« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月20日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第102号、第103号 ゴチャゴチャディティールアップパーツの取り付け

Bttf102103001

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。1月20日の日曜日の午後に102号と103号が到着しました。

全130号のこのシリーズは100号を越えて終盤に入った感があります。大掛かりな工作は終わっており、劇中のタイムマシンとしてのゴチャゴチャトしたディティールアップを残すのみとなっています。非常にパーツを小出しにして、のんびりと工作を続けていくことになります。

今回の2号分は、前回の100号、101号とほぼ同様の作業の繰り返しです。ボディサイドに取り付けるコードやケーブルが付属します。

Bttf102103002

103号に、前回も案内があったリアのLEDボードの再提供についての文書が入っていました。私の模型は特にリアのLEDの不具合を感じていないのですが、どうやら交換した方が良さそうな感じです。分解作業をするかどうかはもう少し考えます。

Bttf102103003

102号から開封します。
今回もチマチマ小さくて軽いパーツばかりです。

Bttf102103004

左右の違いはありますが。100号とほぼ同様のパーツ構成です。

Bttf102103005

右フロントに、成型加工された樹脂製のケーブルを取り付けていきます。先端にプラグのパーツを差し込みます。

Bttf102103006

プラグを右フロントフェンダーのジャンクションボックスにビス止めします。ケーブルの突起はボディの穴に差し込みます。

Bttf102103007

4色コードの先のコネクターをジャンクションボックスに差し込み、結束コードを使ってコードにケーブルを束ねていきます。結束コードは前回のものも余っているので、そちらかた使い切っていきました。

Bttf102103008

合計5か所結束コードで束ねていきます。

Bttf102103009

これで102号の工作は終了です。
103号は少し時間が掛かりそうなので、102号はサッサと終わっておきます。

Bttf102103010

続いて103号を開封します。
今号も101号と同じようなパーツ構成です。

Bttf102103011

引き続き、ボディの右側に取り付けるコードやケーブル類です。エッチングのメッシュのパーツのみ金属製となっています。

Bttf102103012

まずチューブにメッシュを巻き付けてビス止めします。
ボディサイドの下部に配置するこのパーツ、金属エッチングパーツの為、とても良い質感となっています。

Bttf102103013

きれいに巻きつけて3か所ビス止めします。

Bttf102103014

メッシュを巻き付けたチューブの両端からチューブブラケットを差し込み、ボディの下部にビス止めして固定します。

Bttf102103015

ボディの後部に樹脂製のケーブルのパーツを取り付けます。
外れやすいので、ほんの少し瞬間接着剤の力を借りました。

Bttf102103016

既にボディの後部に取り付けてあった4色コードを解いてボディサイドから出します。

Bttf102103017

先程取り付けたコードに、結束コードを使用してケーブルを束ねます。

Bttf102103018

前後の4色コードを、チューブに差し込む部分を残して切断します。

Bttf102103019

メッシュを巻いたチューブに、コードとケーブルを差し込んで今回の作業は終了です。100号と101号で行ったばかりの作業なので、サッサと終わることが出来ました。ゴチャゴチャとしたディティールアップパーツを取り付けていって、だんだん仕上がっていくのは楽しいものです。

Bttf102103020

この模型では、タイヤを横に回転させてホバーモードにするギミックがあります。しかしそのタイヤの位置に違和感があります。

102号の冊子の10ページに、劇中のホバーモードのデロリアンのタイヤの位置が良く判る画像がありました。パート2の2015年の時の映像のキャプチャです。
横倒しになったタイヤは、バンパーの少し下の辺りに位置しています。

Bttf102103021

そして我らがデロリアンの模型のホバーモード。
横倒しのタイヤの位置が低すぎます。しかも内側に寄り過ぎていて、映画の中のデロリアンとははっきりと異なります。

こんなホバーモードは必要なかったのではないかと思います。ミスターフュージョンも付属しているので映画のパーツ2の状態を再現できるようにしたかったのでしょうが、格好悪くて見て居られません。しかもタイヤを通常位置に固定するのは小さな磁石。磁力が弱くて油断をするとホバーモードになってしまう状態です。

タイヤは通常の状態で固定したいものです。回転軸のビスをきつく締めてもすぐに緩んできてしまいます。磁石の部分にエポキシ系の接着剤を使えば接着できるでしょうか。考えてみたいところです。

Bttf102103022

次号の104号では、ルーフ左側のジャンクションボックスを取り付けます。LEDから導光するための光ファイバーも設置するようです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第100号、第101号 年の初めの飾り配線の配置作業

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第104号、第105号 ルーフ左右のジャンクションボックスの取り付け

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第100号、第101号 年の初めの飾り配線の配置作業

Bttf10010101

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。1月6日の日曜日の昼前に100号と101号が到着しました。今年最初のデロリアンの工作です。

サッサと組み立てたかったのですが、今日は職場の新年会等忙しく、なかなか開封できませんでした。それに午前中は部分日食を観測していたりして、結局夜になってからの工作となっています。今回はチマチマとした飾り配線の配置ながら結構時間を要する作業です。じっくりと取り組む必要があります。

201901062

今日の午前10時に最大食となった部分日食を撮影しました。薄曇りのためになかなか太陽が姿を見せずという状態でしたが、時折きれいに欠けた姿を現してくれました。ND400とND8の減感フィルターを重ねて使用し、マニュアルで露出を段階的に変えながら撮影しています。年の初めに楽しい太陽観測が出来ました。

Bttf10010102

さて、今年最初のデロリアンの工作を開始します。
100号を開封すると、92号のLEDボード・コードの再提供についての案内文書が入っていました。リアランプのLEDの点灯が不安定になるために、それを改良するためのパーツを今後提供するとの事。私の組んだデロリアンは、別に何の不具合も感じていませんでしたが、当初のパーツには問題があるようです。今後の情報を確認して、パーツを交換するかどうかを考えたいと思います。

Bttf10010103

100号から開封します。
区切りの良い100号のパーツは、デロリアンのフェンダーに取り付ける飾りコード等です。小さな軽いパーツばかりです。

Bttf10010104

今号では、ボディの左フロント側にコードやケーブルを取り付けていきます。劇中のタイムマシンとしてのデロリアンの飾りパーツです。

Bttf10010105

まず、成型樹脂パーツのケーブルに、シルバー塗装されたプラグを取り付けます。このパーツは差し込むだけで一応固定されますが、外れそうなときは瞬間接着剤を使用したいところです。

Bttf10010106

プラグを取り付けたケーブルを、左フロントフェンダーの取り付け位置にはめ込みます。外れやすいので、これも最終的には接着したいものです。

Bttf10010107

プラグをジャンクションボックスにビス止めします。

Bttf10010108

ジャンクションボックスの後部の穴に、コネクタ付きコードのコネクター部分を差し込みます。

Bttf10010109

瞬間接着剤を少量使用して外れないようにしました。

Bttf10010110

ケーブルとコネクター付きコードを合わせて結束コードで束ねます。

Bttf10010111

束ねて余った部分はニッパーで切断します。

Bttf10010112

合計6か所、結束コードで束ねます。
コクピット内部のコードを束ねた時は、非常に大きくて不細工な結束バンドを使用していたので、車外の目立つところもまさか結束バンドを使用するのかと心配していましたが、目立たない結束コードで束ねるとの事で安心しました。

コクピット内も、出来ればこの結束コードを使用する方法にして欲しかったものです。今からでも目立つところは改良したいものです。幸い、今回使用する結束コードは結構余ります。

Bttf10010113


これで今回の作業は終了です。

Bttf10010114

続いて101号を開封します。
今回も軽くて小さなパーツばかりです。

Bttf10010115

今回は、前号に引き続きボディの左側への飾りパーツの取り付けです。

Bttf10010116

まずドアの下に取り付けるチューブの作成です。
樹脂パーツのチューブに、金属製のメッシュを巻いていきます。このメッシュは細工の細かいエッチングパーツです。目に付くポイントにこういった金属製の質感の良いパーツを使用するというのは、この模型の良い特徴であると思います。

Bttf10010117

メッシュを丁寧に巻き付けていきます。

Bttf10010118

メッシュをチューブに巻き付けたら、3か所ビス止めして固定します。

Bttf10010119

メッシュを巻き付けたチューブの両端に、チューブブラケットを差し込みます。

Bttf10010120

ボディを持ち上げ、ボディパネルのビス穴にブラケットのビス穴を合わせてねじ込んで固定します。チューブにメッシュを巻いて固定した側が表から見えない様に気を付けます。

Bttf10010121

樹脂の成型パーツである後部のケーブルを取り付けていきます。こちらは接着しなくても差し込むだけである程度固定されました。

Bttf10010122

コードホルダーに4色コードを取り付けます。
組み立てガイドではコードホルダーをボディに取り付けてからコードを差し込む方法が書かれていましたが、それは非常に難しい作業の様に思えたため、予めコードホルダーにコードを固定してからボディへの取り付けを実施することにしました。

Bttf10010123

コードホルダーのへこみに合わせて8本のコードを接着していきました。瞬間接着剤は使いすぎると白化するので、ごく少量を塗布するようにします。コードのはみ出た部分はニッパーで切断しました。

Bttf10010124

コード8本を接着したコードホルダーを、ボディに取り付けてビスで固定します。

Bttf10010125

束ねてあるコードを、樹脂パーツのケーブルに沿わせて結束コードで束ねます。

Bttf10010126

合計4か所結束コードで束ねて固定します。

Bttf10010127

束ねたコードの先をニッパーで切断してからメッシュを巻いたチューブの両端に差し込みます。
コードは前後で切れて繋がっていないのですが、まるでチューブの中を通っているように見えます。

Bttf10010128

これで今回の作業は終了です。
外付けされた飾り配線が、ゴチャゴチャとした雰囲気を出しています。
劇中のデロリアンに比べてコードが太くて目立つ感じですが、模型としてはメリハリがついていた方が楽しいものです。

Bttf10010129

次号、102号と103号では、今回と同様の作業をボディ右側で行います。

100号以上続くパーツワークは初めてです。まだ残り29号。今年の夏まで続きます。焦らず丁寧な作業をしていきたいものです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第98号、第99号 今年最後のデロリアンの工作となりました

次回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第102号、第103号 ゴチャゴチャディティールアップパーツの取り付け

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »