« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第59号・60号 胴体への両足の取り付け

Atom596001

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。6月26日の火曜日に59号と60号が到着しました。

全70号の長丁場のこのシリーズも、今回を終えたら残り10号。今年の9月には完成となります。完成後に初めてロボットとして機能することになるので、それからがお楽しみに始まりとなるのかもしれません。

書籍の付属品として、パーツを小分けにして配布されて届けられるパートワークは作っている期間が楽しいものです。私には完成後に急速に興味が薄れるという悪い傾向がありますが、今回のアトムは長期間しっかりと楽しみたいと思います。

前号にて四肢と頭部が完成し、残りは胴体部分のみとなりました。心臓部ともいうべき基盤は既に配布されているので、今後の高額号は液晶モニタ部分が付属する64号となるのかと思います。本日は休日出勤の代わりの振休のために、早速工作を始めます。

Atom596002

まず59号から開封します。
胴体フレームが付属しています。結構大型のロボットであるアトムですが、胴体フレームは樹脂製です。各部のパーツが軽量化されているので、樹脂でも十分でしょう。

Atom596003

今回付属している胴体フレームに両脚のパーツを取り付けて下半身を完成させます。50号までに組み立てた両脚のパーツを用意します。

Atom596004

両脚の基部にあるサーボホーンと、胴体フレームの下部のネジ穴を合わせてビス止めします。

Atom596006

右脚から取り付けます。
サーボホーンのビス穴を合わせてビスを4本ねじ込みます。足の付け根で大きな力が加わる場所なので、きつくねじ込み過ぎてビス穴をバカにしないように気を付けます。かといって緩くてはいけませんが、必要以上に力を込めないでビスが奥までいったら適度なところで力を入れるのをやめておきました。

Atom596007

続いて左足も同様に取り付けます。

Atom596008

両脚を取り付けたフレームをひっくり返し、前側の胴体フレームを取り付けます。左右の穴にそれぞれ3本のハーネスを通して被せます。

Atom596009

組み立てガイドの写真を見て、7か所のビス穴を確認します。

Atom596010

7本のビスで前後の胴体フレームを固定します。

Atom596011

脚の基部のサーボモーターの動作確認を行います。
右脚のID10の動作確認からです。白テープを巻いていない方のハーネスをテスト基板に接続してID10にセットして動作確認を実施します。

Atom596012

左足のID15も動作確認を行います。
これも白テープを巻いていない方のハーネスを接続して実施します。

Atom596013

これで今回の作業は終了です。
胴体フレームに両脚が取り付けられ、下半身だけではありますが、作業台に立たせることが出来る様になりました。

Atom596014

続いて60号を開封します。
これまたショボい特小号となっています。

Atom596015

今回付属のパーツは組み立てに使用しません。梱包材のダンボールを活用して作業台を組み立て、ついでに頭部の二つのサーボモーターの動作確認を行います。

Atom596016

いつも開封するとサッサと捨ててしまうダンボールの梱包材ですが、今回に限っては捨ててはいけません。メイン工作はこのダンボールを使用しての紙工作なのです。

Atom596017

梱包材を展開して、予め入っている切り取り線に合わせて切り抜きます。手で引っ張って切るのではなく、ちゃんとカッターナイフを使用した方が良いと思います。

Atom596018

切り抜いたら箱状に組み立てます。折る部分には線が入っているので、すぐに組み立てられるでしょう。今後、胴体に四肢と頭部を取り付ける際にこのダンボール製の簡易作業台を使用していくのでしょう。

Atom596019

今回付属のパーツも作業台も、もう必要ないので仕舞っておきます。

Atom596020

今回はついでに頭部の二つのサーボモーターの動作確認を行っておきます。まずはID3の首の前後運動の動作確認からです。

Atom596021

首の回転部分のID2の動作確認も行います。
動作確認時に接続するハーネスを間違えて赤ランプが点滅しても、落ち着いて正しい方に差し直して行えば大丈夫です。動作確認ボタンを押しただけではサーボモーターのID設定は変わりません。

これで今回の作業は終了です。

Atom596022

アトムの胴体と四肢、頭部を並べてみます。完成時の大きさと雰囲気が完全にわかるようになってきました。予想通り、相当の存在感があります。

Atom596023

次号、61号にはバッテリーが付属します。
今回に引き続き、胴体フレームに頭部と四肢を取り付けていきます。今回行っても良いような作業ですが、まあ最終号までゆっくり作業を行うような構成にしているのでしょう。いよいよ残り10号となりました。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第57号・58号 頭部完成、プレゼントのアトムチェアも届いた!

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第61号・62号 アトムの全身つながる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第72号、第73号 助手席側ドアの組み立て

Bttf07207301

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。6月24日に72号と73号が到着しました。

今回は2号とも助手席側のドアの組み立てです。運転席側で行った作業の繰り返しとなるので注意点は判っていますし、それほど難しくもなく、サッサと終わってしまいます。透明樹脂のサイドウィンドウや金属製でヘアライン加工がなされたドアの外側が傷付かないように気を付けます。

Bttf07207302

まず72号から開封します。
助手席側のサイドウィンドウとドアランプのLEDなどが入っています。

Bttf07207303

今回は、前回組み立ててきたドアの内側にLEDを設置してサイドウィンドウの可動部分を取り付ける作業です。一度運転席側で行ってきたので、スイスイと進めます。

Bttf07207304

前号にてドアランプ押さえを取り付けたドアトリムを用意します。

Bttf07207305

コード付きLEDのLEDランプ部分をドアトリムの内側のドアランプ押さえに差し込み、コードをビス穴やドアの補強版と干渉しないように這わせます。

LEDとコードが接続されている半田付け部分が外れやすいので気を付けて作業をします。現時点では断線しているかどうかは分かりません。メイン基盤に接続して実験する方法もありますが、間違えてコネクタを差し込んで壊しても行けないので、点灯実験はやめておきます。もし組み付け時に光らない場合はドアを分解してLEDの端子とコードの接続部分を確認して修復することになりそうです。

Bttf07207306

ドアの後部にコードクリップをはめ込んでビス止めします。

Bttf07207307

サイドウィンドウを上下させる3つのギアをはめ込んでビスで固定します。ギアをとめるためのビスは、最後まで力を込めてねじ込むとギアの動きが悪くなるので、ほんの僅か緩い状態で締めます。ギアに油やグリスは使用しない方が良いと思います。
完成後にサイドウィンドウを開閉させることはあまり無いと思いますが、一応動作できるようにしたいものです。

Bttf07207308

現時点では上下するサイドウィンドウはギアに噛み合わせて確認するだけです。続いて次号の作業を行う際にドアの外側と組み合わせて固定します。

Bttf07207309

続いて73号を開封します。
今号は金属製のドアパーツが入っているので、ズッシリと重みがあります。

Bttf07207310

今回は、前号までに組み立ててきた助手席側のドアの内側と、今号付属のドアの外側を組み合わせてドアを完成させます。

Bttf07207311

まずドアの外側にキーシリンダーとドアモールを取り付けます。

Bttf07207312

キーシリンダーのパーツを差し込み、内側からビスで固定します。

Bttf07207313

ドアモールも取り付け位置にはめ込みます。

Bttf07207314

ドアモールも内側からビスで固定します。
こういった小さなパーツもビス止めで固定という方法は、このキットの優れた部分であると思います。デアゴスティーニのキット(このシリーズはイーグルモスのOEMですが)は昔に比べてどんどん工作が簡単になっていっています。通常は接着で済ませるところです。

Bttf07207315

ドアの上部にブラケットを取り付けます。
このビス止め部分は、少々力を込めてネジ穴にネジ山を切りながらガッチリと固定していきます。ボディ部分を作業台に押し付けての作業となるので、外装のヘアライン加工部分を保護するために布などを下に敷いておきます。

Bttf07207316

ドアシェルの内側から、前号に付属してきたサイドウィンドウの上部を取り付けます。位置決めしてからビス止めします。

Bttf07207317

サイドミラーを組み立てます。
サイドミラーベースにサイドミラー部分を組み合わせて下部からビス止めします。サイドミラーが内側に畳める程度に締めつけます。

Bttf07207318

サイドミラーのミラー部分の裏側の剥離紙を剥がして貼り付けます。

Bttf07207319

サイドミラーをドアに取り付けます。
これも内側からビス止めです。ドアのネジ穴に金属バりがあったので、少しヤスリでこすって取り去りました。

Bttf07207320

前号で組み立てたドアの内側と合わせます。この際、LEDのコードを挟みこまないように気を付けます。

Bttf07207321

ビス穴を合わせて4か所をビス止めします。
ドアの下部のギアを回すとサイドウィンドウが上下しますが、組み立てガイドにはギアの保護の為にウィンドウ部分を指で動かしながらギアを回して上下させるとの注意事項が書かれています。サイドウィンドウとドアの接触部分に傷が入りそうなので、あまりここは稼働させたくはありません。

Bttf07207322

アームレストをはめ込んで、中央部をビス止めして固定します。
これで今回の作業は終了です。ボアの内側のビス穴が目立ちますが、これは工作を簡単にしたということの弊害でもあります。ビス穴隠しのシールでもあれば良いのですが、まあこれでもドアの内側なので開けないと見えない部分です。諦めます。

Bttf07207323

助手席側のどあが完成しました。もし結線時にドアランプが光らなかったら、分解する必要があります。

Bttf07207324

次号、74号ではボディに助手席側のドアを取り付けます。左右のガルウィングドアが取り付けられ、いよいよデロリアンらしくなってきます。
その次の75号では、ドアの間のルーフ部分にルーフパネルが取り付けられます。パーツ間のチリ合わせが気になるところです。外装がガタガタだと格好悪いもんです。劇中のデロリアンはかなりガタガタのポンコツではありましたが、模型はシャンと作りたいものです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第70号、第71号 ガルウィングドアの取り付け!

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第74号、第75号 左右のガルウィングドアが取り付けられた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第57号・58号 頭部完成、プレゼントのアトムチェアも届いた!

Atom575801

講談社のコミュニケーション・ロボット「週刊鉄腕アトムを作ろう!」の話題です。12日の火曜日に57号と58号が到着しました。今回にていよいよ頭部が完成します。

Atom575802

まず57号から開封します。
付属パーツは小さいものばかりです。でも今回はタッチセンサーという大切な電子パーツが入っています。アトムのシリーズでは、これまでにも多くの電子パーツが付属してきました。でも今回のタッチセンサーが最も繊細で大切に取り扱わないと破損の恐れがありそうです。

いつもの様に組み立てガイドは丁寧に記載されています。タッチセンサーの扱いについても多く書かれていました。

Atom575803

今回付属のクリーナークロスはタッチセンサーを貼り付ける部分をきれいにするために使用するとの事。完成後にも胸の部分のモニター部分を拭くのにも使えそうです。ATOMのロゴがうっすらと入っています。

Atom575804

これが前頭部の内側に貼り付けるタッチセンサー。まずハーネスをコネクタに差し込みます。差し込む際に、タッチセンサーのパーツのくびれている部分を破損しないように気を付けます。ここが壊れたらタッチセンサーは機能しません。

Atom575805

タッチセンサーを貼り付けるのはアトムの前頭部の裏側です。
分厚い樹脂パーツを通して触ってちゃんとタッチしたことが判るのかと心配になりますが、まあ大丈夫なのでしょう。

Atom575806

タッチセンサーを貼り付ける側の剥離紙を剥がして貼り付けます。この剥離紙を剥がすのが厄介でした。またパーツを壊しそうになります。

Atom575807

2か所の剥離紙を剥がしてから位置合わせをして一気に貼り付けます。多少しわになるのは仕方ありません。丸い部分に平面のタッチセンサーを貼るわけなので、しわにならざるを得ません。

Atom575808

頭部フレームに、タッチセンサーを貼り付けた前頭部を取り付けていきます。まずタッチセンサーのハーネスをフレーム上部の穴から通します。

Atom575809

前頭部を頭部フレームに被せ、左右2か所をビス止めして固定します。

Atom575810

首に使用するID3のサーボモーターに、今回付属のサーボホーンを取り付けてビス止めします。

Atom575811

テスト基板に接続してID3の動作確認をします。

Atom575812

これで今回の作業は終了です。
アトムの頭部の表側が出来てきました。続いて58号の作業を行います。

Atom575813

58号を開封します。

Atom575814

今回は「手塚キャラオールスター百人一首PART1」が付属しています。まだ半分の50組だけです。残りの半分は63号に付属するとの事です。アトムが百人一首を読んでくれてかるた取りで遊べるのでしょう。楽しみです。でもアトムが読んでくれるのなら、絵札は要らないんだけど、それじゃ手塚キャラがなくて何にもならないことになります。

Atom575815

百人一首を除くと、今回のパーツはチューブカバーとネジ3個だけ。本当に特小号!今回こそ安い特別価格で良いような感じ。

Atom575816

付属パーツはショボ過ぎるけど、今回の組み立ては相当の作業量です。既に手元にある頭部のパーツを総動員して一気に組み上げていきます。

Atom575817

首のパーツにサーボモーターを仕込んで頭部に入れます。まず左側の下部の支柱に黒シールを2重に巻いてハーネスの保護をします。今回は余っている黒テープや白テープを活用していきます。専用パーツを用意しなくても十分にこのテープで用を足します。

Atom575818

ID2のサーボモーターを首のパーツの上部にはめ込みます。

Atom575819

サーボホーンのビス穴を確認して3か所ビス止めします。
上部の眉のパーツと一緒に固定するところは6mmの長いビスを使用します。

Atom575820

ハーネスローラーに、頭部の上部3組のハーネスを全て通します。

Atom575821

ここでまた黒テープを使用します。
黒テープを2枚貼り合わせて結束バンドを作ります。専用のタイラップの様にしっかりととまりませんが、これで十分ハーネスを纏めることが出来ます。

Atom575822

3組のハーネスを即席結束バンドでまとめます。

Atom575823

ハーネスを取り回して首のパーツの下に通します。

Atom575824

首の下部にはID3のサーボモーターを取り付けます。

Atom575825

ハーネスを挟みこまないように気を付けて首の後部パーツを取り付け、3か所ビスで固定します。
深いビス穴の奥の作業になるので、ドライバーはマグネット化しておかないと作業が厄介です。マグネット化したドライバーは期間が経つと磁力が弱くなるので、たまにドライバー用磁石で磁力を復活させる必要があります。

Atom575826

後ろ側の頭部フレームを被せてビス止めします。

Atom575827

更に後頭部のパーツを被せてビス止めします。

Atom575828

首から下に延びているハーネスを白テープでまとめます。

Atom575829

チューブカバーをハーネスに被せていきます。

Atom575830

チューブカバーは黒テープを巻いて固定します。

Atom575831

これで今回の作業は終了です。
あっけなく頭部が完成してしまいました。

Atom575832

ボディへの取り付けまで、またプチプチに包んで保護しておきます。

Atom575833

次号からは胴体部分の製作に入ります。
まず骨格となる胴体フレームから組み立てます。

Atom575834

15日の夜に、読者プレゼント第2弾のアトム専用チェアが届きました。

Atom575835

真っ赤なアトムの充電チェア。
座椅子みたいに低くて、椅子に座るというよりも座布団のようです。

Atom575836

後部にはちゃんとアトムのロゴが入っています。
このチェアに座らせて充電するのですが、チェア部分に電線を通すのではなく、背もたれの上の部分の窪みに充電ケーブルを通すようです。完成後まで使用することはないのですが、気分は盛り上がってきます。

長いこのシリーズも、もうあと10号ちょっと。胴体にはめ込むモニター以外にはフレームと外装くらいで、メイン基盤等の他のパーツは既に手元にあるので、毎号の付属パーツはショボくなるでしょうが、作業量はそれなりにあるでしょう。時間を掛けて楽しみたいと思います。

前回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第55号・56号 今回は特小号2号分

次回はこちら
「週刊鉄腕アトムを作ろう!」第59号・60号 胴体への両足の取り付け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第70号、第71号 ガルウィングドアの取り付け!

Bttf07007101

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。6月10日の日曜日の昼前に70号と71号が到着しました。

現在ドアの製作が続いています。ボディの外観部分に関わる部分なので、少しずつ組みあがっていくことを実感できます。まだまだ1年以上シリーズは続くので、たまに楽しいフェーズが無いとモチベーションを保てません。

Bttf07007102

まず70号から開封します。
薄っぺらいパッケージですが、少々重みがあります。

Bttf07007103

今回は運転席側のドアをフレームに取り付けていきます。
ドアの上部の内側のヘッドライナーが金属パーツです。かなり重量のあるドアを支える部分なので、素材を金属にしたのでしょう。

Bttf07007104

前号までに組み立ててきた運転席側のドアの内側に、今回のメインパーツであるヒンジ付きヘッドライナーを取り付けます。パーツ自体は金属製で丈夫そうですが、フレームへの接続部分であるヒンジ部分は弱々しい樹脂パーツなのが気になります。

Bttf07007105

ボディフレームのドアの取り付け部分の後部に、今回付属のドアダンパーを取り付けます。ドアダンパー抑えはペラペラのアルミ板なので、曲がらないように気を付けます。こんなので支えられるのかと心配になりますが、ドアを閉めるためにパーツを薄くしたのでしょう。

このダンパーは、当然ながら実車の様に油圧ダンパーになっているわけもなく、アルミパーツの摩擦が抵抗となっているだけなので、ドアを支える力はありませんでした。フロントフードのダンパーは十分に役目を果たしているのですが、ドアのダンパーはドアの重みや取り付け位置の関係でドアを支える力は無かったようです。

Bttf07007106

ドアをフレームに取り付けていきます。
ドアから伸びるLEDのコードをフレームの穴に通します。

Bttf07007107

ドアの上部のヒンジ部分の突起とネジ穴を合わせてビスで固定します。
この際、フレームをひっくり返してしまわないで、ネジ穴を合わせたら手で支えてボディを横向きのままビス止めした方がずれないように思えます。今回の作業のポイントは、このドアのヒンジ部分のビス止めにあるでしょう。

Bttf07007108

ダンパーの端をドアにビス止めします。これで今回の作業は終了です。
ダンパーの力が弱すぎでドアを開けたまま支える力はありません。

Bttf07007109

今回付属のドアサポートを差し込まないとドアを開けたままで保持できません。劇中でも実車のダンパーがヘタッていて、しばしば下がってきたドアが役者の頭を打ったとの事ですが、設計の段階で、そもそもダンパーの位置が悪かったように思えます。

Bttf07007110

続いて71号を開封します。
今回からは助手席側のドアを組み立てていきます
運転席側の時と基本的には同じ作業の為に、難しいことは無さそうです。

Bttf07007111

今回は細かいパーツがたくさん付属しています。欠品が無いかちゃんと確認する必要があります。
デアゴスティーニのシリーズではたまにパーツが足りなかったり、間違って入っていたりということがあります。ちゃんと検品はしているのでしょうが、実際に私も開封後に欠品や間違いに気づいたことは何回かあります。このシリーズでは私は幸い問題は起きていませんが、組立作業をすぐに行えなくても、届いたらまず最初に毎回ちゃんと確認することにしています。

Bttf07007112

運転席側ドアで一度行った事ばかりなので、サッサと済ませてしまいます。まずドアトリムの前後にドアロックパーツを取り付けます。

Bttf07007113

ドアロックパーツはドアトリムの内側からビス止めします。

Bttf07007114

ドア後部のドアロックも固定します。

Bttf07007115

ドアトリムのLEDを取り付ける部分にドアランプカバーを取り付けます。

Bttf07007116

ドアランプカバーの透明パーツを合わせてからドアランプ押さえを当ててビス止めして固定します。

Bttf07007117

アームレストを組み立てていきます。
まずグリップハンドルにストラップを通します。

Bttf07007118

アームレストにグリップハンドルを取り付けます。

Bttf07007119

アームレストの内側からグリップハンドルのネジ穴を合わせてビス止めします。

Bttf07007120

アームレストの上部にアームレストエアダクトを取り付けます。

Bttf07007121_2

これで今回の作業は終了です。

Bttf07007122

70号で運転席側のドアが取り付けられましたが、フロントフェンダーとのドアモールがずれていてチリ合わせが必要な事がわかります。気になるほどのズレがあります。やれやれ・・・。

Bttf07007123

次号、72号では助手席側のドアにサイドウィンドウやLEDの取り付けを行っていきます。しばらくは運転席側と同じ作業となるので、スイスイ進むことでしょう。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第68号、第69号 運転席側ドアの組み立て

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第72号、第73号 助手席側ドアの組み立て

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »