« 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第55号・56号 今回は特小号2号分 | トップページ | 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第57号・58号 頭部完成、プレゼントのアトムチェアも届いた! »

2018年6月10日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第70号、第71号 ガルウィングドアの取り付け!

Bttf07007101

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。6月10日の日曜日の昼前に70号と71号が到着しました。

現在ドアの製作が続いています。ボディの外観部分に関わる部分なので、少しずつ組みあがっていくことを実感できます。まだまだ1年以上シリーズは続くので、たまに楽しいフェーズが無いとモチベーションを保てません。

Bttf07007102

まず70号から開封します。
薄っぺらいパッケージですが、少々重みがあります。

Bttf07007103

今回は運転席側のドアをフレームに取り付けていきます。
ドアの上部の内側のヘッドライナーが金属パーツです。かなり重量のあるドアを支える部分なので、素材を金属にしたのでしょう。

Bttf07007104

前号までに組み立ててきた運転席側のドアの内側に、今回のメインパーツであるヒンジ付きヘッドライナーを取り付けます。パーツ自体は金属製で丈夫そうですが、フレームへの接続部分であるヒンジ部分は弱々しい樹脂パーツなのが気になります。

Bttf07007105

ボディフレームのドアの取り付け部分の後部に、今回付属のドアダンパーを取り付けます。ドアダンパー抑えはペラペラのアルミ板なので、曲がらないように気を付けます。こんなので支えられるのかと心配になりますが、ドアを閉めるためにパーツを薄くしたのでしょう。

このダンパーは、当然ながら実車の様に油圧ダンパーになっているわけもなく、アルミパーツの摩擦が抵抗となっているだけなので、ドアを支える力はありませんでした。フロントフードのダンパーは十分に役目を果たしているのですが、ドアのダンパーはドアの重みや取り付け位置の関係でドアを支える力は無かったようです。

Bttf07007106

ドアをフレームに取り付けていきます。
ドアから伸びるLEDのコードをフレームの穴に通します。

Bttf07007107

ドアの上部のヒンジ部分の突起とネジ穴を合わせてビスで固定します。
この際、フレームをひっくり返してしまわないで、ネジ穴を合わせたら手で支えてボディを横向きのままビス止めした方がずれないように思えます。今回の作業のポイントは、このドアのヒンジ部分のビス止めにあるでしょう。

Bttf07007108

ダンパーの端をドアにビス止めします。これで今回の作業は終了です。
ダンパーの力が弱すぎでドアを開けたまま支える力はありません。

Bttf07007109

今回付属のドアサポートを差し込まないとドアを開けたままで保持できません。劇中でも実車のダンパーがヘタッていて、しばしば下がってきたドアが役者の頭を打ったとの事ですが、設計の段階で、そもそもダンパーの位置が悪かったように思えます。

Bttf07007110

続いて71号を開封します。
今回からは助手席側のドアを組み立てていきます
運転席側の時と基本的には同じ作業の為に、難しいことは無さそうです。

Bttf07007111

今回は細かいパーツがたくさん付属しています。欠品が無いかちゃんと確認する必要があります。
デアゴスティーニのシリーズではたまにパーツが足りなかったり、間違って入っていたりということがあります。ちゃんと検品はしているのでしょうが、実際に私も開封後に欠品や間違いに気づいたことは何回かあります。このシリーズでは私は幸い問題は起きていませんが、組立作業をすぐに行えなくても、届いたらまず最初に毎回ちゃんと確認することにしています。

Bttf07007112

運転席側ドアで一度行った事ばかりなので、サッサと済ませてしまいます。まずドアトリムの前後にドアロックパーツを取り付けます。

Bttf07007113

ドアロックパーツはドアトリムの内側からビス止めします。

Bttf07007114

ドア後部のドアロックも固定します。

Bttf07007115

ドアトリムのLEDを取り付ける部分にドアランプカバーを取り付けます。

Bttf07007116

ドアランプカバーの透明パーツを合わせてからドアランプ押さえを当ててビス止めして固定します。

Bttf07007117

アームレストを組み立てていきます。
まずグリップハンドルにストラップを通します。

Bttf07007118

アームレストにグリップハンドルを取り付けます。

Bttf07007119

アームレストの内側からグリップハンドルのネジ穴を合わせてビス止めします。

Bttf07007120

アームレストの上部にアームレストエアダクトを取り付けます。

Bttf07007121_2

これで今回の作業は終了です。

Bttf07007122

70号で運転席側のドアが取り付けられましたが、フロントフェンダーとのドアモールがずれていてチリ合わせが必要な事がわかります。気になるほどのズレがあります。やれやれ・・・。

Bttf07007123

次号、72号では助手席側のドアにサイドウィンドウやLEDの取り付けを行っていきます。しばらくは運転席側と同じ作業となるので、スイスイ進むことでしょう。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第68号、第69号 運転席側ドアの組み立て

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第72号、第73号 助手席側ドアの組み立て

|

« 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第55号・56号 今回は特小号2号分 | トップページ | 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第57号・58号 頭部完成、プレゼントのアトムチェアも届いた! »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン」カテゴリの記事

コメント

デアゴのジャガーですが一応3号まで買いましたが、続くのかちょっと不安です。
掲示板があるのですが大分前にワタシがしたのしか投稿がありません。

ロビ2ですがロビクルに相当するセグウェイタイプのロビライドというのを出すのですが、ロビクルのようなパートワークじゃなく完全受注でやるみたいです。(一応キットの形式ですが)

デアゴも経験から販売方法を模索しているのでしょうがジャガーが気になっています。

投稿: カズキ | 2018年6月11日 (月) 12時30分

カズキさん、こんにちは。

デアゴスティーニは全国展開になってからは途中で中止になるものはなかったので、ずっと最後まで続くことを期待したいですね。済みません私はジャガーやる余裕なく、カズキさんが組み立てるのを楽しみにさせて頂きます。

ロビライド可愛いですね!Facebookで案内があったので画像見ました。ロビクルよりずっと軽快で楽しそうですね。さすが高橋智隆さn監修。初代ロビでも乗れるってのは良いですが、組み立てキット一括購入ってのは手を出しにくいです・・。

投稿: YUJI | 2018年6月11日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208541/66814441

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第70号、第71号 ガルウィングドアの取り付け!:

« 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第55号・56号 今回は特小号2号分 | トップページ | 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第57号・58号 頭部完成、プレゼントのアトムチェアも届いた! »