2016年5月29日 (日)

BMW 218i Mスポーツ 安全楽チンなファミリーカー然ながらやっぱりBMWでした

我が家のE87 BMW118iが車検の為に、購入時からずっとお世話になっている太平オートさんに入庫しました。普段、ほとんど妻しか運転しておらず、とりあえずは何の不具合も感じないのですが、車検のついでに今後の予防修理も含めてしっかりと見ておいて頂きました。もう新車登録後11年も経っています。

太平オートさんの岡崎支店が拡張の大改装ために9月末あたりまで一時クローズするとの案内を聞いていたので、本店の豊橋まで持っていかねばならないかなあ、と思っていました。自宅まで代車持って取に来いっていう程のお大尽じゃないし、点検の度にディーラーのショールームに行って最新のBMWを見るのが密かなヨロコビでもあったからです。

車検の予約をする際に聞いてみると、岡崎市内に正規認定中古車のショールームがあるので、そちらに持っていけばローダー用意して豊橋まで回送し、車検期間の約1週間の代車もそちらで用意するとのこと。認定中古車のショールームは自宅から車で5分掛からない程の距離。そりゃ便利。並べられている認定中古車を見るのも楽しみです。

218i01_2

車検期間の1週間お借りする代車は、白いBMW218i Mスポーツ。通称アクティブツアラーでした。まだ2,800kmしか走っていないバリ物の新車。プンプンと新車の匂いが漂っています。

左から、今回車検を受ける我が家のBMW 118i、そして代車でお借りする218iMスポーツ、右にちらりと写っている赤い車が最新の1シリーズの118iです。

車高が高くて丸みを帯びていることが印象的です。全長は1シリーズとさほど変わりませんが、FFレイアウトのために全体のフォルムは全く異なります。

太平オートさんでは、以前は点検の際の代車といえば下取りで引き揚げてきた中でも特にポンコツのBMWであることが殆どで、それが結構楽しみでもありました。でも近年は、新型車を貸してくれることが多くなっています。点検に出す車が古いから、買い替え需要を狙っているのか、サービスとして貸してくれるのかは判りません。昨年の法令24カ月点検の際には、大きな523dを貸してもらっています。デカくて車庫に入れるのも一苦労でヒヤヒヤモノでしたし、妻が嫌がったので結局1シリーズの代車に替えてもらったのですが、私にとっては楽しい経験をさせてもらいました。

BMWに乗り始めてから11年。鈴鹿サーキットをはじめとするサーキット走行体験イベント3回、試乗会やドライビングスクール参加など、多くのBMW車を運転させてもらえる機会に招かれました。一般ユーザーとして、ドライビングを楽しむ車という一貫したBMWの特徴を感じてこれたと思います。

218i02_2

BMW初のFFである2シリーズ。キドニーグリルが無いとBMWとは判らないくらい、ありふれたフォルムをしているように感じました。国産のファミリーカーみたいに見えます。

でも、ドアを開ける瞬間に「ああ、BMWだなあ」と感じる重さ。ドアを閉めた時のガッシリ感。ちゃんとコストを掛けていることを垣間見ます。この車、車両価格は389万円。ファミリーカーのようなフォルムですが、完全に高級車の値段です。

218i03_2

リアビューです。エッジの効いたデザインはBMWのXシリーズの持つ骨太さに通じるものがあります。やっぱり大衆車とは一線を画する存在感。リヤハッチも金庫の様なガッチリ感があります。やんわりと締めたら確実に半ドアになります。

218i04_2

でも、真横から見ると普通のハッチバックの車にしか見えません。FFレイアウトで空力を考慮すると、こういうスタイルになってしまうのはやむを得ないのでしょう。古くからBMWを見続けていると、ドライバーズシートがグッと前に出ているこのスタイルは「BMWらしく無い」と感じます。その内、こういうオーソドックスなハッチバックモデルも含めてBMWのスタイルとなっていくのでしょう。

218i05_2

1週間借りていても、平日は妻が岡崎市内を運転するだけです。最初は「ハンドルが軽くて曲がり過ぎる!」と戸惑っていましたが、やっぱり新しい車は良いのでしょう。スイスイ思った通りに走ってくれるので、運転が楽チンに感じる様になったとの事。

昨日の土曜日は、30km程離れた私の実家に行く用事があったので、ちょっとしたドライブを楽しめました。ホールドの良いシート、しっかりとしたMスポーツ専用のステアリング。やっぱりこれもBMWに間違いありません。前方のフロントスクリーンが遠いので視界が狭いのですが、左右に三角窓があって死角は少なくなっています。

エンジンを掛けて走り出すと、妙にザラザラとした振動が伝わります。この車、ディーゼルか?いやハイオク指定のガソリン車です。少しスピードが出れば、道路の振動と相まってエンジンの振動や音は全く感じられなくなります。信号待ちで止まるとアイドリングストップ機能が働いて静かになります。ホンの走り出しの一瞬のみ、品のない振動。

スペックを調べると、エンジンは1.5リットル3気筒ターボ。BMWで3気筒!と一瞬びっくりしますが、そういえばスーパーカーであるプラグインハイブリッドのi8にも3気筒エンジンを載せる時代。乗用車に載せても当たり前。3気筒とはいっても、1気筒当たり0.5リットルあるので、軽自動車の様な軽々しい音がするわけではありません。

218i06_2

3気筒1.5リットルとは言いながら、十分なパワーがあります。余程踏み込まないと低回転で上のギアに入るので、走行中は意外と静か。但し、交差点やカーブでは切れ込むようなBMWの楽しさは味わえません。ゆるゆるとFF車らしく安全に曲がります。

運転中に一瞬、「今、プリウスに乗ってたっけ?」と勘違いするような乗り心地。楽チンではありますが、運転の楽しさは希薄。はっきり言えば、飽きる。眠くなる。それほど運転を意識しない車。安全装置充実で実に安心。現代の車そのものなのでしょう。

218i07_2

FFレイアウトの為に運転席のペダルの真横にフロントタイヤのタイヤハウスが出っ張っています。そのためにアクセルペダルが少々中央寄りにあります。それに応じてブレーキが左に寄っているので、FRレイアウトのBMWに慣れているとブレーキを踏むときに左寄りに足を持っていかなければなりません。パニックブレーキの時に間違えることは無いでしょうが、衝突安全装置は付いていた方が安心。ペダルの位置は、BMWの本国ドイツの左ハンドルなら問題のないことなのですが。

とはいえ、新型車というのはよく出来ています。リヤシートは足元はやらたと広いのに、国産車の様にクッション部分が小さくてお子様用のような感じですが、フロントシートは良い。ガッチリホールドして疲れを感じません。接地感に乏しいと思っていた足回りも、結構踏ん張りが効きます。国産のファミリーカーのサスペンションとは限界値が大きく異なってくるでしょう。

私個人の印象では、現状の2シリーズを購入するなら他社のFF車になりそうですが、まだBMWのFFレイアウトの車はこの2シリーズとX1シリーズだけにて始まったばかりです。これからどんどん洗練されていくことでしょう。家族4人で出かけるBMWとしては、広くて荷物がよく乗って実用性が高い良い選択と思います。

さて、11年目の車検にて、7年振りにバッテリーを交換致しました。まだ12.8Vの電圧があったとの事にて全く交換する必要のないレベルでしたが、年数が経っているだけに、突然エンジンが掛からなくなったら困るからです。その他は定期的な消耗品の交換を実施。昨年のオイル漏れ修理の時の様な大掛かりなものはありませんでした。

車検費用は以下の通りです。正規ディーラーで年数の経った車に車検をお願いしても、きちんと手入れしていればそんなに高価になるわけではありません。走行距離は51,000kmなので、一般的な乗り方よりも少ないと思います。

但し、デフレが長く続く日本においてもグローバルな商品である自動車のパーツの価格は年々上がっていることを感じます。

                                                                                                                                                                                       
車検諸費用
重量税(1.0t~1.5未満) 24,600
自賠責保険(24カ月) 27,840
印紙代 1,100
車検付帯費用
下回りスチーム洗浄 10,800
車検代行手数料 17,280
測定検査料 21,600
24カ月法定点検費用
法定エ年点検 29,160
CBS車両点検 2,160
ブレーキクリーナー(500ml) 1,685
バッテリー交換
バッテリー交換(マジックアイ) 4,320
バッテリー70AH 38,016
エアコンマイクロフィルター交換
室内空気用マイクロフィルター交換 1,080
マイクロフィルター 9,158
ブレーキフルード交換
ブレーキフルード交換(ABS ASC+T) 4,320
ブレーキフルード 0.1L 2,270
ワイパー交換
フロントワイパーブレード(両側)交換 1,080
フロントワイパーブレードセット 8,726
リアワイパーブレード交換 1,080
リアワイパーブレード 3,586
発煙筒交換
発煙筒 497
ソレノイドバルブよりオイル漏れ
両ソレノイドバルブ脱着/交換 2,160
Oリング 34×3.52 2本 518
Oリング  2本 604
部品値引額 -7,603
合計 206,037

消耗品を交換し、サービスマンに薦められる予防整備をしておけば、ずっとシャッキリした感じを継続できるのがBMWの良さかもしれません。借り物の218iから我が家の118iに乗り換えると、しっかりとした乗り味にホッとします。こっちの方がBMWらしさはプンプン匂います。まだまだ乗り続けられそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

運転免許更新ついでに暑気払いの豊川のうなぎ

2015080201

5年に一度の運転免許更新の為に、豊川市に行きました。誕生日が7月28日という真夏なので、いつも暑い時期の更新です。平日は仕事があるので、日曜日に行くしかありません。

愛知県で日曜日に運転免許の書き換えをするには、名古屋市天白区の平針にある運転免許試験場に行くのが一般的です。しかし優良運転者、つまりゴールド免許の対象者は豊川市にある東三河運転免許センターでも更新を行えるとの事です。

5年前の2010年の更新の時は、2007年に北海道に旅行した際、レンタカー運転中にスピード違反のネズミ捕りにかかってしまったためにゴールド免許ではありませんでした。朝、富良野から旭山動物園に向かう道すがら、十分に速度に注意して走行していた時に止められたのです。確認すると、取り締まり区間の数百メートル手前から50km/h制限が40km/h制限に変わっていて、標識以外、何の予告も無いという取り締まり方法でした。14kmオーバーにて青キップを切られました。同時に捕まっていたのはレンタカーの旅行者か道外からのツーリングライダー達です。取り締まり区間の少し後に50km/h制限に戻っていたのて、取り締まりのための制限速度変更としか思えません。土地の人以外が狙われたら百発百中でしょう。

かなり取り締まりが多い愛知県でさえ、当時でもこんな阿漕なネズミ捕りは行われていませんでしたから、かなり憤りましたし、状況を記録しておけば不起訴になるのは間違いないと思いましたが、わざわざそのために何度も北海道に足を運ぶ事は不可能ですし、青キップを切られた以上、反則金よりもずっと大切な免許点数が返ってくるわけではありません。サッサと反則金を収めてこの件は終わらせました。但しそれ以降、旅行中のテンションはダダ下がり。散々です。あの時以来、プライベートの旅行で北海道に行ったことはありません。

私だけが怒っているのなら、道警に対しての遠吠えでしかありませんが、実は岡崎市ご出身の元レーサー、中島悟さんも北海道でネズミ捕りにかかっておられるのです。

少し前のJAFMATEのインタビュー記事に書かれていましたが、やはり40km/h制限の道で11kmオーバーで捕まっていて、現在ゴールド免許じゃないとのこと。日本初のF1フルタイムレーサーでもあった中島さんは、走り屋の若い頃はともかく、レースを始めてからはずっと一般道では無事故無違反だったことで有名です。現在でも愛車のホンダレジェンドでどこでも一人で運転して行かれるとのことで、ドライブ自体が趣味になっているのでしょう。とにかく運転の上手さは天下一品、一般道では安定感ある安全運転で知られる中島悟さんを検挙するのだから、その取り締まりの不合理さは特筆すべきでしょう。私の時と殆ど同じ「手口」に引っかかるというのも同郷者の縁かと勝手に思っています。

北海道の地元の方は、田舎道でも飛ばすので、状況を見ながら路肩に寄って先に行ってもらうことが多くありました。多分、地元では有名な旅行者向け取り締まりだったのかと思います。まさか今でもレンタカー苛めを続けているのでしょうか。

青い免許証の5年間の屈辱の年月が経ち、非常に混雑する平針の運転免許試験場ではなく、ガラ空きの豊川の東三河運転免許センターでの更新が可能になりました。8月生まれの妻とは更新時期が重なるので、一緒に暑気払いに豊川のうなぎ屋さんにもついでに出掛けることにします。豊川はおいしいうなぎ屋さんが多いとの事です。

2015080202

東三河運転免許センターでの日曜日の免許更新は実にスムーズでした。駐車場スペースはたっぷりありましたし、8時半の開始時間にもそんなに行列は無く、更新料と講義料3,000円也を支払って書類を書き、即座に視力検査と写真撮影。9時からの第1回目の30分間の講義&ビデオ視聴の後、新免許証を受け取れました。所要時間65分。出遅れると駐車場所が遠くなり、並んでいるだけで1時間掛かることもある平針の運転免許試験場と比べると雲泥の差です。次回も優良運転手として楽々更新を目指したいものです。

免許更新が済んだら、程近い豊川稲荷に参拝です。10過ぎにて、既にカンカン照りの真夏の空です。

2015080203

鳥居の両脇に鎮座するお稲荷さんにご挨拶。
ここは日本三大稲荷にも数えられる事もある有名な稲荷社ですが、実は神社では無く曹洞宗のお寺です。神仏渾然一体とした不思議な空間です。鎮守として祀られている稲荷の方が有名になってしまったのでしょうか。

2015080204

鳥居があるのに、本堂は堂々たる寺院。手を合わせ、真似事の様に、適当に前後しか覚えていない般若心経を唱えます。
お正月は多くの初詣客で賑わう豊川稲荷も、日曜日とは言いながらも真夏のシーズンオフには閑散としています。それに今日は35度超えの猛暑日。とにかく暑くて長時間境内を歩いていられません。

2015080205

境内の奥には、奉納された多くのお稲荷さんがありました。暑い中、水でも撒いて差し上げたい気分です。

2015080206

昼食は、豊川駅の近くの京楽軒といううなぎ屋さん。初めて訪れます。豊川稲荷の周辺には何軒ものうなぎ屋さんがあって、しのぎを削っているように見えます。B級グルメの稲荷寿司も有名ですが、うなぎも名物かもしれません。

入口の前に鎮座する張り子の狐は「大吉君」という名前の、参道の商店街のシンボルです。最近できたゆるキャラのいなりんとは異なり、もう24年前から活躍しています。

2015080207

この大吉君、周辺の商店街のそこかしこに見つけることが出来ます。紙と糊で作った手作り感満載の可愛いマスコットです。全部で42体あるそうですが、私たちは10数体しか見つけられなかったヘタレです。だって、暑かったので・・・。

さて、京楽軒です。11時の開店の少し前に訪れたら、既に店が開いていて、かなり席が埋まっています。運良く1階のテーブル席に案内されます。程無くして、2階の座敷も含め、満席になりました。かなりの人気店の様で、期待できます。

2015080211

昨今、うなぎは値上がりしていますが、この店はそんなに高くしていないようです。うな丼の松で2,100円とは良心的な価格でしょう。

2015080208

まずは肝焼き、800円です。どこのうなぎ屋さんでも肝焼きは早く頼まないと無くなってしまいます。備長炭で焼いた肝焼き。夏バテ防止にはピッタリ!溜まり醤油を使った甘辛いタレと肝のほろ苦さが絶品。肝の大きさから、中型のうなぎを使用していることが判ります。

2015080209_2

うなぎかさね、3,300円です。
かなり大振りのどんぶりにたっぷりのご飯とうなぎ。ご飯の中にもうなぎが一切れ入っており、丁度1匹分になっているようです。

うなぎは甘辛いタレに漬けて焼かれています。かなりタレは濃い目です。1匹まるごと長いサイズのまま串刺しして焼くのでは無く、予め4つに切ってから焼かれているので、濃厚なタレが切り口からも良くしみ込んでいます。表面カリリとしっかり焼くという、この地域の代表的なうなぎです。

ふんわり柔かい、関東風のうなぎに慣れている方の好みには合わないかもしれませんが、私にとってはこれこそがバッチリ好みのうなぎです。ご飯も硬炊きで美味い。人気の理由が判ります。

ひつまぶしもメニューにあるので、パリッとした三河のうなぎの焼き方に慣れない方はそちらにすれば食べやすいでしょう。

2015080210

妻が注文したうなぎ丼の松、2,100円です。
結構ボリュームがあるので、ガッツリ食べたい時でなければ、男性でもこちらで十分です。

お店は清潔で活気があり、見込みで焼いて、どんどんやってくるお客さんに渋滞無く焼きたてのうなぎを供しています。訪店時に少々並んでいても、すぐに席が開くように思います。これも三河のうなぎ屋さんの良いところ。「うちは注文を聞いてからうなぎを割くので、お客さんには待って頂きます!」という開き直ったお店で良い思いをしたことはありません。

2015080212

店の横に狭い駐車場がありますが、いっぱいになっていても、市営の駐車場に停めれば駐車券がもらえます。

次回の免許更新まで待たずに、豊川に用事を作って再訪したいものです。ここに来ることが目的になるかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

10周年のBMW118i まだまだ長く使います

10year118i01

久しぶりに、車の話題です。

我が家のBMW118i、先月の6月にて10周年となりました。ずいぶん長く乗ってきたものです。

運転免許取得してから29年。学生時代に親から譲り受けたGX61マークⅡが、乗換え前に結果的に10年落ちになっていたという事はありましたが、社会人になって以降、それも新車で買って10年も乗り続けた車は初めてです。既に買い替え時を失っている状況ですが、何より特に大きな不具合も無く、気にいっているという事だと思います。この車の運転は楽しいですし、大きさも我々夫婦に丁度良い。

この車を主に使用するのは妻です。私は週末にたまに運転するだけにて、遠出をするのもたまのこと。10年経って、走行距離は46,000km。年数の割に走っていませんし、殆ど屋根付きの車庫の中にいます。

118i01

昨年の8月まで通勤に車が必要だったため、トヨタのプリウスも持っていました。電車通勤に戻った為に車が2台も必要なくなったので、年式の新しいプリウスの方を残そうかと考えなかったわけではありません。でもまあ、たまに洗車機で洗う以外はノーメンテナンスで毎日高速道路を長距離走ってきたプリウスよりも、普段車庫で寝てばかりながら、大切に扱ってきたBMWの方が愛着があります。

18ヵ月で60,000km近くを走って酷使したダークバイオレットマイカメタリックのプリウス。もう明日から使用しないと思った夜に買取サイトに登録しました。そうしたら翌朝8時から買取業者さんの電話がひっきりなしに数十本。ビックリです。多少距離が延びていても、高年式のプリウスはまだ人気があるのです。購入した愛知トヨタさんの査定価格よりも30万円以上も高い値を付けた豊田市の中古車屋さんに、あっと言う間に買い取られていきました。ちょっと惜しいな、とは思いましたが、結果的に軽自動車やコンパクトカーを買った場合よりも、運転が楽チンで燃費が良い車をずっと安く使用することが出来たのだから、早く決断して良かったのだと思うことにしました。あちこち安っぽい作りでしたが、何より燃費が良く頑丈で、ハイブリッドシステムも楽しく、快適装備が多い良い車でした。

後でやってきて、あっと言う間に売られていったプリウスを尻目に、10年の間ずっと我が家にいるBMW118iですが、経年劣化により、オイル漏れが生じてきました。新車登録後3年目位から、たまに車庫に黒いオイル染みがあることがあり、その都度ディーラーの大平オートさんに相談していたのですが、特に問題ないとの返事でした。BMWの規定にて、オイル漏れにはレベル1からレベル3まであり、その最低のレベル1に相当するかしないか程度の漏れとのことです。国産車ではオイル漏れなんて大変な故障!かとビックリするのですが、輸入車では想定内のことです。

でも、太平オートさんでの先月の法定12ヵ月点検で、オイルパンに漏れた油が付着しているとのこと。レベル2になってきており、そろそろ各所のガスケットやパッキンが劣化しているので、交換をした方が良いでしょう、と言われ、この車初の大修理と相成りました。

入庫するのなら、ついでに減っているリヤタイヤとブレーキパッド、ディスク、そして重くなってきたリアゲートのアブソーバーも交換することにしました。

以下、費用メモです。

・オイルパンよりオイル漏れ(LV.2)
 オイルパン脱着・シーリング・交換
 オイル交換(LL01 5W-30)              61,444円

・オイルエレメントハウジングよりオイル漏れ(LV.1)
 オイルフィルターKPL脱着・シール・交換      23,782円

・オイルレベルセンサーよりオイル漏れ(LV.1)
 オイルレベルスイッチ交換               41,699円

・バキュームポンプよりオイル漏れ(LV.1)
 バキュームポンプ脱着・交換             75,654円
 

・リアタイヤ摩耗、2本交換
 コンチネンタルランフラット205/55R16 91H PRTEMI
                                 72,026円

・フロントブレーキパッド、ディスク交換
 両フロントブレーキパッド、ディスク脱着・交換    71,474円

・リアブレーキパッド、ディスク交換
 両リアブレーキパッド、ディスク脱着・交換       61,484円

・リアゲートアブソーバーへたり
 トランクリッドのガスケットストラット脱着、交換    23,338円

・12ヶ月法定点検整備                   24,882円

合計                             455,783円

法定12ヶ月点検が、45万円もの大修理になってしまいましたが、タイヤやブレーキは定期的に交換する消耗品です。純粋にオイル漏れ関連費用は202,579円です。

劣化した樹脂のガスケットやパッキンだけ交換すればよいとかと思っていましたが、BMWでは修理はAssy交換となるとのこと。ドイツから取り寄せたオイルレベルセンサーやバキュームポンプ等まで丸ごと交換となり、費用が嵩んだようです。国産車に比べてパーツや修理代金が高いのは輸入車を長く乗っていく場合の宿命でしょう。

10year118i03

1週間の入院を経て、車は無事戻って参りました。
BMW指定オイルは、これまでのカストロールEDGEと同等の0W-40から、シェルの5W-30に変更になっていました。但し、若干柔らかくなったオイルによるエンジンフィールの違いは、私には殆ど判りません・・・。

リアタイヤ交換されたので、若干設置感が変わったような気がしますが、あまり変化は感じられず、ブレーキディスク、パッド交換による変化も判りません。私が鈍いだけかもしれませんが。タイヤやパッドが消耗していただけで、これまでも大きな劣化は無かったのでしょう。

変化があったのは、フロントタイヤのアライメントのセッティングです。入庫前よりも明らかにステアリングが軽くなりました。

この年代のBMWの1シリーズや3シリーズには、フロントタイヤにかなりトーインのセッティングがなされており、直進安定性が良好にて、若干重いながらも遊びが少ないシャープなステアリングが特徴でした。その代り、リアタイヤに比べてフロントタイヤの摩耗が激しくなっていました。

でも今回のセッティングはステアリングが軽くなったが、少しダルになっている様子。それでもヘロヘロに軽いステアリングのプリウスと比べるとずっとシャープではありますが、BMWらしさは少し薄まっています。現代のニーズに合わせてアライメントのセッティングも変化しているのでしょうか。

妻は今回のセッティングに問題はなく、気にいっているとのことなので、しばらくこれで乗ってもらいます。

10year118i02_2

点検修理中に、代車として最初の2日間だけピカピカの最新のBMW523dを貸して頂きました。特に希望したわけではありません。代車のやりくりが付かなかったので、試乗車を貸してくれたような気がしますが、何にせよ、滅多に乗れない高級車なので楽しませてもらいました。

最新のクリーンディーゼルエンジンの静かさ、スムーズさには感動モノです。それに我が家のハイオク仕様の小さな118iよりも燃費が良く、しかも軽油なので燃料代がずっと安くなるのも驚きです。人様の車、それもとても高価なものを傷つけないように神経をすり減らしましたが、デカくて立派で、何とも良い思いをさせて頂きました。普通に運転していても、どんどん割り込ませてもらえます。

但し、我が家の車庫に入れるのに一苦労。クリアランスセンサーの警告音が鳴り響く中、4~5回切り替えして漸く収まり、心身ともにクタクタです。妻は「こんな凄いの怖くて乗れない!」とのことなので、間もなく我が家のと同じ1シリーズの代車と交換となりました。

10year118i04

この先も長く乗っていくために、これからも手を入れていくことになるでしょう。梅雨が明けたら、久しぶりに自分で洗車してやろうかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

BMWのキャンペーンの非売品iPhoneケース当選!したけど・・・

Bmwiphone01

先日、BMWカスタマーサービスから小さな宅配便が届きました。

開封してみると、なにやら懸賞に当選したようです。応募した覚えは全く無いのですが、BMWからキャンペーンの告知のメールが届くたびに気が向いたらリンク先から応募することもあるので、その中のどれかが引っかかったのでしょう。

Bmwiphone02

もらえたのは「BMWiオリジナルiPhone5s専用カーボンケース」でした。応募したのは「BMW i3モニターキャンペーン」という昨年11月頃のもののようですが、やっぱり思い出せません。BMWの新型電気自動車のi3を一定期間貸してくれるというキャンペーンなので、もし特賞に当選してもガレージに電源のない我が家ではどうしようもなかった事でしょう。選に漏れた人に当たるこのiPhoneケースがもらえたのは、現在iPhone5sを使用している私にはかえって良かったのかもしれません。

キャンペーンに応募したあたりの昨年11月なら、私はまだandroidのスマホを使用していました。iPhone欲しいとは思っていましたが、忙しくて機種変更する余裕がありませんでした。

Bmwiphone03

BMW i3の実車では軽量化の為にカーボンが多用されています。それをイメージしたこのケースも、一見カーボン製に見える様に作ってあります。写真では判りませんが、カーボン調の模様がホログラムの様に立体的に見えて何ともクールです。ケースをもって左右に動かすと、光の反射が切り替わって刻まれたロゴが浮き上がります。

Bmwiphone04

多分素材はカーボンでは無いでしょうが、非常に軽く出来ています。爪の先で表面を弾くと、乾いた固い音が響きます。

Bmwiphone05

ケースを被せると、iPhone5sの素材感を損ねることになりますが、せっかくなので使うことにします。専用設計なのでもちろんぴったりサイズです。

Bmwiphone06

弾力性に乏しい固いケースを被せるのには慎重な作業が必要です。このケースが衝撃を吸収する力はあまりなさそうですが、裏面に傷が付くのを防ぐことは出来ます。
非売品のケースなので、被せた時はそれなりに満足していました。

Bmwiphone07

しかし自宅でiPhoneを使用している時に、wifiの接続が途切れやすい事に気が付きました。最初は無線ルーターを疑ったのですが、パソコンや妻のiPhone、テレビ等は問題なく繋がるので、私のiPhoneだけ不調な様です。

しかも外出中も通信障害が生じました。LTE電波を拾える場所でも3G落ちしたり、挙句の果てには「圏外」表示さえ出ます。

疑うのはこのカーボンケースです。外してみたら通信障害は元通りに。アルミケースで電波障害が起きることは知っていましたが、樹脂のような素材で起きるとは気が付きませんでした。ひょっとしたら素材はアルミ等の軽合金製だったのかもしれません。

いくら非売品でレアでも電話の基本機能を損ねるケースを使うわけにはいきません。見た目は良いのに残念です。今回のものが懸賞の賞品だからというわけではないでしょうが、市場のiPhone関連商品にはちゃんとテストしていないものも結構あるのでしょう。

見た目は何だけど、シリコンバンパーでも被せておくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

年に一度使うかどうかのタイヤチェーンを買う

毎日、長距離を自動車で通勤しています。

ウカウカしている間に、明日から師走です。このところ、朝晩めっきり冷え込んできました。
冬になって気になるのは、雪が降ったらどうするか、ということです。私の住む愛知県でも、年に一回くらいは交通に支障が出るような雪が降る事があります。積雪に対応した交通環境ではないので、少しでも積もると交通マヒを来します。

そんな時に通勤もへったくれもないのですが、一応勤め人としては最大限の努力をして会社に向かわなければなりません。雪が降ったからお休みよ、なんてカメハメハ大王の国民のような事は言っていられません。

冬になると、雪道に対応したスタッドレスタイヤに履き替えるという方法が一般的です。突然の雪にも悠然と立ち向かえるでしょう。私の周囲にも、11月から早々に履き替えている方が多くおられます。

でも、この間プリウスのタイヤをエコタイヤに替えて、その感触の良さを楽しんでいるわが身としては、どうしてもドライ路面で転がり抵抗が大きくて燃費が悪くなり、乗り心地も悪化するスタッドレスを履く気にならないのです。年に一度あるかないかの雪に対する対価もバカになりません。タイヤを保管しておく場所もありません。

Qe01

スタッドレスタイヤがいやなら、タイヤチェーンを装備することになります。
そこで、昔ながらの金属チェーンではなく、非金属の最新チェーンを購入しました。カーメイトの「BIATHLON Quick EASY」というチェーンです。昔の金属チェーンと違って装着が簡単であり、耐久性もアップしているとのことです。どうせ大雪になれば、スタッドレスタイヤを装着していてもチェーン規制が掛かった高速道路ではタイヤチェーンを携行しないと入れてくれません。いずれスタッドレスタイヤを買うことになっても無駄にはならないでしょう。

通販で買ったこのチェーンが届き、箱から取り出すと、そのケースの大きさに驚きます。ブリーフケースのようなこのケースの大きさは、横52cm、高さ42cm、奥行き14cmです。そんなに広くないプリウスのトランクに載せると相当に邪魔です。必要になるまでは、車庫の奥に置いておきたくなります。

昔の金属チェーンは、小さな段ボール箱に入っていたものでした。取り付けるのに苦労しましたし、一度使って箱に戻すと湿気と重量の為に拡がってモタモタになってしまったものでした。また、次に使う段になると、サビサビで固まっていて装着する気が失せたものです。今回の非金属チェーンの頑丈なケースなら、繰り返し使用するのも気にならないかもしれません。

Qe02

通勤に使用しているプリウスのタイヤサイズは、195/65R15です。タイヤサイズに応じた商品を選ばなければなりません。私の場合、このQE10という品番のものが適合します。他の車に安易に流用できないので、注意が必要です。但し、オプションを購入すると、一部の他のサイズのタイヤに使用することも可能です。

Qe03

巨大な「カバン」の様なケースを開けると、折りたたまれた樹脂チェーン二つと付属品が出てきます。スパイクが埋め込まれた樹脂チェーンは、「こんなんで大丈夫なのか?」と思わないではありませんが、手に取ると結構重量感があって頑丈です。

Qe04

取り付け時に必要な軍手や腕カバー、そして取り付け時の説明書と解説DVDまで付属しています。説明書は雪の上で拡げても破れない素材で出来ており、至れり尽くせりです。ジャッキアップの必要も無く、結構簡単に取り付けが出来そうです。昔の金属チェーンとは大違いです。

本来は、事前に装着練習を行うべきでしょうが、雪が降っていないのに駐車場でチェーンを取り付けているのは恥ずかしいものです。詳細なDVDを何度か観て、取り付けたような気になっておきます。練習が面倒臭いだけではありますが。ひょっとすると一度も使わないで済むかもしれませんし・・・。

Qe06

このチェーンを装着する予定なのは、毎日通勤に酷使しているプリウスです。

Qe05

でも、専用オプションのQE100というエクステンションを使用すると、我が家のもう一台の車であるBMW118iにも使用することが出来ます。何とも偶然ではありますが、この1000円程度のオプションで利用の幅が広がるのならば、ということで、このオプションも購入しました。205/55R16という全く違うタイヤサイズなのに、簡単なパーツで使用可能になるのです。

Qe07

BMWは後輪駆動なので、リヤタイヤにチェーンを取り付けなければなりません。タイヤとタイヤハウスの隙間が狭いので、取り付けには苦労するでしょう。雪が降って、しかもプリウスが使用不可能という、とてつもない低確率でしか使用しないオプションかもしれません。露天の駐車場が定位置のプリウスに対して、車庫に納められているBMWの後ろに、とりあえず巨大なタイヤチェーンのケースは鎮座しています。

雪が降ったら電車は停まるし道路はマヒを来すのですが、それでの勤め人としては最大限の努力をしないといけないのです。もう少し増えこんできたら、車庫に置きっぱなしでは無くて、ちゃんとトランクに積んで準備しておきたいと思います。宮仕えは辛い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

通勤車プリウスのタイヤをエコタイヤに!

Be01

毎日高速道路を使用した長距離通勤で酷使しているハイブリッド車のプリウスは、全くの故障知らずです。何とも乗り味が安っぽくてリヤがバタつきはするものの、総合的には自動車という精密機械であることを忘れるほどのスグレモノ。ハイオク指定にて燃料費が3倍掛かるBMWはすっかり妻の専用車となって、私は休日に少し乗るだけになってしまいました。それもガソリンスタンドに給油に行くだけだったりします。高速安定性が高く、乗っていて楽しくて気分が良いのは当然BMWの方なのですが、何の心配も無く道具として働き続けてくれる安心感はプリウスに軍配が上がります。仕事を終えて疲れて車に乗り込んでも、ステアリングホイールを握るとホッとします。

購入時からお世話になっているディーラーの愛知トヨタさんで先日オイル交換をする際、エコタイヤへの交換を勧められました。

標準のヨコハマS70というタイヤは走行音が結構大きくて、高速道路で気になってはいました。まだ急を要するほどに減ってはいませんでしたが、「エコタイヤ良いですよ。安くしておきます!」というサービスマンにうまく乗せられ、履き替えと相成りました。ノーマルタイヤよりは少し高いものの、気になるほどではありません。少なくともBMWのランフラットタイヤのようにバカ高くないし、何より燃費が良くなるという謳い文句が本物なのか試してみたかったのです。

Be02

履き替えたのは、ヨコハマのBluEarth AE-01というタイヤ。最新のモデルではありませんが、それでもソコソコの性能との事。記号で表す転がり抵抗係数は、最上位の「AAA」に次ぐ「AA」。まずはこのタイヤでエコタイヤを体験します。

早速走り出して気付いたのは、明らかにタイヤが転がりやすくなった事。惰性走行時のエンジンブレーキの効きが悪くなったと感じます。また、アクセルを軽く踏むだけで加速する感じがします。設置面の抵抗が相当減っているのでしょう。ゴムが路面のアスファルトと接しているというよりは、硬質プラスチックのような感触。かといって結構踏ん張ってくれますし、乗り心地も悪くありません。高速道路での走行音が小さくなったので快適です。

転がり抵抗を減らしたのにグリップするとはどういう仕組みになっているのか、私には素材的なことはわかりませんが、とにかく車が軽くなった気がします。スタンダードタイプの価格のタイヤでこの効果があるのなら、もっと上級のエコタイヤならもっと軽くなるでしょう。

肝心の燃費は、そんなに劇的に変わるものではありませんでした。今のところ、1割も変わらないくらいかもしれません。まあ少しは良くなってはいます。
他の車と同様、ハイブリッド車のプリウスも乗り方によって燃費が大きく変わります。特に高速道路で加減速を繰り返す運転をすると、一気に悪化します。私の場合、走行距離の8割が高速道路なので、あまりハイブリッドカーの恩恵を受けていないかもしれません。グッと一気に加速して、後は80km+でモーターを効かせて穏やかに走るっていう乗り方が出来れば燃費が良くなるでしょうが、私には交通状況を無視してエコランに徹する勇気はありませんし、そんなに暇でもありません。

街中の走行だけなら23km/L程度は余裕ですが、高速走行が多いと時によっては20km/Lを大きく割り込みます。でもエコタイヤに替えてからは、乗り方を大きく変えていなくても20km/L程度をキープできている様子なので、少しは効果があったのでしょう。乗って感じた「軽さ」程には燃費に現れてはきません。但し、丁度暖房が必要な時期になってプリウスの燃費が悪化する時に履き替えたので、実際の数値以上にアップしている可能性はあります。

ドライ路面では、ノーマルタイヤに比べてずっとグリップしてくれるBluEarth AE-01ですが、ウェット路面での高速道路の継ぎ目の鉄板上で横Gが掛かった時には滑る感触があります。これは素材に起因する気がします。雨天時の低μの路面での走行には注意したいものです。このタイヤのウェットグリップ性能は、上から3番目の「c」です。エコタイヤでも、これが「a」の上級タイヤならばもっと安全でしょう。路面との接点を担うタイヤは、まさにイノチを守る要かもしれません。高速道路での走行が大半のために、どうせ1年後くらいには次回タイヤ交換の時期がやってくると思います。その際には更に性能アップしたタイヤが登場しているかもしれません。検討したいと思います。

エコを謳うならば、グッと長持ちしてくれれば良いのですが、それはこれからしばらく乗って、タイヤの減りを確認してみないとわかりません。但し、プリウスに限って言えば乗り心地ががアップします。しかもノーマルのタイヤに戻す気がしない転がりの良さを実感できました。感触程には燃費に現れてきていませんが、これからもっと優れた製品がドンドン出てくる予感がします。期待したいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

ユピテルのレーダー探知機スーパーキャットGWR83sdは通勤時のセクシーな相棒?

毎日通勤に使用しているプリウスに、レーダー探知機を取り付けました。ユピテルのスーパーキャットGWR83sdという、本体とモニターが一体型のものです。20年程前、過給器付きのマークⅡで若気の至りを尽していた頃、当時のユピテルのレーダー探知機で助かった経験が数多くあります。久々の購入時には昔の馴染みのメーカーのものを選んでしまうものです。

プリウスはそんなに飛ばせる車じゃないし、もとよりエコカー飛ばしてたら維持費が安いという特長を活かすことが出来ないので、スピード取り締まりを探知するレーダー探知機なんて必要ないじゃないか、と思っていました。むしろ高速道路で知らず知らずの内にスピードが出てしまうBMWの方に取り付けた方が有効とも思えます。しかし、最近のレーダー探知機はGPSで位置を測位する上に、車とケーブル接続して各種情報を表示するといった付加価値が凄いようです。プリウスの運転はラクチンながら、運転の操作の楽しさを感じるといった性質のものでは無いので、こういった道中を楽しむアイテムで間を持たせたいものです。

Gwr83sd01

オートバックスで実機を眺めてから、amazonの通販で求めました。どうしても通販の方が安いので、こういう購買行動になってしまいます。

「もっと正確で分りやすく。夢中になるハイスペック。」というキャッチフレーズにワクワクします。それにしても、何でこんなにエロいパッケージなのでしょうか。レーダー探知機と、シャツがはだけかけた女性との組み合わせが分りません。エロいおじさんが買うものと思っているのでしょうか。トンデモ無い誤解を与えかねません。通販で買ったからいいものの、リアルショップで買っていたら、レジにもって行くのが恥ずかしいくらいじゃないか。

確かにレーダー探知機というアイテムには、かつてはうしろ暗いイメージがあったことは否めません。それに、多くの国では使用することが違法となっています。フランスでは所持すること自体ご法度です。日本国内で使用する分には問題ありませんが、スピード取り締まりに掛かりたくない、という邪まなタクラミが、この類の商品をアングラなイメージに仕立て上げているのかもしれません。それが、男物とも見えるワイシャツがはだけた女性のセクシーなパッケージと結びつくということなのでしょうか。

しかし、私はメカとしてのレーダー探知機が欲しかったのであって、怪しげな世界を覗きたいのでは、断じてありません!

Gwr83sd02

気を取り直して、開封します。
レーダー探知機なんて20年振りくらいに買うので、その進化が楽しみです。一応、このままでもすぐに使えるように、本体とスタンド、リモコンに電源ケーブルと一通り揃っています。

Gwr83sd03

本体は、掌に載るほどのコンパクトサイズ。
ダッシュボードに設置するので、あまり大きくても邪魔なだけです。こんなちっこいモノに機能がギッシリ詰まっているわけです。
しかし、車からデータを取るためにケーブル接続するには、オプション品の「OBDⅡアダプター」を購入しなくてはいけません。これが結構高価なのです。定価は5980円、安売り店でも5000円くらいします。

Gwr83sd04

ユピテルのレーダー探知機は毎月1回、、取り締まり場所や情報、地図の更新をするデータ更新サービスがあります。最新の取締り情報を得るには、必須のサービスと言えるでしょう。有料にて、年間5000円掛かります。

会員登録すると、オプション品が購入できるポイントが5000ポイントもらえます。また入会ポイントが1000ポイントあるので、合計6000ポイント。このポイントを使用してOBDケーブルを購入することが出来るのです。つまり、データ更新サービスを申し込んだら、追加料金無くこのケーブルが手に入ると言うわけです。

公式サイトからオプション品購入を申し込むと、2日くらいでOBDケーブルが届きました。早速、プリウス通勤号に取り付けます。

Gwr83sd05

レーダー探知機の画面が見やすいように、運転席のドア側のダッシュボード上に取り付けます。付属のスタンドに取り付ける粘着式のシートが付属しているので、それを使用します。

Gwr83sd06

本体を水平に、画面を垂直に調整します。
OBDⅡケーブルはドア側を通すので目立たないと思います。OBDⅡケーブルを使用すると、ここから電気が供給されるので、アクセサリーソケット(シガーソケット)から電源を取る必要がありません。すっきり配線が収まります。

Gwr83sd07

プリウスのOBDⅡ端子は、運転席の右側下にありました。ここにプラグを差し込みます。車によって、場所は様々とのこと。OBDケーブルのマニュアルを参照して、ケーブルに付いているディップスイッチの設定を変えます。トヨタ車の場合は、1番スイッチのみオンにします。

Gwr83sd08

説明書には余ったケーブルは切断せず、束ねておくとの指示があります。
付属のタイラップで纏めて、フックに掛けておきます。このプリウス、丁度良いところにケーブル引っ掛けるフックがあります。

Gwr83sd10

OBDⅡケーブルを接続すると表示される情報は全66項目と多岐に亘り、到底全て見ることは出来ません。瞬間燃費や移動平均燃費等の燃費情報、エンジン水温やエンジン負荷、スロットル開度など、切り替えての表示が可能です。私はとりあえず、プリウスには搭載されていないタコメーターを常時表示しています。ハイブリッド車にエンジン回転数の表示が必要かどうかは微妙です。まあどれもこれも、あっても無くてもよい情報ばかりながら、とにかくアレコレ見られて楽しい。

速度表示については、GPS情報に加えて車から情報を取っていながら、スピードメーターよりも常に数km/h低い値を表示します。高速道路では10km/h程度低くなっています。つまり車のスピードメーターでは100km/を示していても、レーダー探知機には90km/程度の表示なのです。多分、これが車が認識している正確なスピードなのでしょう。

Gwr83sd09

案内の音声は、5種類から選べます。女性1から4まで、そして男性です。たまに音声を変えることにより、飽きないようになっているわけです。

「女性1」というのは、落ち着いたアナウンサーのような音声。
「女性2」は、少し華やかな音声。
この女性1と2は音質は異なるものの、どちらもカーナビの音声のような感じです。邪魔にはなりませんが、面白みには欠けます。

女性の音声のあと二つは後回しにして、「男性」は、低音の渋い男性の音声。語尾に「です」等の余計な言葉を一切発せず、「この先、レベル3、ステルス式取り締まりエリア。距離1000!」と単刀直入です。語勢が鋭く、竹刀を持ったガチムチに叱られているよう。そっちの趣味は無いので、夜なんてちょっと怖い・・・。

「女性3」というのは、甲高くて語尾に「ありますよ~!」とか「ですよ~!」という勢い良い伸ばしを加えたタイプ。アニメの声優さんのような音声です。萌え声という感じ。車のオーディオスピーカーから流れるカーナビの音声と異なり、小さなレーダー探知機の筐体の、これまた小さなスピーカーから発する甲高い声は、キンキンして相当に耳障り。好みにもよりますが、普段使いにするのは私はちょっと敬遠します。

そして「女性4」というのが、少々低音の大人の声というか、何というか、語尾に「あるわよぉ~」という囁くようなものを加えた抑揚豊かでセクシーな音声。同乗者がいたらちょっと恥ずかしい。それが妻だったら、この音声は絶対に選択しません。でも、これがはっきり言って楽しい!

朝、車に乗り込んで彼女(女性4)から、「おはよう・・・」なんて、ルパン三世の峰不二子ばりに抑揚をつけて囁かれると、彼女と怪しげな夜を過ごしたかのような気分になってしまうかも。「この先、事故多発エリアよぉ~」と甘ったるく言われると、「ハイ!気をつけます」と素直に従いたくなること請け合いです。

セクシーなパッケージは、この音声を示唆していたということなのでしょうか。なるほど、ようやく謎が解けました。一緒に夜を過ごした後、手近にあった私のシャツを羽織って「おはよう・・・」って挨拶をしている状況を想像します。人によっては、これが商品の最大のウリになるのかもしれません。退屈な通勤時間が、セクシーな相棒とのササヤカな楽しみのひと時となります。
「周りが暗くなってきたわぁ~」「いいじゃないですか。ボクがいるから大丈夫でですよ」
「スピードに注意してねぇ~。速度超過よぉ~」「ちょっと早かった?ゴメンね・・・」

夜の帳が下りてきます。ちゃんとご忠告通り、ライトは点けます。

小さな和風居酒屋を一人で切り盛りし、常連客のセクハラまがいの誘いもサラリとかわす、襟から覗くうなじが色っぽくて、おとがいのラインが魅力的な33歳バツイチのスレンダー系美人(あくまで仮定です)との、二人きりのドライブの時間を過ごしているかのような妄想が膨らみます。

いよいよ二人の別れの時間。夜遅く、自宅に戻って駐車場に車を停めると、
「この付近、車上狙い多発エリアよぉ」
最後に興醒めすること言わないで・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

一畑山薬師寺へ紫プリウス通勤号のお祓いに(温泉付き!)

来月から通勤に使用するために急いで誂えたダークバイオレットマイカのプリウスのお祓いをするために、地元岡崎市の一畑山薬師寺を訪れました。結婚して岡崎に来てから買った車は全てここでお祓いを受けており、今のところ大過なく過ごさせてもらっています。ここでは、車の交通安全祈願のお祓いのついでに温泉に入れるという楽しみがあるのです。東海地方では年末になると盛んにテレビCMが入るので、知らない人は少ないところでもあります。

01

昨日の雪から一転、今日は朝から抜けるような青空が広がりました。今日も雪が降っていたら、山の上にあるこのお寺に来ることは困難だったかと思います。まだがら空きの駐車場に停めます。

02

ここでは一台一台懇ろにお祓いをしてくれるのが特徴です。3人掛りで丁寧にやってくれると、ありがたみもひとしおです。申し込みからお祓い終了まで1時間以上掛かりますが、それも車を迎える儀式のようなものでしょう。

今回は中古車なのにワザワザお祓いするのかって思う方もあるかもしれません。私自身は中古車こそ、様々なことをリセットして今後の安全運転を祈念してお祓いを受けたいものです。

お祓い料金は3000円と5000円です。5000円にすると、頂く御札がちょっと豪華になりますが、お経や一台一台のお祓いは全く変わりません。BMWの時は5000円にしたかと思いますが、今回は3000円です。

03

交通安全だけでなく、様々な祈祷を受けることで有名な一畑山薬師寺です。でもそれだけでなく、ここには温泉があります。温泉だけに入ることは出来ず、祈祷することとセットにて入浴券がもらえます。3000円だと4人分、5000円だと7人分です。今日もらった入浴券は、お祓いを受けた当日だけでなく、今年の10月15日まで有効なので、改めて温泉だけ入ることも出来ます。

04

温泉は階上にあります。ここがお寺だと忘れそうです。
タオルを忘れても、受付で1本200円で売っています。ちゃんと一畑山薬師寺のロゴ入りなので、お土産になりそうです。露天風呂は無いものの、大きなガラス窓で外が見られる見晴らしの良い展望風呂です。

また、飲むことができる温泉とのことで、空の500mlのペットボトルがもらえます。専用の蛇口から注ぎます。大きなペットボトルをたくさん持参されている方もおられました。

入浴後は座敷もある休憩所で食事を取ってゆっくりして、まったくもう、健康ランドのような佇まいです。

05

今回は、昨年4月に公開された、全長8.94mの全金箔貼りの薬師如来涅槃像も見に行きました。見覚えの無い真新しい建物があることに気が付きます。

06

キンキラキンに輝く豪華絢爛の薬師如来様。涅槃ながら、何とも苦しそうな体勢です。見ているこちらの首が痛くなりそう。

静かに拝んで、交通安全を祈念します。

像の裏側の暗い通路を通っていく胎内巡りというありがたいアトラクションもあり、料金は500円です。お昼時になってくると、観光バスがどんどん団体客を運んでくる、一大観光スポットの佇まいとなりました。

07

その内お世話になりそうなのが、ひっそりと佇むぼけふうじ観音様。
これ以上ボケないように、何卒お願いします。

08

帰り道には、国道一号線沿いに先月オープンした「道の駅藤川宿」に立ち寄って一休み。まだまだ盛況のようで、賑わっています。地元岡崎の名産品、産直の野菜等売っています。正直言って、地元のスーパーで買えるものばかりですが、観光で訪れた方には便利な施設が出来たと思います。

今日はホンの近場をクルクル走っただけなので、プリウスのメーター上では平均燃費が1リットルあたり19km。朝、フロントウインドウ等が凍結していてしばらく暖機していたのであまり伸びなかったのかもしれません。実際に通勤に使用してみないと、エコカーは本領発揮出来ない様子です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

通勤車の紫プリウスやってきた!

来月2月1日から、高速道路も使ったちょっとした距離を自動車にて毎日通勤することになりました。年始に急に決まってしまったことなので、年明け第1週目の週末から急いで車の手配に奔走していました。

まさかBMWで毎日ハイオク焚いて通うわけに行きませんし、そんなことをしていたら妻にも怒られそうです。通勤専用の車を誂えるほかありません。とにかく燃費の良い車!というと、現時点ではハイブリッド車が自然な選択となります。

トヨタのコンパクトハイブリッド「アクア」が欲しい!と思ったのですが、アクア大人気で、最低でも納車待ち3ヶ月だとか。じゃあ、ちょっと大き目のプリウスはというと、これまた新車の即納車なんて到底ありませんでした。つまり間に合わない!

結局、私や妻の双方の実家で長年お世話になっている愛知トヨタさんに、状態の良い中古のプリウスを探してもらうことにしました。街中にうじゃうじゃ走っているだけに、流石にプリウス中古車の弾数も多い。すぐに何台か見つかって、隣町から運んできてもらったのが2011年式のこのプリウスです。一応、現行型のマイナーチェンジ前の型なので、しばらくはそんなに古く見えないでしょう。車検は1年ちょっと残っていて、車両価格に諸費用加えて200万少々。アクアの新車の中くらいのグレードに安めの純正ナビを付けた位の価格に収まりました。上を見ればキリが無いので、通勤車と割り切って無理をするわけにはいきません。

2012012601

プリウスS LEDエディション。9000km程度しか走っていない車でした。
出来れば未使用登録車などがあればよかったのですが、そんなものはプリウスのような人気車では市場に出回る前に売れてしまうそうです。新車を買って、2年も乗らずに9000km足らずで売ってしまわれた車ってどんな使い方されたのか、結構同じ車を長く乗ってばかりいる私には想像がつかないのですが、色んな道を歩む車があるということです。これから毎日高速でこき使われることになるとは、前オーナーのところにいるときには考えもしていなかったことと思います。

2012012602

ボディカラーは「ダークバイオレットマイカメタリック」。舌を噛みそうなカラーネームです。濃紺のような、紫っぽいような感じで、日が落ちると殆ど黒と見分けがつきません。値引き代わりにグラスコーティングを施工してもらったので、今のところピカピカですが、汚れが目立つ色かと思います。
トヨタの標準色の一つですが、プリウスでは今のところあんまり走っていません。たとえ下取りが安くなる不人気色でも、リセールバリューを期待するような乗り方をするわけではないので気にしません。余程のことが無ければ、私に乗り潰される運命です。

2012012603

愛知トヨタさんの担当の見立てでは、リヤバンパーに小さな線傷があるとのことですが、私には見えません・・・。ボディの板金とか再塗装とかされてなければ問題ないです。中古車って、お金掛けて仕上げて並べちゃえば、私のような素人には全部極上車に見えてしまいます。この車、仕上げのプロセスであんまり大したことやっていないってことで、結構丁寧に使われていた様子です。

でも気になったのは、バンパーの角の部分です。擦り傷があるわけではありません。何とも不愉快なものが付けられているのです。

2012012604

バンパーの角に埋め込まれた収納式のヘタクソ棒!
コーナーポールともいう、車の角の目安となる棒です。運転席にあるボタンを押すと、アンテナのようにこの棒が伸びます。ご丁寧に、先っぽが光ります。

まあ、日頃は収納しておけば目立つものではありません。プリウスは前方の見切りが悪いので、役に立つときがあるかもしれません。こんなものがイヤだ!って拘っていたら、中古車なんていつまで経っても決まらないので、ヘタクソ棒を受け入れました。

2012012605

ヘッドライトをLEDにした限定の特別仕様とのことで、ハンドルも本皮巻きとなっています。運転していて少し感触が良くなりそうです。

2012012606

ディーラーオプションの安いナビが付けられています。ワンセグテレビも映り、純正品なのに何故か走行中にも画面が出ます。DVDも再生できますが、なるべく使わないようにします。

Bluetoothでスマートフォンと接続できます。でも、このナビの説明書が付いていなかったので、具体的な使い方が判りません。とりあえずスマホを認識しただけで今日は完了しました。ネットでマニュアルを探したいものです。

2012012607

バックモニターが付けられています。
こんなのに頼るほどバック駐車は苦手ではありませんが、障害物察知には役立つでしょう。バックモニターを見ていると、どうしても斜め駐車になってしまうのです。

2012012608

しかしプリウス、バックの際に目視確認しようにも、後方視界が非常に狭いのです。筒の中を覗いているような感じです。しかもリヤガラスは横に桟が入っていて2分割されています。バックモニターはほぼ必須の装備なのでしょう。

2012012609

リヤシートは分割可倒シートになっており、前方に倒すとフラットで広大な空間が現れます。トノカバーを外せば車中泊も出来そうな感じです。仕事が遅くなったり、飲んだりするときにはシュラフを拡げてここで寝ようかな?等と下らないことを妄想します。

2012012610

メーター類はセンター部分に置かれています。スピードメーターがデジタルなので、慣れる必要があります。

BMW運転直後に乗り換えたら、アチコチが軽くてヘナヘナで安っぽく、走り出すと足周りがドシンバタンととっちらかって剛性が低いことに驚きますが、そんなことが気になるのは最初の10分ばかりのこと。後はハイブリッドだろうが何だろうが、前を向いているだけで走ってしまうかのようなトヨタ車の安楽な世界が拡がります。結構パワーがあるし、これなら長距離の通勤でも平気そうな予感です。

明日は早速、お祓いに行きたいものです。中古車だとお祓いしない方も多いですが、私は中古車こそ入念にお祓いしたいと思う次第です。

今夜は18時より、名古屋の電気文化会館「コンサートホール」にて、妻も出演するコンセール・アミさん主催のピアノコンサートがあります。帰りの荷物があるのでこれから車で出かけますが、会場の指定駐車場の登録はBMWになっているので、来たばかりのプリウスは留守番です。本格的に運転するのは明日以降になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

デアゴスティーニ週刊「TOYOTA2000GT」お待ちかねの全国販売!

2000gt00

岡山、香川地区にて先行販売されていた、デアゴスティーニのパーツ付きマガジン、週刊「トヨタ2000GT」が、2011年12月13日に全国版が創刊となります。24日にプレス発表になり、公式HPでも専用ページが出来ており、シリーズの概要がわかるようになっています。

トヨタ2000GT DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン
http://deagostini.jp/tgt/

2000gt01

全65号にて創刊号は特別価格の790円、2号以降は1790円。シリーズ全体のコストは11万5350円です。ディスプレイ用のカーモデルとして以前発売されていた「フェラーリ・グランツーリズモ」と同じ号数ですが、創刊号が100円だけ安くなっています。フェラーリの時と同様に、パーツが塗装済みのアッセンブルモデルなので、初心者でも割と挑戦しやすいかと予測しています。デアゴスティーニのクラフトマガジンでは、簡単な部類になるでしょう。

また、今回はデアゴスティーニさんお得意の電子ギミックが無さそうです。フェラーリの時に取り付けたクラクションやエンジン音、ライト等が稼働する解説が無いからです。その分、配線などのトラブルが無いと思われます。私としては、電子ギミックは楽しいながらも必須ではありません。

日本を代表するスポーツカーであるトヨタ2000GTの大型模型を作るというものは、まさに私にとっては待ち望んでいたシリーズの創刊となります。これでしばらく毎週楽しむことができそうです。「フェラーリ・グランツーリズモ」と同じ10分の1スケールというのは、車の模型としては大型で、迫力があるでしょう。ボディが金属製というのも特徴です。

2000gt02

創刊号にはスタートアップDVDが付属します。そのダイジェストムービーが上記の専用ページに掲載されています。DVDの映像には模型の紹介だけでなく、トヨタ博物館に保存されているトヨタ2000GT前期型の走行画面などが納められているようです。このDVD映像を見るためだけでも創刊号をチェックする価値がありそうです。

2000gt03

ダイジェストムービーの中で興味深かったのは、トヨタ博物館の2000GTの実車と模型とを同じパースで捉えた画面です。実車の正面映像を写した後、模型に切り替わります。

2000gt04

大型模型ということもあり、今回のシリーズの2000GTは、かなり実車の流麗なスタイリングを再現していると思います。多用されているクロームメッキ部分は樹脂製かと思われますが、チャチに見えない輝きを持っている感じです。試作品から製品版に移る際に細部の変更が行われることは常なので、過大な期待は慎みたいものですが、それでも購読したい気持ちの方が強いので、つい評価が甘くなってしまいます。

2000gt05

トヨタ2000GTの模型は、以前24分の1スケールのプラモデルを作っています。アオシマの設計が古いモデルながら、トヨタ2000GTの魅力は十分に体験できました。

2000gt06

トヨタ2000GTは小さい車です。
同一スケールのエンツォ・フェラーリの24分の1のプラモと並べると、一回り小さいことがわかります。

2000gt07

トヨタ2000GTは、全長4175mm、全幅1600mm、全高1160mm。
エンツォ・フェラーリは全長4702mm、全幅2035mm、全高1147mm。
全高さこそ同じ様なものですが、全くクラスが異なるサイズの車です。今回のデアゴスティーニのシリーズで作成するのはエンツォ・フェラーリを作った「フェラーリ・グランツーリズモ」の時と同じ10分の1スケールなので、このプラモデルと同じ様な大きさの違いとなります。飾るのに場所は要りません。埃よけ&展示用のアクリルケースを作成して、フェラーリの上に積み重ねる事も出来そうです。

2000gt08

長久手町のトヨタ博物館に行けば、いつもでトヨタ2000GTの実車を間近で見ることが出来ます。模型制作の際の参考になります。

2000gt09

トヨタ博物館には複数のトヨタ2000GTが保存されていますが、スタートアップDVDに納められるトヨタ2000GTの走行シーンは、このトヨタ博物館の前期型の常設展示車を使用したものだと思われます。走行しているのは博物館の敷地内ですし、良いコンディションであることもその理由です。模型作りで迷った部分があれば、この車を見に行こうと思います。

パーツ塗装済みの組み立てモデルなので、基本的には組み立てガイドの指示通り組んでいきたいと思っています。とにかく来月の13日が待ち遠しい限りです。

しかし、このシリーズの発売にて、来年早々に創刊される「蒸気機関車D51を作る」の購読はしないことになってしまいました。せめて現在購読中の「ロボゼロ」の終了時ならば考えたのですが、これまでの経験上、一時に3つのシリーズの進行は、余暇の余裕が無くなって困難なのです。

次回はこちら
「週刊トヨタ2000GT」創刊号は、スタートアップDVDだけでも十分楽しめるぞ! 

| | コメント (22) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧