趣味

2009年2月 1日 (日)

デアゴスティーニの新シリーズ「安土城をつくる」創刊号は豪華絢爛

0101_2

創刊号特別価格590円につられて買ってしまいました。
デアゴスティーニのパーツ付きクラフトマガジン「週刊 安土城をつくる」の創刊号です。

デアゴスティーニ「週刊 安土城をつくる」
http://www.de-club.net/azc/

現在、デアゴスティーニのクラフトマガジンは、「週刊 蒸気機関車C62をつくる」(全100号予定、現在72号)と、「週刊 フェラーリ・グランツーリズモ」(全65号予定、現在21号)の二つを購読しており、更にコレクションのシリーズとして妻のために「隔週刊ピーターラビットコレクション」(全60号予定、現在42号)も続けています。
これ以上、購入しても製作する場所も保管する場所も無いので、2号以降を購入する予定はありません。

しかし、1月20日放送のTBSの「オビラジR」で、「デアゴスティーニに魅了された男」として紹介を受けた以上、チェックはせねばなりません。付属のDVDの内容が結構良いとの評判を聞いていたので、お得価格の創刊号を手に取ったしだいです。内容検分した結果から言って、このシリーズの創刊号は豪華絢爛で、DVDだけでも買った価値があるといえます。

0102

内容は、いつものデアゴスティーニのシリーズの創刊号と同じようなスタイルです。
全14ページのペラペラの本冊子と、見開きページが付いた全20ページのシリーズガイド、創刊号用の魅力的な部分のパーツ、そして模型解説DVDです。

0103

全110号予定のこのシリーズでは、1/90スケールの巨大な安土城の天守閣を作成します。完成までには2年以上を要します。
高さ53cm、横幅58cmの巨大な模型で、置き場所に困ること間違いありませんが、迫力はあることでしょう。室内まで作りこむことが特徴で、完成後もパカッと縦に開いて内部を観察することが出来るようです。

0104

創刊号のパーツは、いつもながら豪華な構成です。
まずは最上階の6階部分からの組み立てです。多くのパーツは木製で、今回はてっぺんに取り付ける金鯱や、破風屋根の装飾のためのエッチングパーツが付属しています。また、ご丁寧に少量ながら木工用ボンドや紙やすり(240番)も入っています。590円の価格では考えられない構成ですが、これから号が進むにつれ付属パーツがどんどんショボくなっていって帳尻を合わせていくことでしょう。

0105

今回のシリーズの特徴として、大方のパーツが木製であること、そして自身で塗装することがあげられます。難易度は少し高めと思われます。
パーツを削ったりすることもあるようで、ほとんど難しい工作の無いフェラーリよりはずっと難しそうです。塗装用具としてクレオスのラッカー塗料が紹介されています。でも、漆塗り部分を光沢黒のスプレーで上手に表現できるかどうかは不明です。工作する人の工夫が生きるともいえます。

0106

最初は最上階の6階部分の屋根の骨組みからの製作です。
付属のDVDを見ると、梁部分も本物の城の建築のように組み合わせて製作するようです。但し、屋根瓦は樹脂パーツ製。しかも自身で斜め断面にカットする指示なので、失敗する人が多そうです。屋根瓦の質感もいまいちで、ここは塗装必至でしょう。C62のように非常に苦労するシリーズであることが、創刊号を見るだけでも予想できます。ひょっとしてC62以上に時間と改良を要するかもしれません。何れにせよ今回は手を出せません。

0107

デアゴスティーニのクラフトマガジンには毎度付属する模型解説DVDが付属しています。今回のDVDは珠玉の内容であると思います。

試作品をさまざまな角度から紹介して模型の魅力を紹介したり、序盤の6階部分の組み立て解説があったりするのは他のシリーズと同様です。それに加えて「安土城の時代」という、安土城の歴史や城の構造について、安土城跡の映像を織り交ぜながら解説しているコンテンツは、激動の戦国時代を駆け抜けた織田信長の生涯を復習する上でも、非常に興味深い内容です。繰り返し見たくなる一枚です。

空前絶後の豪華な安土城の模型の創刊号は、やはり豪華絢爛でした。
購読しないのでパーツは無駄になってしまいますが、1/90金鯱だけは飾っておいても良いかもしれません。

01

この創刊号のDVDを見ながら飲むのが、私の地元岡崎の丸石醸造の純米大吟醸「徳川家康」、正月に妻の実家に行った時に、義父から頂いて大切に取っておいたお酒です。
信長の安土城を見ながら、ライバルの家康のお酒を飲むとは節操無いことこの上ありませんが、とにかく素晴らしいお酒を飲むときには理由は無いのですよね・・・。厳選した山田錦を40%にまで精米して作った究極の大吟醸、水のようにするすると飲めてしまうので、要注意です。

02

ちなみにこの純米大吟醸の「徳川家康」、家康の誕生日の12月26日に桐箱入りで出荷される特別版があります。こちらも頂きましたが、私の実家の方に持って行きました。ちなみに味は私が判断する限りは両方とも同じです。

戦国時代に思いを馳せながら、温めた部屋の中で最高の冷酒を飲んで冬の夜は暮れていきます。暦の上では春はもうすぐです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

ファーム富田のラベンダーオイル

Eo

以前、香り商品の輸入開発を担当していたので、今でもアロマテラピーは結構好きです。

今年の6月に北海道に旅行に行った際、富良野のファーム富田で買ってきたラベンダーのエッセンシャルオイル、やわらかくってとても良い香りで、継続的に使用しています。

Photo

左の大きなビンは、ラベンダー4種をブレンドしたオイル30ml、2625円。左は、“おかむらさき”といった特にやわらかい香りの花だけ使った限定品、7ml、1680円。
今のエッセンシャルオイルの価格の相場はわかりませんが、品質から判断して、とても安い。

安いラベンダーのエッセンシャルオイルは、ラベンダーに近種の安い“ラバンジン”を大量に入れて使っているので、独特のカンファー臭(樟脳臭)がして、鼻にツンと来るのですが、ファーム富田のものは純粋なラベンダーの香りのみです。深く吸い込んでも清々しい。

6月にファーム富田を訪れた時には、大小6本のエッセンシャルオイル(精油)の他に、ルームフレグランスやドライハーブ、入浴剤(バスタブレット)など総額2万4千円程度購入してきたのですが、お土産などで人に差し上げたりして足りなくなり、ネットで追加注文しなくてはならなくなっています。

ファーム富田
http://www.farm-tomita.co.jp/
071-0704 北海道空知郡中富良野町北星 TEL0167-39-3939

01
私が訪れた6月中旬には、まだ花は咲いていなくて、つぼみの状態でした。
広くて気持ちの良いラベンダー畑です。南面に広がる斜面を利用して、複数の種類のラベンダーが栽培されています。花の咲いている次期は香りが素晴らしいことでしょう。咲いていない次期でも香油を蒸留している香りが辺りに広がっていて良い気持ちになれます。

02

売店には自社開発商品がたくさん並びます。

ここの商品の全ての香りが、とにかくやわらかく心地良い。こんなに高品質で清冽なラベンダーオイルは経験がありません。 アロマに詳しい方から見ると、どうなのかは判りませんけれど。

私も以前は一応、香りを仕事にしていましたので、良きも悪きも様々な商品を見てきています。系統だった勉強をしたわけではありませんが、パヒューマーの先生方と一緒に仕事していましたから、門前の小僧習わぬ経を読む状態ではあります。
百貨店に多く入っているハーブのブランドでも、かな~りいい加減で不誠実なものもたくさんあります。名古屋のロ○トや東○ハ○ズなどに置いてあるエッセンシャルオイルの中にも、正直、相当問題のあるものがあります。わかってます。仕入れてましたから・・・。

また、保存状態が悪いと劣化します。ラベンダーは結構強くて数年は大丈夫ですが、開栓したらできるだけ冷蔵庫へ。マニアは香油専用の冷蔵庫を持っています。

私は趣味としての香水は使いません。でも部屋の香りには結構こだわります。普段は、ベルガモットやグレープフルーツ等の柑橘系で集中力を高めています。模型作り等、細かい作業をするときにも有効です。

自室にいるときに、アロマランプを使って楽しんでいます。最近はもっぱらこのラベンダーオイルを焚くことが多くなってしまいました。
ラベンダーの主な効能には鎮静効果があります。
リラックスし過ぎてまったく仕事にならず、今日はすっかり昼寝してしまいました。効果は抜群・・・。消炎効果もあるので、のど・鼻の調子も良くなります。
寝室でも焚いているので、夜はドラえもんの、のびたの状態(1.2.3グゥ)です。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年8月31日 (金)

プリムスIP-2245

2245

プリムスの小さなランタンに10数年ぶりに火を入れました。やわらかい明るさです。

お盆休みに半田の実家に帰っている時、天井裏の掃除をしていて、昔キャンプによく行っていた時代の道具がたくさん出てきました。独身時代のものなので、結構な海外アウトドアブランド物ばかりです。ザ・ノースフェイスのテント、フランスのラレマンドのロールテーブル、イギリスのマクラーレンのガタパウトチェア、コールマンのパワーハウスツーバーナー、ワンマントルランタン等。若いころは欲しいものを見境無く買っていたのですね。

昔は道具を使うためにキャンプに行っていたのだということが良くわかります(笑)。

おそらく当分、使うことは無いと思うので、きれいにまとめて再び封印(笑)。

でも、小さなプリムスのランタンはかわいいので持って帰ってきました。スウェーデン製のIP-2245。もっぱらバイクツーリングの際に持っていったものです。小さすぎてあまり明るくはありませんが、同じくプリムスのストーブIP-2243(携帯コンロ)ですっかりパワーが落ちてしまったガスカートリッジでも十分使える省エネタイプで、非常にガスが長持ちして重宝した思い出があります。

22452

マントル(発行部分)は既にぼろぼろになっていたので、早速スポーツオーソリティーでガスカートリッジと一緒に替えマントルを買ってきていました。2枚組で565円。ガスカートリッジはパワータイプで546円。更にコンパクトになっていたIP-2245Aの新しいタイプも置いてあり、昔よりもずっと安く、7000円程度で売っていたので、思わず買って帰ろうかと思いましたが、本末転倒なので思いとどまります。

今日、ようやくマントルを取り付けて点火。使わずに1314年の時を経ていても目詰まり等の修理の必要も無く、すぐ使えたのは立派。災害非常用品の中に入れておきます。ガス1本で数日間は使えるので、懐中電灯よりもずっと頼りになるでしょう。停電も怖くない!

でも、ガスを燃やしているので、当然ながら部屋の中で点けていると結構熱を出します。暑いです。夏の停電時には辛いでしょう。やっぱり屋外用なのですよね。提灯のようにぶら下げて散歩してみたくなります。でも、うれしがりの変な人になってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年8月12日 (日)

インドアプレーン「エアロソアラ」

1

岡崎のエイデンに行ったら、トミーの赤外線コントロールのインドアプレーン、「エアロソアラ」が山積みになって750円で売っていました。定価は2625円なので、やたらと安いです。Amazonでも2480円で売っている。エイデンの在庫処分かな?

半田の実家に遊びに来ている小学3年生の甥っ子のお土産に良いと思って購入。ついでに自分の分も買う。AバンドとBバンドの2種類の周波数があるために、飛ばしあいができるかも・・・。

室内用のラジコンは、4月にヘリコプターの「ハニービー」を買って、今でもたまに遊んでいます。

Photo Photo_2 Photo_4
これはなかなか面白くて、しかも強化発泡スチロールの機体は丈夫で壊れません。6畳間の私の自室でも、結構コントロールしながら遊ぶことができます。1回充電すると5分以上飛ばせるのもgood。飽きないおもちゃです。ビックカメラ名古屋駅西店で3680円。今でも3500~4000円くらいが市場価格です。

2 3

それで、今日格安で買った「エアロソアラ」、10gのハニービーより更に軽い僅か3.5g。強化していないペラペラの発泡スチロール製です。壊さないように慎重に箱から取り出します。
単3アルカリ電池3本をリモコンに入れて本体を接続して充電。充電時間は僅か40秒程度。スイッチを入れるとプロペラが「軽~く」回るので、ゆっくり手で押し出してリリースします。

しかし、飛びません。すぐにつんのめって墜落!何度やっても同じ。しかもエアコンの風であおられてひっくり返るので、エアコンを切って再チャレンジ。30秒足らずで電池切れになります。

こんなにもたない電池は何なのかと機体を良く見ると、ハニービーのリチウムポリマー電池とは違い、ただのコンデンサの様子。ペラペラの弱く安っぽい機体といい、相当に安作りです。

エアコンoffの暑い中汗だくになりながら、尾翼の向きを調節してなんとかまっすぐ飛ぶようになったものの、部屋が狭すぎて滞空時間は2秒と持ちません。プロペラの回転と関係なく、紙飛行機を飛ばしている感覚です。

結構、スピードが出るのでコントロールするにはとても広い部屋が必要です。しかも、あまりに弱い材質のため、30分ほどで垂直尾翼が折れてしまいました。マスキングテープで補強するも、主翼や胴体もどこもかしこもどうにもヤバイ。

狭い部屋で遊んでいたら、きっと今日1日で壊れます。壊れる前に飽きそう。商品コンセプトはいいのに、出来が悪すぎます。ハニービーとは天地の違い。

飛ばしているときの感覚として、抵抗になるプロペラを取り外してしまって、軽量紙飛行機として手で飛ばして遊んだほうが楽しいのじゃないかと思ってしまいました。

処分価格の理由がわかった気がします・・・。小3の甥っ子のお土産としてはちょっとかわいそうなので、改めて彼の地元の日立では手に入らない名鉄電車の模型を買ってきました。甥っ子も私の影響か電車好き!最初からそうしておけばよかった。

おじさんからのお土産というのは、毎回苦労します。中1の姪っ子のお土産は妻に任せておけば大丈夫なのですが、男の子のは私が捜さないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)