックスタンドと両腕と右足の一部しか組み立ててないので半分まで到達している感覚はありませんが、工作期間はあと半分なのは間違いありません。

Atom353602

まず35号から開封します。
今回のパーツは、右ひざ用のサーボモーターです。

Atom353603

今回の作業は、ID12のサーボモーターへのIDの書き込みと右ひざねの組み込みです。

Atom353604

前号までに組み立てた右ひざのパーツを用意します。前号に付属してきて保存指示となっていたパーツも全部取り出します。

Atom353605

いつもの様にサーボモーターの回転軸にサーボホーンを取り付けます。

Atom353606

サーボモーターにハーネスを取り付け、12番のシールを貼り付けます。

Atom353607

サーボモーターにID12を書き込みます。
今回もハーネスが短いため、パーツケースを台にしてサーボモーターがぶら下がらないようにします。書き込みには結構時間が掛かるので、ずっと手にもって浮き上がらせているのは辛いのです。

Atom353608

サーボモーターのハーネスを取り付けた部分に保護シールを貼り付けます。腕のサーボモーターには貼らなかったこのシール、何故か足に使用するものには全て貼るようです。

Atom353609

サーボモーターを右ひざに組み込みます。
ケーブルをパーツに挟みこまないように取り回します。組み立てガイドの写真解説が非常に丁寧なので、ちゃんと見て行えば大丈夫でしょう。アトムは設計に余裕があるので、隙間があって組み付けに苦労しません。

Atom353610

右ひざの後ろ側のパーツを被せてビスで固定します。

Atom353611

これで今回の作業は終了です。
アトムの前半終了です。

Atom353612

続いて36号を開封します。
長丁場のアトムの工作は後半に入ります。

Atom353613

今回の作業は、右ひざのフレームを組み立ててひざと足を連結していきます。右脚は完成に近づきます。

Atom353614

前回までに組み立てた右ひざ部分に加え、30号までに組み立てた右足を用意します。

Atom353615

右ひざの下部分に、ブーツフレームを取り付けます。
まずサーボホーンと連結する側のフレームから取り付けます。ひざをまっすぐ伸ばした状態にしてビスで固定します。

Atom353616

右ひざのID12のサーボモーターの動作確認を行います。
取り付けたブーツフレームが動くことを確認します。

Atom353617

ブーツフレームに右足部分を連結します。
こちらも真っすぐに脚を伸ばした状態で固定します。

Atom353618

反対側のブーツフレームを被せます。
4本のハーネスは穴から外に出します。

Atom353619

ブーツフレームを3本のビスで固定します。

Atom353620

ハーネスを通した穴に、ハーネスローラーを通します。

Atom353621

右足首のID13のサーボモーターの動作確認を行います。

Atom353622

ブーツフレームの穴に4本のハーネスを内側に通します。
わざわざ一旦外に出したケーブルをぐるぐる取り回すわけですが、工作の手順を簡単になる良い方法だと思います。

Atom353623

右ひざと右足から通した4本のハーネスのコネクターを、今回付属の4連ハブ基板に差し込みます。
黒いコネクター部分には、黒いハーネスのどれをつないでも良いようです。

Atom353624

これで今回の作業は終了です。
今年最後の工作にて、アトムの右脚部分が繋がりました。

Atom353625

次回、37号の発売は1月9日です。
38号の発売が16日なので、次回は少々先のことになりそうです。

昨年、少々忙しい事が続いて工作を中断していましたが、今年になってアトムやデロリアンを手掛けて楽しい時間を過ごすことが出来ました。来年も継続してボチボチ楽しんでいきたく思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第33号・34号 アトムのACアダプターは大容量!

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第37号・38号 Raspberry Pi3がやってきた!

|

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第46号、第47号 センターコンソールとダッシュボードの合体 | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第48号、第49号 結構時間を要する飾りコードの取り付け »

週刊鉄腕アトムを作ろう!」カテゴリの記事

コメント

今週号はラズパイなのでびっくり価格でした。(覚悟はしていましたが)
アマゾンでも5000円位なんでしょうがないですが。
しかしロビ2と合わせて1万越えはキビシイです。(もちろん支払いは裏クレジットで)
オマケにR2-D2の創刊号も買ってきました。
いつもの創刊号は役に立たないものですが今回は何かに使えそうです。(URL)

投稿: カズキ | 2018年1月 9日 (火) 16時17分

カズキさん、こんばんは。

そういえば37号は8,990円という雑誌からかけ離れた価格!だから1号休みでしたね。私は来週届きますので楽しみに待ちます。

R2D2私も買いました。でもさすがカズキさん、LED点灯させましたね。これは楽しそう。デアゴスティーニはデロリアンも同じようにチップLEDを取り付けた基板を用いています。結構コスト掛けています。今週はデロリアンもチマチマと細かい作業のためにまだ済んでいません。こちらも中盤になってたまに作業が多い号が出てきました。

投稿: YUJI | 2018年1月 9日 (火) 20時36分

ケーブルが黒赤青の3色なので分かりやすいです。
電圧は3Vかけています。
緑もあれば電圧を調整してフルカラーになったのですが。

投稿: カズキ | 2018年1月10日 (水) 14時13分

仕組みが簡単でも、いざ電気を流してみようって人はなかなかおられませんから。でもコネクタ外しちゃったってことはもう続けられませんね・・・

投稿: YUJI | 2018年1月10日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/66223743

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第35号・36号 今年最後の工作にてアトム折り返し点通過:

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第46号、第47号 センターコンソールとダッシュボードの合体 | トップページ | 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第48号、第49号 結構時間を要する飾りコードの取り付け »