« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第118号から130号まで、お盆休みの作業でボディ本体は完成! | トップページ | 隔週刊JAL旅客機COLLECTION創刊号 掌に乗る航空機模型が付属 »

2019年8月14日 (水)

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第118号から130号まで、中断したけどシリーズ完了!ちょっと寂しい・・・・

Bttf1181300301

デアゴスティーニの週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンの話題です。

今年の4月下旬からの埼玉県朝霞市への転勤による単身赴任に伴い、残り13号で3カ月間中断していたデロリアンの工作も、お盆休みの帰省時のまとめての作業でいよいよ完成にまで持ち込めることになりました。

パートワークは長年色々なものに取り組んできましたが、全130号というのはこれまでで最長です。このシリーズは毎回の作業が僅かで、もっと早く終わらせても良いものを細く長く伸ばしているかのような印象を持っていますが、それでも振り返ると全体では相当な作業量だったと思います。パーツ数は最多でしょう。工作の難易度自体は、これまで手掛けてきた他のシリーズと比較して、それほど高いものではありません。私の様に塗装しなくても、素組みである程度の出来栄えに出来ます。海外設計のシリーズなのでパーツのエラーは少しありましたが、デアゴスティーニさんのサポートは迅速なのでペースを乱すこともありませんでした。

今回は127号から130号までの4号です。これでシリーズ完結です。126号まででデロリアンの本体部分は完成しているので、残り4号で映画の序盤の小道具のひとつであるプルトニウム燃料のトランクを作ります。

Bttf1181300302

こちらは4号一気に組み立てることが出来ます。本体に取り付けるものでは無いので、片付け仕事の様な気分です。

Bttf1181300303

まず127号から129号までの3号分を開封します。この3号でトランク部分が完成します。作業内容は省略します。パーツを当ててビス止めするだけです。

Bttf1181300304

作業自体は非常に簡単。予めパーツには詳細な塗装が施されているので、最終段階の簡単な組み上げを行うだけです。

Bttf1181300305

内部には12本のプルトニウム容器を収納する穴が空いています。穴の底にはスポンジが敷かれています。結構細かいところまで作り込んであります。

Bttf1181300306

最終号の130号では、劇中のタイムマシンのデロリアンの燃料となるプルトニウムの容器を組み立てます。映画のパート1のクライマックスに登場するドクの目覚まし時計も付属しています。もともと非常に小さな目覚まし時計なので、8分の1スケールだと失くしそうなほどカワイイ小道具です。プルトニウムトランクよりもこちらの方が劇中での存在感はあったかもしれません。

Bttf1181300307

プルトニウム容器の本体と蓋を組み合わせます。
蓋ははめただけだとすぐに外れてしまいます。組み立てガイドには瞬間接着剤を使用する旨書かれていますが、透明樹脂は白化が目立つので、私は前回までの工作で使用した水性ボンドのアクアリンカーを引き続き使用しました。接着力は弱くて力が加わると外れてしまうかもしれませんが、これは白化する心配がありません。

Bttf1181300308

12本のプルトニウムロッドにはコーションステッカーを貼りつけます。紙製のシールなので、その内剥がれてきそうです。

Bttf1181300309

トランク内にプルトニウムの容器を入れ、燃料棒のプルトニウムロッドを差し込みます。

プルトニウム容器を取り出すと、下の穴からプルトニウムロッドがすり抜けてトランク内に落ちてしまいます。デロリアンに燃料補給する場面は再現できないので、プルトニウムロッドの下部を接着してしまう方が良いかもしれません。プルトニウム燃料を取り出して楽しむっていうことは無く、このトランクに入れっぱなしになってしまうでしょう。

Bttf1181300310

付属の目覚まし時計です。
小さいですが、よく出来ています。映画のパート1のクライマックスに登場します。デロリアンのダッシュボードに置かれている状態を再現できます。それからのパート2、パート3の続編にも、ちゃんとダッシュボードに置かれていることが確認できる場面があります。


時計の針は10時8分頃を差しています。
パート1のクライマックスを再現するならば10時4分にして欲しいものです。細かい詰めが甘いのか、あるいは私が良く判っていないだけで、10時8分の時計に意味がある場面があるのかもしれません。

ともかくこの時計の強烈な印象は、パート1の1955年から1985年へのタイムトラベル時なのは他の方も同じかと思います。ぜひダッシュボードに設置したいのですが、ドアを開けて置こうとすると、ピンセットを使用しないと届きません。それに接着しないと車内に転がり落ちます。

しばらくは単体で眺めて楽しむことにします。

Bttf1181300311

長い中断を挟んで、ようやくシリーズ完成となりました。一応、映画のパート1のデロリアンのタイムマシン登場時の姿となります。

全長52.7cm、両手でしっかり持たないと運べない大きさです。ゴチャゴチャとした映画用の飾りパーツの存在感もなかなかのものです。

Bttf1181300312

「OUT A TIME」のナンバープレートは、ドクの愛犬のアインシュタインを乗せた1分後への最初のタイムトラベルの時に外れてしまうので、本当に最序盤の姿ということになります。迫力あるリアビューを見ていると、映画のテーマソングが頭の中でリフレインします。

Bttf1181300313

金属製のボディのヘアライン加工はなかなか良い味を出しています。ボディを這うコード類の多くは飾りです。この後付け感が楽しい。

Bttf1181300314

最終号で完成したプルトニウム燃料トランクは映画の最初の方に登場するだけです。その隣に置いたミスターフュージョンと一緒に登場することはありません。

プルトニウム燃料トランクは、最初のタイムトラベル時にデロリアンにプルトニウム燃料を入れる時と、映画のオープニングの、マーティーがぞんざいにスケートボードを転がした時にぶつかっている場面を思い起こします。その後のタイムトラベルでの重要な役割があるのですが、ミスターフュージョンによってゴミから大きなエネルギーを得ることが出来る様になってからは必要のないものとなりました。

Bttf1181300315

組み立て中の点灯実験にて消耗してしまっていた電池を交換して、電飾のテストです。パワーコイルの光ファイバー部分は導光させる仕組みなので少々暗いですが、部屋の照明を落とせば十分に楽しむことが出来ます。ヘッドライトは4灯発光します。ハイビーム状態という事にしておきます。映画は両端の2灯のみ点灯している場面が多いのですが、パート2ではホバーモードでの飛行中に4灯光っている場面が確認できます。

Bttf1181300316

リアビューです。
私はリアコンビランプのLEDボードを改良品に交換していませんが、一応光るしブレーキ連動しているのでこのままで良しとしておきます。リアドラムの電飾も、うっすらと見えます。

Bttf1181300317

コクピット内も煌びやかに光ります。
普段使用しているカメラ(ニコンD7500)を単身赴任先の家に置いているので、今回は以前使用していて自宅に残してあるD90を使用して撮影しています。暗いところの撮影では少々厳しい・・・。でも帰省の度に毎回一眼レフを持って帰るのも面倒なので仕方ありません。

Bttf1181300318

フラックスキャパシタもちゃんと光っているのですが、D90では上手に撮影できません・・・以前はD90でも十分に使えていたのですが、更に高感度に強いカメラを使ってしまうともどかしくなります。

Bttf1181300319

一部光らなくても再分解はしないつもりでしたが、一応、電飾はうまく動作している様子です。
部屋を暗くして楽しんでいると、映画の場面を思い起こして楽しめます。

Bttf1181300320

飾り配線はコードが太すぎるのですが、模型らしいメリハリが付いていて、これはこれで良いと思います。コクピット内の計器類の照明も、きちんと光りました。

Bttf1181300321

自宅に保管しているトヨタ2000GTの模型と並べると、今回のデロリアンの存在感と細部の細かさに圧倒されます。トヨタ2000GTは10分の1スケール、デロリアンは8分の1スケールなので縮尺が異なります。トヨタ2000GTも、同じ8分の1スケールで出して欲しかったものです。10分の1スケールというのは、模型の世界ではあまり例が無いからです。とはいえ、今から8分の1スケールのトヨタ2000GTのシリーズが発売になっても、少しのスケール違いのものをもう一つ作る気力はありません。カウンタックやフェラーリ・グランツーリズモとも並べてみたいものですが、実家に置いてもらっているので手元にありません。いずれ4つ並べて撮影します。特にカウンタックはこのデロリアンと同じ8分の1スケールなので、早期に揃い踏みを実現したいものです。

Bttf1181300322

リアクターベースの4本のコードを外すと、リアクターディスクのパーツをミスターフュージョンに交換することが出来ます。バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画3部作を通してだと、この方が印象深いスタイルになりますが、ナンバープレートとの矛盾点が出てくるので、しばらくはリアクターディスクを置いた映画の登場時の姿を表現しておこうと思います。

長らく続いたシリーズもこれで終了となってしまいました。転勤になってから早く帰った時に工作を再開したいとしきりに思っていましたが、完成してしまうとあっけないものです。映画のパート3の線路上を走る姿を表現するパーツが追加で発売になっていますが、私は買いません。ホイールが横倒しにならない様にエポキシ系接着剤でガッチリと固定してしまっているからです。

また専用のアクリルケースはディスプレイベース等も買わず、さりげなく書棚に置いておこうと思います。
今は単身赴任先で工作の道具も無いので、新しいシリーズに挑戦するチャンスがありません。定期的に少しずつ工作を続けるのは忙しい毎日の生活の中でとても楽しみな瞬間なので、いずれなにかチャレンジをしたいと思います。魅力的なシリーズが発売になれば手を出してしまうのでしょう。

今後帰省する機会には、手入れと埃落としをして手入れを続けていきたいものです。

前回はこちら
週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第118号から130号まで、お盆休みの作業でボディ本体は完成!

|

« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第118号から130号まで、お盆休みの作業でボディ本体は完成! | トップページ | 隔週刊JAL旅客機COLLECTION創刊号 掌に乗る航空機模型が付属 »

ミニカー」カテゴリの記事

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
完走お疲れ様です。
130号だけあって、流石の仕上がりですね。
しばらく次の作品には取りかかれそうになさそうですが、次に考えているものはあるのでしょうか。
また拝見させて頂きます。
転勤で何かと大変かと思いますが、体調にはお気を付け下さい(^-^)

投稿: お茶のみづ博士 | 2019年8月16日 (金) 15時47分

お茶のみづ博士さん、こんにちは。

再開したくてウズウズしていたデロリアン、あっけなく終わってしまいました。毎回の作業は決して難しくなく割と簡単なシリーズでしたが、130号もの分割に手パーツ数はこれまで挑戦したものの中でも最多なのは間違いありません。

転勤先の社宅では工具等ありませんし、また揃えるのも無駄になります。あまりモノを増やしたくない気持ちもあります。とはいえ仕事に支障のない最低限の生活では楽しみが無いのも事実です。ココロの健康を保つためにも思わず手を出したくなるようなシリーズの発売を待っております。

投稿: YUJI | 2019年8月16日 (金) 17時38分

デロリアン完成おめでとうございます。
Eタイプも2/3が終わって形になってきました。
これ以上モノを増やす訳にいかないのでディスプレィモデルはこれが最後かなと思っています。
と言いつつゴジラの創刊号を買ったりしています。(URL)
もちろんやるつもりはありませんが。

投稿: カズキ | 2019年8月28日 (水) 19時36分

カズキさん、こんばんは。

ゴジラ創刊号、ロビ君のカブリモノピッタリで笑わせていただきました。さすがですね!

デロリアン、一気に完成させました。130号と長かったのですが、ラスト13号はあっという間でした。埼玉で工作をするにも道具も何にもないので新シリーズ手掛けられません。しばらく私もお休みです。作るは良いけれど、持って帰るときの事を考えると二の足を踏みます。池袋辺りの模型屋さんには見に行きたいと思っているのですが。

ゴジラの創刊号、私も書店で見ましたが、その時は電車で出かけていたのであまりの大きさに持って帰れそうもなく、まだ買っていません。下顎の無いゴジラの頭部だけあっても仕方ないので、今回は創刊号もパスになりそうです。

投稿: YUJI | 2019年8月28日 (水) 20時43分

ゴジラの創刊号、他に転用できるのは瞬間接着剤くらいですからね。
高い瞬間接着剤ですが。
まぁゴジラとは同い年のよしみという事で

投稿: カズキ | 2019年8月28日 (水) 21時00分

jeep  110号を迎え、完成しますが、さすがアシェット、様々な 当時のweaponを加えて150号まで延長するそうです。 勿論 車と関係ないので止めますが、多分 最後の模型となる今回のtry チョット残念です。 YUJIさん、カズキさん 今後のtry 楽しみにしています。

投稿: honest | 2019年9月 7日 (土) 21時39分

honestさん、こんばんは。

jeepもうすぐ完成ですね!延長すると150号になるとは空前の大シリーズとなりますね。車の模型はせいぜい100号が限度だと思います。余程の思い入れが無いと続けられません。

今後のシリーズは未定です。現在の単身赴任の状態では腰を据えて取り組めないですね。とても魅力的なシリーズが出ればわかりませんけれど・・・

投稿: YUJI | 2019年9月 7日 (土) 23時17分

はじめまして〜☆
完成おめでとうございます!

130号は流石に長かったですね、、、
私も一度に40号分素組みで組みましたが相当な組み立て量で、一度にこれは無理だと思いました汗
その甲斐あって完成した作品は重量もサイズも持ち運ぶことが難しいくらい凄い作品ですね!

お疲れ様でした!

投稿: とっし〜30 | 2019年9月14日 (土) 12時57分

とっし〜30さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

40号分一気に!それは相当な作業量でしたね。私は簡単な終盤の13号だけだったので問題ありませんでしたが・・・。

これまでに経験したことのない長丁場でしたが、細かいディティールを見ていると満足感を得られるものに仕上がったと思います。いつも手元に置いておきたいものですが、長距離移動するのは困難ですね。

投稿: YUJI | 2019年9月14日 (土) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアン第118号から130号まで、お盆休みの作業でボディ本体は完成! | トップページ | 隔週刊JAL旅客機COLLECTION創刊号 掌に乗る航空機模型が付属 »