« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第47号・48号 48号は超高額号!

Atom474801

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。3月27日の火曜日に47号と48号が到着しました。

今回到着の2号とも、通常価格よりも高額の号となっています。特に48号は税込みで9,990円の超高額号です。付属品にコストが掛かっているのですが、もはや雑誌の価格とは思えません。書店で扱うのが危ないほどです。

Atom474802

47号から開封します。
税込2,490円と通常よりも少し高いサーボモーターの号です。

Atom474803

今回は、左ひざ用のID17のサーボモーターにIDを書き込み、前回までのパーツを使用して左ひざ部分を完成させます。

Atom474804

46号までに組み立ててきた左股関節部分のパーツを用意します。

Atom474805

まず今号付属のサーボモーターにサーボホーンとハーネスを取り付けます。

Atom474806

チェックスタンドに接続し、ID17を書き込みます。

Atom474807

17番のIDシールを貼ります。
サーボモーターに貼り付けるシールも、残りID3のシールを残すのみになりました。

Atom474808

ハーネスの保護用の黒シールを貼ります。

Atom474809

組み立て中の左脚のパーツを用意し、股間部分のハーネスをパーツに沿って這わせます。

Atom474810

今回のID17のサーボモーターをはめ込み、ハーネスを半パイプ部分から外に出します。

Atom474811

左ひざパーツを被せ、3か所をビスで固定します。
これで今回の作業は終了です。

Atom474812

続いて48号を開封します。

Atom474813

48号のパーツはヘッドボードです。
アトムの頭部に入れる基盤です。

Atom474814

今回の作業は、提供されたヘッドボードの基盤を確認することです。確認とはいえ、素人が基盤を眺めていても不具合があるかどうかなどは判りません。

市販の基盤の流用ではなく、このシリーズのために製作されたパーツでしょう。そのために非常にコストが掛かり、超高額号となったのではないでしょうか。

Atom474815

基板の前面には、アトムの目の部分のチップLEDが設置されています。

Atom474816_2

基板を確認したら、元通りに静電気防止袋に入れ、緩衝材に包んで作業終了です。56号まで使用しないので、このまま大切に保管しておきます。

Atom474817

次号、49号のパーツは左足のひざのフレームです。
右脚の組み立てで行ってきた作業の繰り返しの為、坦々と進むと思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第45号・46号 今回も淡々と左脚組み立て

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第49号・50号 両手足が完成!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第58号、第59号 シャシーフレームにフロアパネルを固定

Bttf05805901

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。3月18日の日曜日の午後に到着しました。

私の地域ではデアゴスティーニは郵便局が運んでくるのですが、このところヤマト運輸や佐川急便が値上げしたのに日本郵政だけ3月いっぱいは従来の価格のために荷物が集中し、遅れがちでした。しかも3月は年度末でドライバー不足が顕著です。その中、通常通り奇数号の発売日の前の日曜日に届けてくれて有難いものです。

今回届いた2号ともペラペラに薄く軽いです。しかし作業はそんなに軽くなく、やりがいのある内容でした。久しぶりに組みあがっていくことを実感できました。

Bttf05805902

まず58号から開封します。
今回のパーツはフラックスキャパシターです。劇中のデロリアンの運転室の後ろ側でYの字に光っている印象的なパーツです。電飾ギミックのLEDも取り付け、バルクヘッドに固定します。

Bttf05805903

フラックスキャパシターの発行部分の透明パーツを取り付けます。

Bttf05805904

透明パーツを指で押さえながら、裏側からビスで固定します。

Bttf05805905

フラックスキャパシターのケースドアをビスで固定します。

Bttf05805906

前回まで組み立ててきたバルクヘッドに、フラックスキャパシターケースを取り付けます。今回付属のエルボーのパーツも順次取り付けます。

Bttf05805907

フラックスキャパシターケースは、バルクヘッドの裏側からビスで固定します。

Bttf05805908

太い3本のエルボーのパーツは、裏側からビスで固定します。

Bttf05805909

LEDを取り付けます。
LEDの発行部分をフラックスキャパシターの位置の穴に差し込み、電極部分を根元から横に折り曲げます。

Bttf05805910

LEDのケーブルを、コードクリップで挟みこみます。

Bttf05805911

これで今回の作業は終了です。
フラックスキャパシターが発光する様子はまだテストできません。バルクヘッドに飾りパーツがゴチャゴチャと取り付けられ、楽しい感じです。

Bttf05805912

続いて59号も開封します。

Bttf05805913

今回もバルクヘッドに飾りパーツを取り付けますが、その後にフロアパネルとシャシーフレームを固定する作業があります。ギミックの配線のコネクターの接続も行うので、結構な作業量があります。時間のある時に、ゆっくりと確認しながら行った方が良い作業かと思います。

Bttf05805914

まず前号に引き続き、バルクヘッドに飾りパーツを取り付けていきます。
フラックスキャパシターケースの右横にコネクター付きパイプを取り付けます。長い方の黒いビニールパイプにパイプホルダーを二つとも通しておきます。

Bttf05805915

パイプホルダーを通した黒パイプを取り付け、ファンには短い方の黒パイプを差し込みます。

Bttf05805916

ファンをバルクヘッド左側に取り付けます。

Bttf05805917

ファンは裏側からビスで固定します。

Bttf05805918

長い方の黒パイプは、端をファンに差し込み、ファンの方に差し込んだ短いパイプはフラックスキャパシターケースの下側の突起に差し込みます。突起は二つありますが、左側の方に差し込みます。

Bttf05805919

今回付属の二つの緑色のLEDは、バルクヘッド左側の二つの穴に差し込み、端子を横に曲げてからコードクリップでコードを挟みこみます。

Bttf05805920_2

フロアパネルの後部にバルクヘッドを取り付けていきます。フロアパネルの後部に出しているパイプやコネクターはこのバルクヘッドに差し込んでいくことになります。まず中央部の黒パイプをフラックスキャパシターの下側の突起に差し込みます。

Bttf05805921

バルクヘッドのネジ穴を合わせます。

Bttf05805922

裏側から4本のビスで固定します。

Bttf05805923

フロアパネルの左側の銀色のパイプのパーツをバルクヘッドのネジ穴に合わせ、ビスで固定します。これでガッチリと固定されました。

Bttf05805924

プリント基板に端子を差し込みます。
スイッチボードの大きなコネクターを、プリント基板の右側の横長の端子に差し込みます。その他のこコードは、基盤の番号に合わせて差し込みます。まず16番、15番からです。

Bttf05805925

コクピット前部から伸びている各種の飾りコードやパイプをバルクヘッドの穴に差し込みます。これでブラブラしていた飾りコード類がスッキリと収まりました。

Bttf05805926

久しぶりにシャシーフレームを用意して、フロアパネルの設置部分付近にある各種コードをプリント基板に繋いでいきます。
19番、22番、23番のコードを差し込みます。

Bttf05805927

続いて6番、8番、10番、11番、12番のコードを探し当てて差し込みます。

Bttf05805928

最後にプリント基板の右側に、電源のコードを差し込みます。これは基板に記載の+-の記号を確認して差し込みます。

Bttf05805929

プリント基板から伸びているたくさんのコード類は、コードに貼られた番号が見える様に、助手席側から全て出しておきます。

Bttf05805930

フロアパネルをシャシーフレームに固定します。
コード類を踏んで潰さないように気を付けて位置を確認して、ビスで固定します。ビスは前後左右4か所です。

Bttf05805931

ビスで固定する際、ステアリングコラムをコントロールアームの穴に合わせて差し込みます。この時点ではすぐに抜けてしまいますが、最終的にステアリングコラム押さえを取り付ける時に再び位置を調整して差し込むことが出来ます。

Bttf05805932

ステアリングコラムの先端をコントロールアームに差し込まれていることを確認して、ステアリングコラム押さえを取り付けます。このパーツ、チャチな樹脂パーツです。頑丈な金属パーツでないと壊れそうで不安です。

Bttf05805933

これで今回の作業は終了です。
いよいよフロアパネルとシャシーフレームが固定されました。中途半端ではあるもののギミックの結線がなされたので、点灯実験等が行えるのかもしれませんが、まだ組み立てガイドではテストの指示がありません。

Bttf05805934

ここまでやってきて壊れたら悲しいので、今はテストは行わないようにしておきます。

Bttf05805935

次号、60号のパーツはメインフレームです。
久々の大型パーツです。分割せずに一体パーツとしているのは凄い。これは楽しみです。

130号という非常に長丁場のこのシリーズ、まだ全体の半分にさえ到達していません。モデルカーとしての格好はかなり出来てきているのにこの先70号以上もどのようなパーツ構成になっていくのか判りませんが、冗長な号が続いた後、たまに次回のような楽しみなパーツも付属するということが繰り返されるのでしょう。

モデルカーのパートワークとして、130号はあまりに長い。せいぜい80号位がモチベーションを保ちながら続けられる期間の様に思えます。もっとも長く続いただけの満足感が完成後に得られれば良いのですが、私の場合は完成したら関心が急速に減少していくことは間違いないので困ったものです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第56号、第57号 電子ギミックの心臓部の基盤

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第60号、第61号 ボディフレームは気合が入った大型パーツ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第45号・46号 今回も淡々と左脚組み立て

Atom454601

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。3月13日の火曜日に45号と46号が到着しました。

現在は左脚の組み立て中です。右脚の組み立ての際に行った作業の繰り返しが多いので決して工作に時間を要すわけではありません。しかし3月決算月の忙しい中、平日に開封することが出来ず、今回も土曜日の作業となりました。

今日は陽気が良く、昼に高校の時の同級生が代表を務めている朗読会を鑑賞に行ったりしていたので、夕刻の帰宅後の組み立てでしたが、15分程度で終了する内容で負担ではありません。

Atom454602

45号から開封します。
今回のパーツは、左股関節用のID16のサーボモーターです。

Atom454603

今回は付属のサーボモーターにIDを書き込んだ後、前号の44号に付属してきて保管していたすべてのパーツを用いて左股関節部分を組み立てていきます。

Atom454604_2

44号のパーツに加え、ID15のサーボモーター、及びチェックスタンドも用意します。

Atom454605_2

まず今回付属のサーボモーターに44号付属のサーボホーンを取り付けます。

Atom454606

44号付属の90mmのサーボモーター用ハーネスを取り付け、ID16のシールを貼り付けます。

Atom454607

チェックスタンドに接続してID16を書き込みます。

Atom454608

ハーネスの取り付け部分に黒シールを貼って保護します。

Atom454609

ハーネスをサーボモーターの側面を這わせて折り返すようにします。白テープを貼って仮止めします。

Atom454610

44号付属の中継ハーネスを重ねて白テープで仮止めします。この白テープ、粘着力が弱いのですぐに剥がれてしまいます。パーツに収めるまでもてばよいという事にて、渋滞無く作業を進めます。グズグズしていたら剥がれてバラバラになります。

Atom454611

股関節のパーツにID16のサーボモーターを取り付けます。
ハーネスをパーツに挟み込まないように取り回しに気を付けます。またこの時点にてID16のサーボモーターに取り付けたハーネスに白テープを巻いて目印にしておきます。

Atom454612

サーボモーターに貼り付けた白テープが剥がれる前にさっさとパーツの窪みにハーネスを収めてしまいます。

Atom454613

続いてID15のサーボモーターも取り付けます。

Atom454614

股関節のもう一つのパーツを合わせてビス留めします。

Atom454615

これで今回の作業は終了です。
ID16のサーボモーターを収める時にハーネスを挟みこまないように気を付ける事がポイントでしょう。
私はこの時点にてID16とID15のサーボモーターの動作確認を行っておきました。動作確認はやりやすい時に行っておくことが大切でしょう。いざ組み立ててしまってから動かなくて分解するのは面倒なものだからです。

Atom454616

続いて46号を開封します。
今回のパーツは左ひざのパーツです。付属パーツの全部を使用するわけでは無く、一部のみを用いて作業を行います。

Atom454617

今回使用しないパーツは、次号付属のサーボモーターの組み込み時に使用するので一旦取り分けて保管しておきます。

Atom454618

前号までに組み立てた股関節のパーツに左ひざのパーツをはめ込みます。右脚で行ってきた作業の繰り返しが続きます。

Atom454619

左ひざのパーツとサーボホーンをビスで固定します。

Atom454620

左股関節から伸びる中継ハーネスに、ハーネスローラーを通します。

Atom454621

左股関節のパーツに左ひざの前のパーツを取り付けます。ビス2本で固定します。
これで今回の作業は終了です。

Atom454622

次回47号のパーツは、左ひざのID17のサーボモーターです。今回付属のパーツも使用して左ひざに組み込んでいきます。忙しい時期の組み立ててはありますが、次回もそんなに時間を要す作業ではなさそうです。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第43号・44号 今回は殆ど作業無し!

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第47号・48号 48号は超高額号!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第56号、第57号 電子ギミックの心臓部の基盤

Bttf05805901

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。3月4日の日曜日の午後に56号と57号が到着しました。

午前中に溜め込んでいた講談社のアトムを開封したばかりでしたが、思いの外作業が少なくてあっと言う間に終わってしまったので、続いてデロリアンも片づけてしまうことにします。今回の付属パーツは興味深いプリント基板なので、早く確認したいということもあります。

Bttf05805902

56号から開封します。
小さくて軽いパッケージではありますが、お楽しみのプリント基板が入っています。デロリアンの電子ギミックの心臓部です。

Bttf05805903

パーツを取り出します。
プリント基板の他、各種ギミックと接続するためのコードが出てきました。

Bttf05805904

今回は、プリント基板にコードを接続してからコクピットのバルクヘッド裏側に取り付けていきます。

Bttf05805905

プリント基板を確認します。
00番から23番までのコネクターを接続する突起が見えます。表面にはコンデンサーも取り付けられています。

Bttf05805906

裏側です。
ICチップに加え、各種チップ抵抗が多数取り付けられています。仕組みは良く判らないものの、こういうギッシリつまった回路を見ているだけでワクワクします。この基盤の不具合があったらギミックの動作が出来なくなるので、早くテストを実施したいものです。

Bttf05805907

プリント基板にコードを取り付けます。
コネクターの番号と基板の番号を合わせて差し込んでいくだけなので簡単です。

Bttf05805908

まず1,2,3,4,7,13のコードを番号に合わせて差し込みます。

Bttf05805909

基板の向きを変え、20,21のコードも差し込みます。

Bttf05805910

プリント基板をバルクヘッド裏側に取り付けます。
4隅をビスで固定します。

Bttf05805911

コクピット前部から出ているコードを基盤に差し込みます。
まず5番のコードを差し込みます。

Bttf05805912

更に14,17,18も差し込みます。

Bttf05805913

これで今回の作業は終了です。
とりあえず結線していますが、断線していたり基板に不良があったらギミックが動作しないので、少々心配ではあります。

このシリーズでは電子ギミックを多数作成します。その制御を効率よく行うために、ちゃんとした基盤を用意しています。一つ一つの仕組みは判りませんが、組み立てガイドに沿って慎重に組み立てていくことにします。

Bttf05805914

続いて57号を開封します。
こちらもペラペラに薄くて軽いパッケージではありますが、バルクヘッド上部の大型のパーツが入っています。

Bttf05805915

今回は、バルクヘッド上部に飾りパーツをいくつか取り付けていくという作業です。

Bttf05805916

まず二つのコネクションカラムを取り付けます。パーツの突起をバルクヘッド上部の穴に合わせます。

Bttf05805917

裏側からビスで固定します。
今回取り付けるパーツは差し込むだけでは無くビスでの固定になるので、ガッチリと固定できます。

Bttf05805918

続いてライトボードを取り付けます。
裏側からビスで固定。

Bttf05805919

コネクションパネルに2つのコードのパーツを取り付けます。差し込むだけでは外れてしまいそうなので、瞬間接着剤の力を借りました。

Bttf05805920_2

コードの突起ではなく、取り付け側の穴の方に接着剤を塗ってから差し込みました。

Bttf05805921

コードを取り付けたコネクションパネルをバルクヘッドに取り付けます。

Bttf05805922

高電圧ユニットとエルボを取り付けます。

Bttf05805923

二つの黒いソケットのパーツを取り付けます。
それぞれ計上が微妙に異なるので、取り付け位置を確認します。

Bttf05805924

これで今回の作業は終了です。
バルクヘッドは、次回、フラックスキャパシターなどを取り付けた後、シートの後ろ側に取り付けていくのかと思われます。

Bttf05805925

次回、58号のパーツはフラックスキャパシター等です。
内部にLEDを入れて光る仕組みになっています。まだまだ半分にも到達していない長丁場のシリーズではありますが、毎回それなりに楽しませてくれます。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第54号、第55号 バルクヘッドの取り付け

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第58号、第59号 シャシーフレームにフロアパネルを固定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第43号・44号 今回は殆ど作業無し!

Atom434401

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。2月27日の火曜日に43号と44号が到着しました。

先週は忙しくてなかなか開封する時間がなく、結局週末まで持ち越しです。しかし今回の2号分の作業は殆どなく、付属パーツも次回以降に使用するので、確認して保管することとなりました。工作時間はのんびりやっても10分足らず。小休止といった回となっています。

Atom434402

まず43号から開封します。
サーボモーターの付属号です。今回は左股関節用のID15のサーボモーターです。

Atom434403

今回はサーボモーター用ハーネスが無いので、付属のサーボモーターは確認するだけです。ID書込みは次号で行います。

Atom434404

これまでに組み立ててきた左足のパーツのサーボモーターの動作確認を行います。
こんなこと、何も今回実施しなくても良いのですが、何にも作業が無いといけないので一応やっておくようです。組みこんだ時に動作テストは済ませている方が多いでしょう。

Atom434405

チェックスタンドに基板用延長ハーネスを取り付け、左つま先のサーボモーターに接続します。白テープで目印を付けてある方のハーネスです。

Atom434406

チェックスタンドをID19にセットし、動作確認を実施します。ちゃんと組み立てガイドに従って組み立てていれば、サーボモーターは動作します。

Atom434407

今回の作業はこれだけです。
左足はこの先、49号まで使用しないので、保護して保管しておきます。

Atom434408

続いて44号を開封します。
左股関節のパーツ等が付属していますが、殆どのパーツは次号で使用するので保管となります。

Atom434409

今回使用するのは、前号に付属してきたサーボモーターに取り付けるサーボホーンと、3本の内の一番短い45mmのハーネスとビスです。

Atom434410

その他のパーツは散逸しないようにひとまとめにして保管しておきます。

Atom434411

今回の作業は、左股関節用のID15のサーボモーターにハーネスを取り付け、IDを書き込みます。

Atom434412

サーボモーターの回転軸部分にサーボホーンを取り付けます。

Atom434413

ハーネスを取り付け、ID15のシールを貼り付けます。

Atom434414

チェックスタンドに接続してID15を書き込みます。
今回の2号分の作業で、最も時間を要する内容?となりました。書き込みが終わるまでマッタリ待ちます。

Atom434415

ハーネスの取り付け部分に黒シールを貼ります。

Atom434416

これで今回の作業は終了です。
左股関節へのはめ込み作業は、次号付属のID16のサーボモーターと一緒に行います。

Atom434417

次号45号には、左股関節のID16のサーボモーターが付属します。今回のID15と共に、今号付属のパーツに組み込みます。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第41号・42号 カメラボード付属の高額号

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第45号・46号 今回も淡々と左脚組み立て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »